「アフリカは遠い」は昔の話?!ケニアへの行き方+持ち物を紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

「アフリカは遠い」は、遠い昔の話になりつつあります。近年、大韓航空、エディハト航空の就航や、エミレーツ便の増便で、ケニアへのアクセスが飛躍的に良くなってきているのです。今回は、遠くて近い国となりつつあるケニアへのアクセス方法と、何を持っていくと便利かを紹介します。

ケニアの玄関口ナイロビ

日本からケニアへのアクセスについて。そもそもケニア旅行の場合、治安や直行便がないという交通の面からパックツアーを利用する方が多い傾向ですが、ここでは個人で手配する場合の航空券についてご案内していきます。

まず、ケニアへの入口は、ナイロビに位置するジョモケニアッタ国際空港。近隣国の主要都市と結ぶハブの役割を担う、東アフリカの玄関口ともいえる国際空港です。ナイロビの中心地から20キロメートルほどで、利便性も良く、一方で空港を一歩出ればキリンが闊歩する草原が広がっているという、アフリカならではの空港です。

現在、ケニアへの主なフライトルートは(以下詳しくご紹介していきますが)、ソウル、アブダビ、ドバイ、ドーハ経由が主流。料金はどこもほぼ16万円前後で、差額は大きくて1万数千円程度なので、フライトスケジュールや、エアラインの好みで選択可能です。新しく就航したルートから順に紹介していきます。

人気のエミレーツ便は羽田、成田、関空から毎日出発

人気の航空会社で上位にランキングされるエミレーツ航空のフライトは、アラブ首長国連邦のドバイを経由してケニアへ向かうコースです。

成田、関空からは22時~23時台に毎日出航可能。羽田発は午前0時台に、毎日出発できます。ケニア到着はいずれの便も翌日の14時台なので、当日はナイロビか、近郊のナイバシャ湖などに宿泊するツアーが多いようです。所要時間は成田、羽田から経由地のドバイまでが11時間ほど、関空からは約10時間。ドバイからナイロビまでは5時間ぐらいです。

帰国便は、成田、関空へ向かう便は16時台の離陸ですが、羽田へ向かう便はナイロビを22時台のため、1日フルに使えます。しかし羽田到着は22時40分頃になるので、帰宅のための交通手段に考慮が必要です。

名古屋発はエディハド航空便が便利

エディハド航空便はアブダビというアラブ首長国連邦の街を経由する航路です。

成田、名古屋中部国際空港から、毎日出発が可能です。成田からナイロビまでの所要時間は21時間15分ほど。名古屋便は北京を経由するためアブダビまで14時間近くかかりますが、乗り継ぎがスムーズなので、到着は成田便と同時刻です。

翌日の13時頃、ケニアに到着。到着後、アンボセリ国立公園やマサイマラ国立保護区まで移動することも可能です。

カタール航空便も毎日出航

ドーハを経由していくのはカタール航空便。サッカーファンなら、“ドーハの悲劇”というあの伝説の試合で、この街の名を知る人も多いのではないでしょうか? あのドーハです。

エミレーツ便と同様、カタール航空便も成田、羽田、関空から毎日出発可能です。離陸時刻もエミレーツ便と同様、成田、関空を22時~23時台、羽田を午前0時台。ナイロビ到着はいずれの便も翌日の午後1時頃。夜遅くに日本を離陸するので、仕事を終えてから出発される方も利用できますね。

所要時間は約21時間35分。航空運賃は各旅行代理店から、だいたいエミレーツ便と同じぐらいの価格で出ているようです。

その他の航路

以上が人気のコースですが、他にもロンドン経由ブリティッシュエアウェイ便、アムステルダム経由KLMオランダ航空便や、バンコク、ロンドン、パリ、ローマなどからケニア航空でのアクセスが可能です。

1990年代は、ケニアへ飛べる便は週に数便しかなく、しかも成田を出発し、マニラで給油、バンコクで給油、カラチで乗換え。さらにドバイで給油し、ようやくナイロビに到着という遠い道のりでした。

今では航路が増え、時間も短縮され、航空会社や出発日の選択肢が増えてきました。航空券も安くなり、6日間のパックツアーが19万円台というものもあるんです。ケニアは「遠くて近い国」になってきたようです。

※大韓航空はエボラ出血熱の流行を受けて、仁川~ナイロビの直行便を当面停止しています。現在直行便はないものの、仁川からタイ経由でナイロビにアクセスすることができます。
※ケニアにエボラ患者は出ていません。また、ケニアは流行国であるナイジェリア等3カ国からの入国禁止措置をとっています。

《意外なものも!? ケニア旅行におすすめの持ち物3点》

ケニア旅行というと秘境に繰り出していくイメージがあるためか、ついつい荷物が大きくなっていませんか?ケニアといっても観光地を訪れるサファリであれば、そんなに身構える必要はありません。荷物はできるだけコンパクトにまとめましょう。ここでは持って行くと役立つものを紹介していきます。

ゲームドライブの必需品「双眼鏡」

ケニア旅行のとき、これを持っているのと、いないとではゲームドライブの楽しさが数倍違うというのが双眼鏡です。

国立公園内はサファリカーと呼ばれる車で回りますが、シマウマやキリンなどの草食獣は、車を近づけてもそれほど恐れず、たいてい20メートルほどの距離から見ることができます。車などまったく恐れないライオンだったら、数メートルの距離で見ることも可能。とはいえ、どの動物もいつも近くで見られるとは限りません。

また、ジャッカルやオオミミギツネのように警戒心の強い動物は、車を近づけると一目散に逃げてしまいます。小さな動物に限って遠くの方まで逃げてしまい、豆粒ほどにしか見られない。「ああ、双眼鏡があれば……」ときっと思うでしょう。普段はあまり逃げない動物でも、子連れの親は警戒心が強く、せっかくのかわいい子どもには、なかなか近づくことができません。

そんなわけでゲームドライブに双眼鏡はとても重宝します!動物が遠くにいても近くにいても、双眼鏡があれば、肉眼では見られない野生動物の生々しさを感じることもできます。ズーム付きのカメラを持って行くのであれば双眼鏡の代わりになりますが、ファインダーがないコンパクトカメラやミラーレスカメラの場合は、液晶画面を見ているだけではいまひとつ臨場感に欠け、やはり双眼鏡が欲しくなるでしょう。

本格的なものを用意する必要はないと思います。12倍程度で、持ち運びが楽な小型、軽量型のものが便利です。もしグループで行くのであれば、みんなで1台だけでも充分。双眼鏡があれば、ゲームドライブの楽しさがグンとアップします。

紫外線よけ、砂よけに「サングラス」

ケニア旅行に欠かせないのがサングラス。まぶしいのには慣れている、普段あまりサングラスを掛けない、という人でも、ケニアは陽射しが強いので、紫外線対策として持って行くことをお勧めします。ケニアは国に赤道が横切る、いわゆる赤道直下の国。またサファリ旅行で訪れる国立公園は標高1700メートル程の高地にあるため、紫外線は真夏のビーチのように強烈なのです。

動物や風景の自然色が楽しめないからサングラスは邪魔、というのであれば、色無しでもUVカット率が高いものであれば、紫外線防止ができます。

私がケニアを旅行するとき愛用しているのは、花粉症用のメガネです。サバンナは乾燥地のため、車が走ると猛烈な砂埃を巻き上げるのです。特に乾季のアンボセリ国立公園では、サファリカーの後ろを走っていると眼も開けられないほどの砂埃に襲われてしまいます。花粉症用メガネであれば砂埃もきっちり防御。もちろんUVカット機能付きのものを用意しましょう。

これは盲点。ぜひ持っていって欲しい「耳かき・綿棒」

ケニア旅行でこれはちょっと意外だけれど必携というものをひとつ。それは、耳かきや綿棒。

サファリで訪れる国立公園は乾燥したサバンナ地帯のため、1日ドライブしていると耳の中まで砂が侵入してきます。耳かきや綿棒があると助かりますよ。通常、ホテルのアメニティグッズとして綿棒が置いてあるところは多いので、わざわざ旅行に持って行く人は少ないかもしれませんが、ケニアのロッジには置いてありません。特に夏休み頃は大乾季にあたり砂埃が舞いやすいので、ぜひ持って行ってください。

まとめ

いかがでしたか?遠い存在だったアフリカ・ケニアですが、今はかなり移動時間が短縮され、アクセスしやすくなりました。また、アフリカだからと意気込んで、大量の荷物も必要ありません。

より手軽に行けるようになった今の時代、ぜひあなたもケニアに旅をしてみませんか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  2. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  3. 一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP