トルコ人とチャイを楽しんでみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

家族写真
※久々にパパが日記を書いてみました。

トルコの人はフレンドリー過ぎる。

10歩歩けば、誰かに声をかけられる。

でも、トルコ語オンリー。英語で話す気持ちは0%。

はじめは、英語で答えようとしていたけど、どうやらお互いに何を言っているか分からなくてもOKらしいので、日本語で返事をすることにした。

でも、ノープロブレム!

言葉って、無意味だね、この国では!

まったくお互いに言葉通じないけど、近所のファミリーにディナーに招待された。

それはもう、言いようのない、面白さ! だってお互いに自分勝手に母国語を話して、お互い意味不明???

笑いが止まらないって! だって笑うしかないもん。

ユイとアキたちは、毎日近所のトルコ少年少女と遊んでいるよ! どうやら氷鬼をやっているみたいだ。日本でもあるよね、この遊び。

それと、驚いたのが、トルコ人は夜更かしが好きということ。

今、こっちの時間で夜9時を回っているけど、子供たちが外で鬼ごっこしているよ。

あと、プラスティックの車で、家の前の坂をガラガラ!!って爆音を立てて全速力で下ってる。(今日も平日です)

とっても、にぎやかだね。 この町大好きになりそうだよ。

でも、まだまだ、「音」は止まらない、 これからが本番なのです。

そろそろ、お父さんたちが、外に出てきて 日本で言うティータイムが始まるのです。

こっちの人はイスラム教だから、基本、外では酒を飲まない。

だから、ティータイム(こっちはチャイって言う)を大切にするらしい。

チャイの時間は長いよ、 毎晩12時くらいまで続く。

ノンアルコールでよくここまで話が続くもんだな~って感心しているよ。

あと、女性人も出てきて、子供の遊びを見守りつつ、チャイを楽しんでいるみたい。

ちなみに、家の前の駄菓子屋がこの集落の溜り場らしく、俗に言う「たむろ」しに大勢が集まってくる。

いや~にぎやかですね。

そんなわけで、うちの子供は基本9時就寝だったけど、いまや夜更かし名人となっている。

それと、いやにトルコ語が上手くなってきているのは気のせいだろうか・・

子供の吸収力には大変感心させられているこのごろです。

家族写真

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP