【カナダ旅行の基本情報】日本からのアクセス、イベント

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

カナダ旅行前に必読。行く前にわかる、行ってから納得。カナダへの行き方、気候、時差、通貨、飲酒ルールなどカナダ旅行に必要な情報を網羅してお伝えします。

知っておきたい! カナダの基本情報

エメラルドグリーンの湖や氷河に圧倒されるカナディアンロッキー、世界三大瀑布に数えられるナイアガラの滝、紅葉の美しいメープル街道、夜空を彩るオーロラなど、カナダは大自然の魅力たっぷり。そのカナダを楽しむために、まず押さえておきたい基本情報をまとめました。

日本からカナダへのアクセス

現在、日本からカナダへの直行便が就航しているのは成田空港と羽田空港。バンクーバーへはエアカナダと日本航空が成田から、全日空が羽田から毎日運航しています。また、エアカナダは羽田からトロントへ毎日運航しているほか、週3~5便でカルガリーへのフライトも運航しています。

直行便だけではなく、経由便でのアクセスも可能。米系航空会社を使って、シアトル、ポートランド、デトロイトといったアメリカの都市を経由するという行き方もあります。直行便が運行されているバンクーバーやトロント以外が目的地なら、こちらのほうが早い場合も。そのほか、ソウル経由などのアジア便の使用も可能です。

所要時間は成田・羽田からカナダの西玄関バンクーバーまでが約9時間、東のトロントまでが約12時間となります。いずれもジェット気流の影響で帰りは向かい風になるため、帰りの所要時間は行きの時間にプラス1時間を目安に。

カナダへの渡航にビザは必要ありませんが、空路で入国する場合、2016年3月15日より電子渡航認証(eTA)の申請が義務付けられました。費用は7カナダドルで、支払い方法はクレジットカードのみ。カナダ政府のホームページにてオンラインで申請可能です。

カナダの公用語

カナダは英語とフランス語の2ヶ国語を公用語としており、空港や道路標識などの公共物からスーパーの店頭に並ぶ商品の表示にいたるまで、全部2ヶ国語表記です。ですが、カナダのほとんどの地区では英語のみが使用されていて、フランス語を耳にすることはあまりありません。

フランス語は東部のケベック州とニュー・ブランズウィック州の―部のみで使用されています。逆にケベック州では、大都市のモントリオールでこそ英語が通用しますが、地方に行くと英語がまったく話せない人がほとんどです。

日本語については、人気の高い観光地のホテルやショップ、レストランなどでは日本人スタッフがいることもありますが、ハワイのようにどこでも使えるというレベルではないので、過度な期待は禁物。

カナダ旅行に持参すると良いもの

カナダ内陸部は日本に比べて乾燥しています。冬場はもちろん、夏場でもかなり乾燥しているので、リップクリームや保湿クリームなどが必需品。現地でも入手できますが、女性の場合、肌に合う普段使っているものの持参をおすすめします。また、晴れた日には紫外線も強くなります。特にカナディアンロッキーでは初夏まで雪が残り、真夏でも氷河上に行く観光もあり、その照り返しは強烈。日焼け止めやサングラスも欠かせないアイテムです。

その他、旅行に歩きやすい履き慣れた靴もお忘れなく。特にカナディアンロッキーの場合、舗装されていない場所や、雪や氷河で滑りやすいところもあるので、アウトドア向けの靴がおすすめ。本格的なトレッキングシューズまでは必要ありませんが、スニーカー程度の靴はご準備を。

食べ物に関しては比較的日本人の口に合うものがほとんどなので、それほど心配はいりません。それでも心配ならば、手軽なインスタント食材を持参すると良いでしょう。 また、水はカナダのほとんどの場所で水道水をそのまま飲むことができます。飲食に関して神経質になる必要がないというのも、カナダ旅行の大きな利点のひとつです。

カナダの通貨、両替

カナダではカナダドル(CAD$)を使用しています。「アメリカでカナダドルが使える」ことは少ないですが、カナダではアメリカドルが大概の店で使えます。

日本円は観光地の―部のお土産屋さんでしか使えないので、買い物の前には、予め両替するように。 両替は銀行や市中、空港内の両替所で可能。特にバンクーバーやトロントなどの大きな空港では、両替所がいくつもあり到着後すぐ両替できます。また、カナダはカード社会。わずか数ドルの買い物をするのにクレジットカードを使用しても問題ありません。

カナダでのチップの習慣

カナダではチップを払うのが日常的な習慣です。外国人旅行者も例外ではないので、どのような場面でいくら位が適当なのかを把握し、スマートにお渡しください。

まずホテルで必要なのが、通称「枕銭」と呼ばれるルームメイド(客室係)に対するチップ。ベッド1台に付き1カナダドルが目安で、枕またはベッドサイドのテーブルなどの分かりやすいところに置きましょう。

次に想定されるのがレストランでの食事シーン。カナダでは基本的にすべてテーブルでの清算になり、レジで代金を払うようなことはあまりありません。食事が終わり、「チェックプリーズ」と言えば伝票を持って来てくれます。現金で支払いの場合、合計金額の15%程度を加え、テーブルに置いてそのまま席を立って問題ありません。

カードで支払いの場合、伝票にチップの項目があるのでそこに15%に相当する金額を書き込み、サインをしてそのまま席を立ちましょう。ちなみにレストランでもファーストフードなどのセルフサービスのところでは、チップは不要です。

他にチップが必要になるのはタクシーに乗る場合。タクシーにはメーターがあり、料金が表示されるので、この金額にやはり15%くらいを加算してください。料金が10カナダドル以下の場合、1カナダドルを上乗せで結構です。

カナダでの喫煙、飲酒

カナダでは屋内は原則禁煙です。ホテルでも多くが全館禁煙となりつつあります。都市によっては厳しい条例を設け、屋外であっても建物の入り口近辺は禁煙と定めているケースもあるので、要注意。

一部のホテルでは喫煙可能な部屋を用意しているところもありますが、喫煙可能な部屋は「階数が低い」、「眺望が悪い」など、良い条件でないことがほとんど。ホテルの客室は旅の大事な要素なので、喫煙可能な部屋をリクエストするかどうかは、十分検討が必要です。

飲酒は原則、屋外ではご法度です。またお酒に限ったことではありませんが、カナダには自動販売機というものがほとんどなく、アルコールを買うこと自体、リカーストア(酒屋)に行かなくてはいけません。コンビニやスーパーでも買えないので、ご注意ください。ただしケベック州だけは比較的寛容なので、スーパーでも買うことができます。

カナダのイベント

最大のイベントといえば、クリスマス。各地で華やかなイルミネーションが見られますが、むしろ注目はクリスマス翌日の12月26日。この日もボクシングデーと呼ばれる祝日で、カナダではクリスマス商戦後の1年最大のビッグバーゲンの日。人気のショップでは前日深夜から行列ができるほどです。ちなみにボクシングは殴り合いではなく、「プレゼントの箱=ボックス」に由来しています。

クリスマス後の元旦はあっさりとしていて、年を越える瞬間にやや盛り上がりを見せるものの、その後はただの祝日。2日からはお店も通常営業です。

次に盛り上がるのが7月1日のカナダデー。カナダの建国記念日で、各地ではコンサートや花火、パレードなど、さまざまなイベントが行われます。イベントといえば、10月31日のハロウィーンも一見の価値あり。平日でもお構いなしで、仮装したり、顔にペイントして出勤する人もたくさんいます。

そのほか、バンクーバーの夏の花火大会、モントリオールのジャズ・フェスティバル、ケベックのウィンター・カーニバルなど、各地のイベントも盛り沢山です。

まとめ

いかがでしたか?カナダの総合的な情報をお伝えしました。

この記事を参考に、みなさんもカナダへの旅を計画してみてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  2. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP