【女子必見】女子海外ひとり旅にバンコクを提案する5つの理由

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

pagan-myanmar-temples-girl-camera-1400x931

年齢を問わず、女子が愛してやまないもの。それはグルメにショッピングに観光スポット、それから美容でしょう。

これらの要素をふんだんに備え、かつ楽しく回れるのがタイの首都・バンコクです。公共交通機関を使えば主な観光スポットの多くをカバーできる上に、駅の周辺は楽しくお買い物ができる商業施設や美味しいレストランの宝庫。また、バンコクの女子たちは美の追求に熱心なので、スパも充実しています。

プチプライスの食や雑貨から高級品まで揃った、女子のパラダイス・バンコク。バンコクが女子一人旅に向いている5つの理由を紹介していきたいと思います。

bangkok-skytrain

公共交通(BTS/MRT)で移動も快適

かつては世界一渋滞する町というありがたくない異名をいただいていたバンコクですが、BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)の開通で、女子が安心して一人旅ができる都市になりました。ぼったくられる可能性がゼロとはいえないタクシーやトゥクトゥク、地元の人でないと行き先や路線網が理解しづらいバスを使わなくても、リーズナブルに安心してバンコクの主要スポットを見て回れるからです。

BTS、MRTともに車内はきれいで、清潔に保たれています。終電近くの電車(夜中の12時頃)に乗っても、酔っぱらいの姿は非常に少なく、事故で電車がストップするという事態もほとんどありません。女性が安心して利用できる交通機関なのです。平日の朝8~9時の時間帯は通勤客があふれるラッシュタイムなので、避けるとすればこの時間帯でしょう。

【ショッピングモールでお買い物を楽しもう】

便利で快適なBTSやMRTの主要な駅には、人気のブランドやレストランが入った大型のショッピングモールが直結しています。例えば、BTSの2つの路線(シーロム線とスクンビット線)が交わるバンコクの中心部、サイアム駅には、サイアムパラゴンを始め、サイアム・センター、サイアムスクエアワンといった、バンコクの「今」に触れられるショッピングモールが直結しています。改札を出てから、ショッピングモールのエントランスまで雨に濡れる心配もありません。

こうしたショッピングモールに行けば、女子に絶大なる人気を誇るリボンバッグのナラヤ、ハーブを多用した香りの良いタイの石けんなど、お土産にもぴったりなお買い物を効率よく楽しめます

なお、BTSやMRTは混雑時にはチケットを買うのに一苦労します。スムーズに利用するには、事前にプリペイド型のカードを買っておくといいでしょう。一般的な旅行者の場合、使用頻度が多いのはMRTよりBTSになるので、MRTは乗車のたびに券を購入してもいいかもしれません。

watphorecliningbuddha2

タイ定番観光スポットにも簡単アクセス!

バンコクに行ったら、やはり荘厳なワット(寺院)に行ってみたいと思いませんか?フォトジェニックなこうした観光スポットはバンコクの中心部からちょっと離れた場所にありますが、BTSとチャオプラヤー川のボートを組み合わせれば気軽にアクセスできます。

BTSサパーンタクシン駅のそばにあるチャオプラヤー川の船着場からボートに乗りこみましょう。ター・ティアンの船着場で降りれば、そこは「ワットポー」の玄関口。バンコクで最も歴史が古く、タイ・マッサージの総本山であり、境内で手頃にタイマッサージを受けられるワットです。

ター・ティアンから渡し船に乗れば、三島由紀夫の小説にも登場した「ワット・アルン(暁の寺)」もすぐ。静かに佇む美しいワットを写真に収めて、女子一人旅の記念にどうぞ。なお、ボートには、チャオプラヤーエクスプレスとツーリストボートの2種類があります。料金はどちらもボート内で払います。

【チャオプラヤーエクスプレスボート】
各駅、急行、特急の3種類ありますが、料金は片道一律15バーツ(約50円)。日中はほぼ急行のみ

【チャオプラヤーツーリストボート(英語のアナウンスがあり、外国人客向け)】
片道一律40バーツ(約130円)
乗る前に行く先を告げて、船がとまるかどうか確認してください。

ワットからボートに乗って再びBTSサパーンタクシン駅に戻ったら、専用の船(無料)に乗って、アジアティーク・ザ・リバーフロントに行ってみるのもオススメです。チャオプラヤー川沿いに誕生したこの巨大ナイトマーケットは、夕方からの営業なので(店が開くのは午後5時ぐらい)ワット観光の帰りに立ち寄るにはぴったり。一人で入りやすいレストランやカフェもたくさんある、女子一人旅向けのマーケットです。

isan-thai-food-shutterstock_67694425

お一人様でも楽しめるグルメの宝庫

バンコクの町はグルメ天国。屋台料理から庶民的な食堂、フードコート、おしゃれなカフェやレストランまで、選択肢は豊富にあります。一人で入りやすい店が多いのも、一人で旅をする女子にはうれしい点ではないでしょうか。

【一人旅ならショッピングモール内のレストランが狙い目】

大規模な中華料理の店や一軒家タイプのタイ料理の店は、テーブルが非常に大きく、周囲もグループ客ばかり。一人では使いづらい印象がありますが、ショッピングモールの中に入っている店なら比較的小さなテーブルも用意されています。一人客も少なくないので、気軽に利用できます。

例えば、タイ人にも観光客にも大人気のタイの海鮮料理レストランのソンブーン。

本店の場合、グループ客がほとんどなので、女子一人で入るのはややハードルが高くなりますが、BTSサイアム駅に直結したサイアムスクエアワン店やMRTのサムヤン駅に直結したチャムチュリスクエア内のサムヤン店なら敷居はぐっと低くなります。

名物のプーパッポンカレー(蟹のカレー炒め)を始め、ソンブーンの料理はどれもSサイズでも一人にはちょっと多めの分量ですが、頼めば持ち帰り用にビニールに入れてくれます。看板料理を味わって、残りはホテルで食べるというのも旅の醍醐味ではないでしょうか。なお、ソンブーンのみならず、タイのレストランではほぼ持ち帰りが可能です。

団体客が多いレストランはちょっと抵抗があるという方はフードコートへ行きましょう。麺料理、ご飯もの、おかず、サラダ、デザートなどが揃ったフードコートはまさに女子一人旅向き。ちょっと高級だけど食器もテーブルも清潔でキレイなフードコートから、庶民派フードコートまで選択肢はたくさんあります。好みのフードコートを見つけてください。

10-amazing-benefits-and-uses-of-mango-leaves1

女子が大好きな南国フルーツのパラダイス

タイは、ビタミン、カロチン、ミネラルをたっぷりご含み、繊維質も豊富な南国フルーツの楽園。美肌に欠かせないフルーツが安く気軽に味わえます。

うれしいのは、一人分の量にカットした南国フルーツを屋台で販売していること。スイカ、マンゴー、パパイヤ、グアバ、チョンプー(梨のようにシャキシャキとした水分たっぷりの果物)などが20バーツ(約70円)で食べられます。

屋台は客が多く、商品の回転が早そうなお店を選ぶのがポイントです。屋台での買い物は心配という方は、スーパーマーケットを利用しましょう。屋台よりは少し高めですが、カットフルーツも、カット前のフルーツも販売しています。お好きなタイプをどうぞ。

spa_massage

 癒やしのマッサージやスパの天国

バンコクの大きな魅力が、スパが豊富にある点。タイの女性はマッサージやスパに目がないため、競争が激しく、それだけに技術の高いスパもたくさんあるのです。

中でも評判なのが、ハーバルボールによるタイの伝統的な施術(何種類ものハーブを布に包み、温かく蒸したボールを使ったトリートメント)に魅了された日本人女性が開いたアジアハーブアソシエーション。自社直営のオーガニック農場で栽培されたハーブで作ったハーバルボールやエッセンシャルオイル、アロマオイルを用いたマッサージは世界中の観光客から大好評です。バンコク市内にお店は5つありますが、一番行きやすいのはBTSトンロー駅そばのトンロー店です。

BTSアソーク駅近くのタイムズスクエアに入店しているMY SPAや、BTSチットロム駅直結のゲイソンプラザの中にあるターンサンクチュアリなどもオススメです。好みのスパで心も身体も癒やされて気分快適、表情 も明るくなること確実です。自分のスケジュールに合わせて、好みのSPAを利用できるのは女子一人旅ならではのメリット。誰に気兼ねすることなく、思いっ きりタイでキレイになって帰りましょう。

shouting_at_the_sky

まとめ

バンコクは女子一人で思う存分楽しく過ごせる都市です。準備を怠らず、慎重さを保ちつつ、バンコクの魅力に触れて女子一人旅を満喫してください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. 2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP