【えっ?!そんな方法で?】世界各国の二日酔いの治し方8選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

hangover_feat_v2

海外ではついつい羽目を外してお酒を飲んでしまう方も少なくないのではないでしょうか?私は本当に今までたくさん「もう二度と酒なんか飲まない!」と言ってきています。そう、二日酔いのたびにです。

自慢ではありませんが私は世界中で二日酔いになってきました。そして、そのたびに世界中の酒飲みから「俺の国では二日酔いはこうして治すんだ!」という民間療法を聞いて、実践してきました。(中には不可能なものもありましたが)

というわけで、今回は私が実際に地元の人から聞いた世界の二日酔いの治し方をご紹介していきます。

 vegemite

オーストラリア/‘‘べジマイト”を塗ったトーストを食べる

べジマイトとはオーストラリアやニュージーランドで人気のパンに塗るペースト。見た目は黒くてチョコレートクリーム、ジャムやピーナッツバターのようですが、酵母で作られたペースト状の食品で、しばしば「世界の寄食」としても取り上げられます。残念ながら多くの日本人の口には合わないお味、しょっぱくて臭くてクセの強い味がします。正直に言ってマズイと感じる人もいるでしょう。

でも、これは本当に二日酔いに効きます。あまりのまずさに吐きそうになりながらも食べましたが、気が付けば二日酔いが治っていました。ビタミンB群が豊富で、同じ酵母つながりのせいかビール酵母で作られた「エビオス錠」に味が似ているとも言われ、エビオス錠も二日酔いの効能ありと言われているので、ベジマイトも効果アリというのにも頷けます。

名も知らぬオーストラリア人青年に教えておらった方法です。ちなみに、その彼はドイツまでわざわざべジマイト持ってきたそうです。薬的な存在で、持っているだけで安心するそうです。

spicy-thai-noodle-soup-above-close

タイ/辛いスープの麺料理

タイでは何度も二日酔いになりました。そのたびにコンビニでスポーツドリンクらしき何かを買っていたのですが、一度気まぐれで「何を食えば二日酔いが治る?」とコンビニの店員に聞いてみました。

すると返ってきたのが「辛いスープの麺料理。ご飯じゃダメ。麺ね!」との返答でした。正直、二日酔いの時に辛い物ってのもなんだかなぁ。と思いましたが一応試してみました。

結果は、タイの辛いスープはおいしいから二日酔いでも食べられるし、二日酔いが治るかも!という感じでした。個人的にはべジマイトのような劇的な効果はありませんでしたが、人によっては効果があるかもしれません。

sauerkraut-in-a-dish

ドイツ/とにかく酸っぱいものをひたすら食べる

ドイツ人の友人宅に宿泊していた時も当然のように二日酔いになってしまいました。そこで彼が出してくれたのが、キャベツの酸っぱい漬物ザワークラウトと魚の酢漬けでした。

彼が言うには「すっぱいものさえ食べれば、二日酔いなんていちころ」とのことでした。「二日酔いに魚ってのもな」とは思ったものの。これも効果大でした。

強烈な酸味で食欲も増進し、お水もがぶがぶ飲めます。そもそも、二日酔いの症状は脱水によって引き起こされるものも多いため、水が飲みたくなるような酸っぱい食べものはどれも二日酔いに効果ありなのかもしれません。日本ではあまりなかった考え方ですね。

the-feast-tomato-juice

モンゴル / 羊の目入りのトマトジュース

モンゴルで酔いざましといえば、トマトジュースに酢漬けにした羊の目を入れた飲み物です。聞いただけでもゾッとしますね。

モンゴルで二日酔いなんて、あまり誰しもができる経験ではないでしょうが、もし試す機会があればかなりの勇気が必要になるでしょう。

russianbanya

ロシア/サウナに入って汗をかく

ロシア人といえば酒飲み。度数の強いウォッカだってがぶがぶ飲んじゃうイメージがありますね。そんな酒飲み族だったら二日酔い対策にも詳しいだろうと思い、私は中国で出会った身長2mを超えるロシア人に「二日酔いになったらどうするの?」と聞いてみました。

すると「ロシア式サウナのバーニャに入れば治るぞ?」との回答が返ってきました。「二日酔いってのは汗をかけば治る。汗かくのにはサウナが一番」とのことでした。そこで「それって倒れる人とかいないの?」と質問してみたところ「けっこうみんな倒れるよ!」とのことです。それって本当に効果あるのか少し疑問ですが、ロシアでは一般的に試されているそうです。

cucumber_pickles

ポーランド/きゅうりのピクルスの漬け汁を飲む

ポーランド人の友人が言っていた民間療法です。「きゅうりのピクルスの漬け汁を飲め。」確かに酸っぱいものは二日酔いに効果的とドイツが実証してくれたものの、これも効果があるのかはまだわかりません。

残念ながらこれは試せませんでした。そもそも、コップ一杯分の漬け汁なんか飲んだら二日酔い治る前に身体がおかしくなってしまいそうです。彼の発言は私を騙そうとして言っていたのか、それともポーランドでは本当にピクルスの漬け汁を飲むのか、今となっては謎です。

708e736b282e7c7803070ae798aedf9d

アメリカ / ウサギのフン

と言っても、これはかつてカウボーイが実践していたものです。現代のアメリカ人には当てはまらないかと思います。

かつては、ウサギのフンをお湯に溶かして飲んでいたそうです。確かにウサギの軟便は二日酔いの回復を促進するというビタミンB12が豊富なんです。

ノルウェー / 見た目がスゴイ伝統料理「ルーテフィスク」をいただく

ノルウェー人はお酒が大好きです。そんな彼らは悪酔いすると「ルーテフィスク」という伝統料理を食べるそうです。これは塩抜きした干しダラを灰汁に漬け込んだものです。変性しゼリーのようにブルンブルンした食感が独特です。

こちらもよく「世界の見た目がスゴイ料理」に選ばれています。現地では蒸した後にバターを添えて食べることが多いらしいです。私は試す勇気がなかったのですが、地元の人たちは躊躇なく食べていました。

maxresdefault

まだまだある!怪しい二日酔いの治し方

今回紹介した方法以外にも実は世界にはいろんな二日酔い対策があります。たとえば、フィリピンでは孵化直前のゆで卵「バロット」を食べたり、カナダではフライドポテトにチーズと濃いソースをどばどばかけて食べたりするそうです。なかなか刺激的な方法ですね。本当に効くのか信じられません。

その他の国では、「フランスはオニオンスープ」「中国はお粥」「スコットランドはベーコン、ソーセージ、卵、ゆでた豆、トマト」などなど、悪酔いしてなくたって食べたいものばかりです。

やはり、世界共通でなにかを食べることで二日酔いを回復させることが多いようです。しかし、世界にはものを食べずに二日酔いを治す方法があるようです。やっぱり二日酔いでものを食べるのはしんどいですから、どうしても食べれないという方は、ブードゥー教が信仰される「ハイチ」の民間療法を試してみてください。

その方法とは、二日酔いの原因になったであろう酒のコルクに13本の針を刺すというものです。「効くわけないだろ!」と思いますが、誰か一度試してみて結果を教えてください。

私はこれからも、一番効果大だったべジマイトを二日酔いの友にしていこうと思います。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  3. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP