【海外で働くメリット】オーストラリアで働いて得られるものとは?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

憧れの土地、海外で働いてみたいと思いませんか?日本にはない、無限の可能性がそこにはあり、新しい自分を見つける事が出来るかもしれません。私は、英語を使って働けたらカッコいいなぁ、と漠然と思い立ち、お世話になっていたお仕事を辞め、オーストラリアに住むことにしました経歴があります。

語学学校にて1ヶ月過ごし、コーヒーショップと、ツアーガイドの仕事に就きあっという間に1年が過ぎてしまいました。今でも、あの時オーストラリアに行って良かったと心から思います。今回は、そんな私が経験した海外で働いて得られた事について紹介します。

海外で必要なのは行動力

まずお伝えしたいことは、海外で働きたいならばとにかく行動することです。

「お仕事が無いかもしれない」「お仕事を得ることが出来ず、貯金がなくなって帰ってくる事になるのではないか?」「思っていた海外生活にはならないかもしれない」。

私は渡航前からとにかく心配性で、そんなことばかり考えていました。これを読んでくださる方の中にも、少なからず海外で生活する事に不安を抱えている方はいると思います。実際のところを申しますと、お仕事は一年中、たくさんあります。滞在の為に持ってきたお金よりも、貯金がプラスになって日本に帰る方もいます。

行動力にさらに磨きがかかる

求人についてですが、選ばなければ、お仕事はたくさんあります。求人は毎日のように出ており、働き手が欲しい所がほとんどです。

ただし、人気の職種であったり、時給のいいお仕事や、高度な技術や英語力が必要なお仕事は、日本と同様、難易度が高くなります。どうしても得たい仕事があるならば、とにかく関連の会社にアタックし続けることになります。

お仕事の見つけ方は様々な方法がありますが、まずはネットや街の掲示板で求人情報を見て、面接をどんどん申し込みましょう。また、オーストラリアでは、お店に直接自分から出向き、レジュメを手渡しして、お仕事を探しています、と伝えに行くこともあります。このスタイルはオーストラリアでは普通の事で、現地の学生ならば一度は必ず経験しています。

私も一度だけゴールドコーストのレストランにレジュメを持って行き、働きたいと伝えに行ったことがあります。その時はお店の人手が足りていて、ボランティアなら手伝って欲しいと言われましたが、生活がかかっていた為、断念したことがあります。初めての経験であった為、非常に、緊張しました。お仕事を得る事には繋がりませんでしたが、気持ちを切り替えて次のお仕事にアタック出来ました。

柔軟な考えを持つ

私の、ゴールドコーストでの生活の一番の目的は、旅行会社関連で働くことでした。帰国後に旅行関連のお仕事に就きたいと思っていたからです。しかし、最初に得たお仕事はコーヒーショップのバリスタという仕事でした。

1ヶ月語学学校に通い、毎日の家賃、食費などを考えると、まずは職を選ばず、お仕事を見つけなければと思いました。貯金は減っていくばかりで不安になっていたのです。

さらに私がゴールドコーストに降り立った時期は冬でした。旅行関連のお仕事は冬の間に減り、夏に増える傾向がありますが、案の定求人はほぼ無い状態でした。そこで、お仕事をしながら目的である旅行関連のお仕事にアタックし続けました。そうすることで、最終的にツアーガイドのお仕事に就くことが出来ました。

もし、同じように目的の仕事が無い場合でも、すぐに結果を求めず、長い目で見てフレキシブルに対応してみてください。

仕事よりも大事にされているもの

コーヒーショップでのお仕事を得た私は、日本人の先輩のご指導のもと、晴れて海外で働き出すことが出来ました。お仕事内容は、ドリンク作成はもちろんのこと、お店が閉店と同時に、在庫とお金を数え、片付けをするというお仕事でした。

オーストラリアの国民性として、残業をしないということで有名ですが、それは本当です。閉店時間になると周りの店は電気を消し始め、シャッターを閉めます。バスや電車は、すぐに定刻を遅れるのに、閉店時間だけは必ず守る姿はとても不思議でした。

私も閉店はしっかり時間通りにお仕事を済ませて、プライベートを充実させる事が出来ました。オーストラリアで働くことは、プライベートが守られていて、働く側にとっては働きやすい環境であると思います。

海外で働く楽しさを知る

海外で働くということは、時に、この上ない嬉しさと達成感をもたらしてくれます。私の英語力は単語や文法知識は高校生レベルで、英会話は全くの初心者という典型的なタイプでした。英会話はつたない会話しか出来ず、言葉の出だしに、とても時間がかかるレベルです。しかし、喋れない代わりにお仕事中は必死で自分に出来ることを探しました。

単語だけでも少しずつ話しかけてみたり、休みの日は、英語での言い回しを覚えたりという努力を続けました。

オージーの常連さんが最初に「ありがとう」と言われた時には、お仕事で誰かの役に立つことが出来たんだと、大変嬉しく感じたことを今でも覚えています。つたない英語でも話しかけて購入することを決めてもらえた時の喜びは、日本では感じることの出来ないものでした。

働くために必要な英語力

先程もお伝えしましたが、当時の私の英語力は、単語や文法の知識は高校生レベル、英会話力はほとんど初心者です。圧倒的に実践の経験が不足しており、お世辞にも英語が出来ると言えない状況でした。

仕事を始めて痛感したことは、とにかく誰かと英語で話す時間を増やし、実践し、まずは言葉が出るようになることが最優先です。私は一緒に暮らすオージーとたくさん話したり、お買い物へ行って店員さんと話したりすることで、英語で会話する機会を多くもつ努力をしました。

また、語学学校へ1ヶ月通いましたが結局は座学がほとんどだった為、英会話を伸ばしたいと思う私にとっては学校選びには失敗したと思います。現地の語学学校にこだわらず、ネットや街の掲示板で、安く英会話のレッスンをしてくれる情報があれば利用してみるといいかと思います。

そして、もう一つ欠かせないのがリスニング力です。相手が何を言っているのかが分からなければ会話は続きませんし、要望に応えられません。

単語や文法も大事ですが、英語を話す機会が少ない人ほど、話しかけられた時に単語や文法は頭から飛んでしまい、「YES」か「NO」しか答えられない状況になってしまいがちです。

私はリスニング力を高めるために、歩く時間はほとんど携帯のラジオで英語を聞いていました。または、テレビを字幕を付けて見た後に、字幕を外して聞き流すということもやっていました。耳を慣らすということでは、手っ取り早い方法です。ぜひやってみて下さい。

英語力がそれほど必要でない仕事もありますが、生活していく上でも早く英語力を身につける事は重要です。渡豪までに時間があれば、少しでも日本で英会話の力を伸ばすことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?ここまで、私の経験をお話ししてきました。海外で働くイメージが膨らみましたか?私は、知り合いも友達もいないオーストラリアへ、英語力もないまま単身で行きました。行って様々なことを経験し、行動力や柔軟性を身につけ、失敗や成功を繰り返し、生きていく自信を得ることが出来ました。

私は渡豪前は海外での生活がどのようなものなのか、想像するだけでワクワクする気持ちが止められませんでした。同じように思っている方がいたら、是非、諦めずに海外へ行く一歩を踏み出し、生活してみて欲しいです。

海外で生活し、働く経験を積むことは想像以上に大変です。でも、達成や成功は日本で同じことをするよりも何十倍もの喜びとなります。そして、何よりも色んな発見や驚きの毎日で、とても面白いです!きっと一生忘れられない滞在となる事と思います。

素敵な滞在となりますように。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  2. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP