【今注目!】オーストラリアでお留守番?”ハウスシッティング”とは

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

オーストラリアで何か面白いことをしたい。そんなあなた!”ハウスシッター”って聞いたことありますか?ハウスシッターとは日本語で「留守番する人」という意味。

超フレンドリーなオージーは、長期休暇中に赤の他人に留守番を任せてしまうこともあるのです。そんなオーストラリアで「Aussie housesitters」というサイトを使い、お留守番を体験してきましたので、その全貌をお伝えします。

オーストラリアの生活を体験できちゃう”ハウスシッター”って一体何なの?

オーストラリアに来たからには、広い一軒家に住んだり、広い庭でヨガなんかしてみたい!けど実際は節約のためシェアルームに住んで、日本より狭苦しい生活してます……なんて方多いのではないのでしょうか。

そんなあなたに朗報。オーストラリアの一般家庭では夏休みや冬休み、年末年始などにはまとまった休みを取って、別荘や外国などでバケーションを楽しむのが一般的です。

お留守番人募集サイト「Aussie housesitters」

そこで、ペットを飼っている人や、長期間家を空けるのはちょっと不安……、なんて人達が利用するのがこの「Aussie housesitters」

このサイトはバケーションなどのため数日から数ヶ月間家を空ける人達が、その間お留守番してくれる人を募集することができ、逆にオーストラリアのリアルな生活を体験したい、数日〜数週間暇だなぁ、なんて人は好きな地域から好みの留守番先を選ぶことができるというものです。

登録料こそかかりますが、留守番中はほとんどの場合、家賃や光熱費は無料。(依頼人によっては家賃を請求する人もいるので、都度ご確認を)

こういった留守番サイト、日本人には馴染みが無いようですが、オージーの間では結構有名です。というのもオージーはこれでもか!というくらいにバケーションに命をかけているから!

バケーションの時期になると、高級住宅街はゴーストタウンになってしまうくらいオーストラリア人はバケーション命なんです。

私は実際にオーストラリアの東側にあるブリスベンという町で、このサイトを使って、クリスマス〜正月の間の1週間、可愛いQLDerの家(クイーンズランド州特有の、木造高床式建築のこと)で家賃・光熱費・ネット代無料でお留守番をさせて頂きました。

それでは私がこのお留守番先を見つけたサイト「Aussie housesitters」の使い方、申し込み方から楽しみ方まで、筆者の実体験に基づいて紹介しまていきます。

「Aussie housesitters」の使い方と気になる費用

このサイトには北はダーウィン南はタスマニアまでオーストラリア全域のバケーション命なオージー達が(出張で不在にしている間に使う人もいますが)登録しているので、うまく利用すれば人の家で留守番しながらオーストラリア一周なんかもできてしまいます。地域以外にも住居形態から検索することも可能で、一軒家・アパートの他にファームやキャラバンなどから選べるのもオーストラリアならでは。

またペットの有無からも検索することができ、定番の猫や犬の他にも「馬」や「爬虫類」と暮らせる物件があるようです。こんなの日本じゃ北海道にでも行かない限りまず経験できないですよね。もちろん動物がいない家もありますので、ペットはちょっと苦手という方もご安心ください。

【検索だけなら無料】

そしてこのサイトの気になる費用についてですが、検索するだけなら会員登録も費用もなしで利用できます。

【連絡するなら有料】

もし「気になるお家を見つけたので広告主に連絡を取りたい!」という場合は会員登録と登録料が必要です。

【料金は年間AUS$65】

その登録方法は至って簡単。名前や住所、プロフィールを登録し、オンライン決済で1年間の使用料としてAUS$65を支払うだけ。「登録料高っ!」と思われた方もいるかもしれませんが、よく考えて見て下さい。

バッパーに泊まると大体一泊AUS$25〜30くらい。リビングは爆音の音楽がかかっていたり、ご飯時にはキッチンは激混みでちゃんとしたご飯が作れないなんて事、よくありますよね。だからと言って外食しようにも、オーストラリアは物価が高すぎます。それにホームステイだと、ステイ先によっては光熱費節約のためキッチンは使用禁止、リビングのテレビはステイ先の子供が占領してて見れないなんて話もチラホラ。せっかくオーストラリアに来たからには、オーストラリアの食材を使ってゆっくり料理したくありませんか?好きな映画を好きなだけ鑑賞してホリデーを味わいたくないですか?

そう考えるとタダで泊まれて、キッチンを独占できて気楽に過ごせるのに一年間たったの$65という登録料はすごくコスパが高いですね。それにオーストラリアの一般家庭での生活を体験できるのもなかなかできないことです。このチャンスを無駄にしないように、気になる家が見つかったら登録して、どんどんメッセージを送ってみましょう。

気になる家が見つかったら広告主にメッセージを送ろう!

留守番してみたい家が見つかったら、まずは広告主にメッセージを送りましょう。もちろん、英語です。難しいことは何もありません。自分の年齢・性別・国籍・ペットの世話の経験の有無・留守番先を探してる理由などを簡単に書いて送ればそれでOKです。

私の場合メッセージを送った翌日に「家の説明をするから今日の夕方に来れる?」と広告主から返信が来ました。それから少しでも信頼を得られるように、ちょっと小綺麗な服を来て会いに行き、テレビや洗濯機などの電化製品の使い方、猫の餌のあげ方などのレクチャーを受けた後に、鍵を受け取り、「じゃ週末から1週間よろしくね!バーイ!」という感じでその日は終了。

そして依頼された当日、家に着くなり近所の人が「あ、留守番しに来たんでしょ?何かあったらいつでも聞きに来てね!」と名刺を渡してくれたり、ゴキジェットを貸してくれたりと、至れり尽くせり。部屋に荷物を置いたあとは食料調達がてら周辺を散策。その地域はアフリカ系の移民が多い地域で、アフリカ雑貨屋さん、アフリカンレストランなどがあってなかなか面白かったです。

アフリカ食料品店では、店の片隅で里芋を育てていて、それを「オーストラリア産」と称して堂々と販売していました。オーストラリアは移民大国。中国人が多い地域やアラブ系が多い地域など、地域によって特色があるので、事前に調べてみると面白いかもしれません。

ハウスシッティング先の探し方のコツと注意点

探す際の注意点についてですがオーストラリアの家では「ネット使用可能」となっていても、実際にはデータ使用量の上限が決まっていることが多々ありますので、例えばyoutubeをたくさん見たい!という方は最初に「Is internet unlimited?(インターネットは無制限ですか?)」と絶対に一言確認しておくようにしましょう。

また、オーストラリアでは電気代は少々高いようで、エアコンを使うのを嫌がる人もいます。真夏や真冬に留守番先を探している人は後からトラブルにならないようにするためにも、冷暖房は使用可能かを確認しましょう。

また、オーストラリアの一軒家ではかなりの確率で巨大ゴキブリがでます。苦手な方はマンションタイプか、新築の家を選ぶようにしましょう。

まとめ

オーストラリアのローカルライフにどっぷり浸かれるこの「ハウスシッティング」、登録料はかかりますがオーストラリア中のいろんな家に住めるので、現地のリアルな生活を体験したい人に激おすすめです。

ビーチ沿いの家でお留守番してサーフィン三昧だって夢じゃありません。こんな体験はオーストラリアにいるときにしかできません。皆さん是非トライしてみて下さい。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…

新着記事

  1. 横断歩道を渡りましょう!歩行者と車との安全を守るための横断歩道。世界中の人々がは何気なく…
  2. 台湾にノービザ滞在(90日)して語学の習得や転職のリフレッシュメントはいかがですか?近代的で…
  3. ハッピーリタイアをして海外で悠々自適に暮らしたい。そうした中高年層が増えています。定年後の自…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP