【ノマド天国!】メルボルンの図書館「Library at The Dock」の魅力

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

a057_c036_0121rt1

みなさん。メルボルンを訪れたことはありますか?

オーストラリアでは図書館に行くと、どこでもwifiや電源が完備されていて無料で利用できる事もあり、新しい街に着くと調べ物などをしに利用しています。そんななかでも今回訪ねたメルボルンの図書館Library at The Dockが余りにも凄かったので紹介したいと思います。

img_20140604_171504

港にある図書館「Library at The Dock」

Library at The Dockはその名にある通りに港ある図書館です。

最初、私は港の対岸からこの建物を見つけて、木で出来た格好良さそうな建物があるなと思い、google mapで調べてみたのです。そして港を回り込んで図書館に近づいてみたら、現代的で凄くオシャレな建物だったのです。

しかし、このLibrary at The Dockはカッコいいだけではありません。その真髄は設備にありました。

contact3

凄すぎる!図書館の設備

library_v02_cafe

《1Fにはカフェと本》

まず入るとカフェがお目見えします。日本の図書館では館内では飲食禁止のところも多いと思いますが、この図書館ではそんな堅苦しい事は言われません。

カフェスペースの机にはタッチパネルディスプレイが組み込まれていて、軽く下調べなんかするには持ってこいです。

※カフェは有料です。

wifi_icon_shutterstock

《“当たり前”の高速wifi》

オーストラリアの図書館にはどこでもほぼ必ずwifiがあります。これまでオーストラリアの20近くの図書館を利用してきたと思いますが、wifiが無い場所は有りませんでした。

しかし、時には会員登録を要求されたり、あっても遅くて使い物にならない事が稀にあるのですが、ここのwifiは50名ほどの人が居ても、下り6,7mbpsほど出て十分に快適でした。library_v05_soundstudio1080px

《港を望みながらパソコンで作業できる電源つきデスク》

ともかく景色が最高なのです。

2Fと3Fには港の景色を見ながらパソコンを開いて作業ができる、こんな気持ちのいいデスクが用意されています。パソコンを充電するための電源も多数用意されています。これらを使用するのにも、お金は一切かかりません。クーラーは効いているし、他の人との距離も近すぎず、集中できる環境が整っています。

9772233393_81ee6b9962_b

《集中して読書や勉強をするためのquiet room》

もちろん、日本の図書館のように静かに集中して勉強するスペースも用意されています。

この部屋に限りませんが、日本によくある図書館のように大きな部屋一つではなく、小刻みに部屋が区切られているのもこの図書館の特徴です。ちょっと入るのに勇気がいるかもしれませんが、思い切って入ってみましょう。

library_v01_readingarea1080px

《3Fには卓球台とリラックススペース》

3Fには人工芝とリラックスするクッション、それに卓球台が置かれたリラックススペースがあります。

都会の街に一日中いると疲れますよね。カフェ巡りにショッピング、グルメなどなど。でも、疲れたらここに来ていいんです。最初からダラりとタブレットを持って読書をしても良いかもしれません。みんなダラーッとしながら、タブレットでYouTubeを見たりしています。もちろん怒られません。まさに都会のオアシスです。

ここの図書館を経験してしまうと、日本の図書館の居心地が悪く感じます。なので、裏返して言えば、この図書館はあまりおすすめしたくありません。

original

《3Dプリンター》

そして、ここからはまさに異次元の世界となります。

こんな設備が公共の図書館にあるの?といった感じです。日本では気軽に3Dプリンターが利用できる公共施設あるんでしょうか?企業のお店になってしまいますが、渋谷のfabcafeなどが有名でしょうか。

残念ながら3Dプリンターの知識がないので使う事が出来ませんが、そのような方には講座も開かれているようです。参加してみてもいいかもしれません。

og_image

《まだ新しいRetina iMacとmidiキーボード》

パソコンも驚くほど充実しています。よくあるボロいwindowsではなく、Retina displayを搭載したリリースされてまだ記憶に新しいiMacが6台ほど置かれています。更に脇にはmidiキーボードまで置かれていて音楽制作環境が整えられています。

流石芸術の都、メルボルンです。

nintendo_switch_pro_controller

《テレビゲーム》

なんとPS3やXBOXといったテレビゲーム、ゲーム専用のPCまで置かれています。そしてゲームソフトまで貸し出されています。

6360717017041561971042642181_o-listening-to-music-facebook

《音楽を楽しむための謎のイス》

イスのなかには防音室のようになっていて、更に座る人を囲むように音楽が鳴るようになっています。知らないピアノの曲が360°の方向から聞こえてくるのですが、これが信じられないほど気持ちがいいんです。

イスの外には音が殆ど漏れないのも凄いです。椅子ひとつで完全プライベートルームの完成です。これに座って大画面で映画見たいななんて思います。performance-space-internal

《音楽スタジオ》

なんとスタジオも用意されていました。
中にはドラムとキーボードが置かれています。凄すぎます。

top-10-kitchen-tools

《キッチン》

ここからは、言葉を失う人もいるでしょう。

キッチンと食事を取るスペースが設けられ、冷蔵庫や電子レンジ、食洗機に浄水器といった設備が設けられています。もうここで暮らせそうですね。

bg-printing

《当然の機能としてプリンター》

当たり前のようにプリンターもあるのですが、こちらはタッチパネルで操作して印刷できます。

nowatermark-27

まるでgoogleのオフィスのような、未来の図書館のあるべき姿

皆さんはgoogleなどアメリカの企業のオフィスの写真を見たことがありませんか?googleのオフィスは、ただ仕事をするだけでなく、リラックスしたり、食事をしたり、滑り台があったりして、社員が快適に過ごせる近未来的な空間が広がっているのです。私はこのlibrary at the dockに来てここはまるでgoogleのオフィスのような空間だと感じました。

googleはご存知のように天文学的に儲かっている会社ですので、そのような事が可能なのですが、オーストラリアでは公共の図書館にこのような施設があるのです。

この事実に私は本当に驚きました。この施設を維持するには結構なお金がかかると思われるからです。

一方でこの図書館は本の数はそんなに多くありません。その代わりに借りることが可能なiPadで電子書籍を読むことや、設置された端末やオンラインからオーダーでき、オーストラリア中の図書館から探し出され届くようになっているようです。その分、卓球台を置くスペースができたり、プリンターのスペースが確保できたり、なにかとよくできているのです。

置かれている紙の本も、よく見るとKINFOLKのような最近の雑誌であったり、新書っぽいものを中心に選びぬかれた本が置かれているように感じます。

また驚いたのが、英語の本だけでなく、中国語の本が並んでいます。移民国家らしい本のセレクトと言えるでしょう。

つまり、もう空間として本を貸し出すだけの図書館という施設は必要とされなくなってきているように感じるのです。

図書館という施設は一部の蔵書の多い大型施設を覗いて、このような形に変わっていくべきだと思うのです。(このlibrary in the deckは少し郊外にありメルボルンには蔵書の多いメインの図書館が他にあります。)

私は節約のため日本では本を借りに図書館を利用する事もありますが、amazonに慣れてしまっているので、本当に図書館で本を探すのは億劫です。

果たして今、本の貸し借りのためだけの図書館は必要でしょうか?

メルボルンの図書館では「Melbourne’s libraries welcome people to read, connect, create and learn.」

というコンセプトが掲げられていて、本を読むことがだけが目的ではなく、情報に触れること、人と繋がること、物を作ること、学ぶことが目的とされています。ただ本を読むことを目的とした日本の図書館とどちらが正しい現代の公共施設のあり方でしょうか。

directions1

Library at The Dockの詳細情報、アクセス方法

Library at The Dock

住所:107 Victoria Harbour Promenade Docklands VIC 3008
電話番号:03 9658 9998

営業時間:【月-木 : 10:00-19:00】【金 : 13:00-18:00】【土 : 10:00-16:00】【日 : 14:00-17:00】

FREEシャトルのVictoria Harbour Docklands Stop D18より歩いて3,4分。中心から少し外れますが、アクセスも悪くありません。

photography-copyright-appletv_-boat_-bolte_-bridge_-docklands_-library_-observation_-sailing_-wheel-docklands_20150130_071_2_3-3

まとめ

おかがでしたか?この図書館の魅力は伝わりましたか?

メルボルンでノマドしようと思ったら是非訪ねてみてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  3. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP