【イタリア】地域別でピザの食べ比べ!あなたが好きなピザはどれ?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ピザにもいろいろなタイプがあるのです!

img_6601日本ではピザ、とひとまとめに考えられていますが、実はピザにも種類があるのをご存知ですか?ピザの本場イタリアでは、地域によってピザが異なってきます。ピザ生地の厚さやピザの作り方や焼き方、さらにはのっている具にもそれぞれ特徴があるのです。筆者はイタリアを縦断した際にそれを知りました。そこで今回はイタリアの地域異なるピザをご紹介します!イタリアを訪れた際には、その地域特有のピザを食べてみたり、イタリア旅行をしながら食べ比べをしてみてくださいね。では、地域ごとに異なるピザをイタリアを南下しながら見ていきましょう。

1.ミラノ風ピザ

2708aeb3ミラノを中心として、イタリア北部ではミラノ風ピザが一般的に食べられています。イタリア北部は、フランスやスイスを始めとして、多くの国と陸地で国境を接している地域です。その国境の多くは山で区切られており、山の幸がおいしい地域としても有名です。イタリア北部の有名な街には、ミラノの他にトリノ、ジェノバなどがあります。これらの地域でもミラノ風ピザが食べられています。ミラノ風のピザの特徴としては、生地が薄く、カリッと仕上げられていることが挙げられます。薄いピザ生地の上に、薄くソースやチーズがのせられ、その上にきのこ類などの山の幸がのせられることが多いそうです。アメリカでは、ミラノ風ピザのように生地の薄いピザのことをクリスピーと呼ぶこともあります。生地が薄い分、大きいと思っても意外とペロリと食べきれちゃいます。薄い生地の上に具材がたくさんのっているので、日本風に手で持って食べるのは難しいです。現地の人や周りの人を真似して、ナイフとフォークでキレイに食べましょうね。

2.ローマ風ピザ

s_0n5zミラノから南下するとある大きな街はイタリアの首都、ローマですね。古代ローマなどの遺跡もたくさん見ることができるので、イタリアでは外せない観光スポットとなっています。日本からイタリアへ短期の旅行で訪れる際には、ローマでゆっくりする!という方もいるのではないでしょうか。ローマ風のピザも基本的にはミラノ風のピザと同じく、薄い生地のピザです。ミラノ風、ローマ風と合わせて、イタリア北部のピザは基本的に生地が薄いのが特徴です。薄い生地のカリッとした食感はもちろんおいしいですが、ローマ風ピザの特徴は具材の魅力を十分に満喫できるところです。生地からはみ出るほどぎりぎりまで具材がのせられています。乗せる具材の種類も豊富で、エビや貝類などのシーフードはもちろん、様々な種類のチーズやきのこ、ハムなどがのせられています。何度も違うソースや具材で食べたくなりますね。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

3.ナポリ風ピザ

d0083265_21575631最後にご紹介するのは、イタリア南部の街ナポリを中心に愛されているナポリ風ピザです。このナポリ風ピザは、ミラノやローマ風のピザとは大きく異なり、ピザ生地が厚く、もちもちしています。ナポリでは、ピザが主食として食べられているため、食べごたえのある厚い生地となったそうです。生地が厚い分、具材はシンプルな場合が多いです。トマトソースとモッツァレラチーズ、バジルのみのマルゲリータはナポリが発祥の地だそうです。シンプルな具材で生地を楽しむのがナポリ風と言えそうですね。ナポリやローマ風の薄い生地、ナポリ風の厚い生地、それぞれ好みがあると思うので、ぜひ両方試して自分好みを見つけてみてくださいね。日本にいても、専門のピッツァリアでどちらも楽しむことができるので、近くのピッツァリアで試してみるのもいいでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  2. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP