「クルーズ旅行」船旅のベストシーズン・おすすめルート・季節まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

クルーズの場合は、海が荒れるシーズンや気候を考え、季節ごとに就航エリアが変わります。行きたいエリアがあるなら、そのベストシーズンをよく確認して、プランを練りましょう。もちろん、年間を通じて行くことができるエリアもあります。

今回は、クルーズのベストシーズンを紹介していこうと思います。飛行機の旅もいいですが、たまには船での旅もしてみたくないですか?

この季節ならココ! ベストシーズンに巡るクルーズ

陸の旅にももちろんシーズンはありますが、車や電車などで行くことができるので、それぞれの季節を楽しみに行くことが可能です。クルーズの場合は海が荒れるシーズンや気候を考え、季節ごとに就航エリアが変わります。客船が集まるベストシーズンのエリアを紹介します。もちろん、年間を通じて行くことができるエリアもあります。

クルーズという旅はちょっと特殊です。なぜなら、客船は「ベストなシーズンにベストなエリア」に就航するからです。例えば、「冬休み、客船でアラスカに行ってみたい」と思っても、その希望は叶いません。シーズンオフで客船はいないからです。

海が穏やかで、寄港地の気候もよいエリアに世界中の客船は年間を通して移動しているのです。季節ごとに客船の集まるエリアをピックアップしてみましょう。

春は各地でクルーズシーズンが到来!

春は、イタリアやスペインのバルセロナ発の西地中海クルーズがゆっくり始まります。例えば、イタリアのローマ郊外の港から乗船し、イタリアのナポリやシシリア島、フランスのマルセイユやニース、スペインのバルセロナ、小さ目の船ならモナコ。場合によってはアフリカ北部のチュニジアのチュニスに寄港し、文字通り地中海を1週間でぐるりとめぐります。

7、8月がピークですが、熱さ対策も必要です。客船だけでなく、イタリアからスペインにかけては海でバケーションを過ごす人も多いので、ビーチの賑わいなども見ることができます。

5、6月には、ギリシャの島々をめぐるエーゲ海クルーズも本格始動。ほぼ同じくして、アラスカクルーズも始まります。地中海クルーズは比較的長めの10月くらいまで行う船会社が多いですが、エーゲ海やアラスカは6~9月くらいまでがベスト。

エーゲ海はイタリアのベニスやギリシャのアテネ、トルコのイスタンブール発などがあります。ベニス発はアドリア海を通り、クロアチアの真珠と呼ばれるドブロブニクや、ロードス島、ミコノス島、サントリーニ島など、カレンダーで見るような景色を実際に訪ねることができます。エフェソス遺跡が有名なトルコに寄港するクルーズも多いです。

行きやすい!船旅ならではのアラスカクルーズも!

アラスカは米国のシアトルやカナダのバンクーバーから出航することが多く、氷河で削り取られたフィヨルドを船は静かに進みます。揺れもなく切り立った山が絶景です。途中、ゴールドラッシュ時代に栄えた町をいくつか訪ね、氷河の近くまでハイキング、クジラや白頭ワシなどの動物ウォッチング、カヌーなど自然と戯れる寄港地ツアーが多くあります。船のよっては、何キロにもわたる氷河が少しずつ海に流れ落ちる湾に入って、氷河が落ちる瞬間を見られる機会も。アラスカの場合は、船や日数によってどこまで北上できるのか、どの氷河が見られるのかが違いますので、コースを見比べるのが大切です。

夏真っ盛りは、このクルーズが一押し!

夏は上記の地中海やエーゲ海、アラスカが盛り上がりますが、7~8月の真夏に行きたいクルーズが、北欧クルーズです。北欧クルーズもノルウェーのベルゲンなどから、入り組んだフィヨルドをめぐるノルウェークルーズ、そして、デンマークのコペンハーゲンなどから出航するノルウェーのオスロ、スウェーデンのストックホルム、足を延ばしてロシアのサンクトペテルブルグまで行くバルト海クルーズの2つがあります。

また、最近では英国やアイスランドをめぐるクルーズも夏に多く設定されています。

秋、客船は暖かいエリアに大移動!

夏の間、ヨーロッパやアラスカにいた客船は、秋になると南へ移動し始めます。アラスカにいた船は、紅葉の季節の美しい日本に寄港したりして、東南アジアへ。また、アラスカからそのまま南下して、米国サインディエゴなどから出航するメキシコ西岸をめぐるメキシカン・リビエラクルーズに就く船もいます。

ヨーロッパにいた船の一部は、アフリカに近い、“大西洋のハワイ”と呼ばれるスペイン領のカナリア諸島などを周遊することもありますが、多くの客船は南を目指します。

なかなかタイミングが難しいといわれていますが、米国ボストンなどから出航し、東海岸からカナダの紅葉を楽しむ「紅葉クルーズ」も秋ならではのクルーズです。

冬はやっぱりカリブ海!客船の種類や料金もお得

冬、多くの客船はやはり常夏の海、カリブに集まります。冬のカリブ海は客船天国と言っても過言ではありません。

カリブ海も西リブ海、東カリブ海、南カリブ海と、昔統治をしていた国の雰囲気を残しているため雰囲気が違ったりしますし、なんといっても燦々と輝く太陽とビーチが待っているので人気です。多くの客船はフロリダから出航しますので、日本からは行くにはちょっと遠いのですが、最新の船に乗れたり、客船が多く集まっている分、クルーズ代金もお得という利点も。

日本から南下して乗船する、オセアニア・クルーズで自然を体感!

一部の客船はオセアニア・クルーズといわれるオーストラリアやニュージーランドクルーズ、また南米クルーズなどを行っています。シドニーやメルボルン、タスマニアなどのオーストラリア東部やニュージーランドのフィヨルドなど、大自然、動物、ワインなどが漫喫できます。

このように、クルーズは「穏やかな海や気候」を考慮して移動をしていますので、行きたいエリアがあれば、1年から半年前に予定を立て始めるのが大切です。

ちなみに上記のクルーズは、日本から海外の発着地まで行って、1~2週間のクルーズをしてまた飛行機で日本に戻る「フライ&クルーズ」を中心に紹介しています。

通年を通して行けるクルーズエリアもある!

「せっかく休みが取れるのに、行きたいエリアがない」と残念がる必要はありません。年間を通してクルーズを行っているところもあるからです。

例えば、7泊8日のハワイ4島めぐり、シンガポールや香港発着の東南アジアクルーズ、そしてやはりカリブ海などです。雨季や乾期、台風シーズンがある場合もありますが、基本的には気候も安定していて年間を通じて行くことができます。ハワイや東南アジアクルーズは日本からのフライトのアクセスもよいので、思いついたら気軽に行けるのがうれしいところです。とくに東南アジアクルーズはスタークルーズという船会社が2~3泊くらいのクルーズも行っているので、週末に少しお休みをプラスして行くことができます。

もちろん、世界一周や南米一周クルーズなどは、上記には当てはまりませんが、世界一周クルーズを行う船が多いイギリスでは、多くが寒い1月に出発し、暖かいエリアをめぐって避寒をすることができます。日本の場合は4月に出発し、コースにもよりますが可能な限りベストシーズンのエリアに寄港し、7月に戻ってくるのが一般的です。

まとめ

いかがでしたか?あなたが行きたいエリアは見つかりましたか?休暇を取ってぜひ楽しいクルーズの旅を満喫して下さい。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  2. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  3. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP