【海外生活】日本脱出願望?海外永住を決意する人の7つの共通点

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

最近は老後を海外で暮らそうと考えている人も多いと言いますが、実際に海外永住を決意する人は少ないのではないでしょうか。自分の生まれ育った土地ではない所で一生暮らすというのは、言葉でいうよりも難しいものです。

しかし、海外永住を決意する人もいます。そこで今回は、現在海外で生活している日本人で「海外で一生暮らしても構わない」「死ぬまで海外で生活したい」と考えている人の共通点を7つ紹介します。あなたは海外と日本、どちらに住みたいですか?

たった年に1回だけの帰国で充分日本を満喫できる

海外在住者が共通して言うことは、「一時帰国が楽しい」、「日本に帰るのが楽しみだ」ということ。日本に帰りたいと思っている人も、今暮らしている国がいいと言う人もみんな一時帰国を楽しみにしているという点が共通しています。

理由は「家族や友人に会える」、「おいしいものが食べられる」などが多いですが、海外永住する人は一時帰国だけでも日本を満喫できるという点が特徴的です。なかには、日本に住んでいた時よりも充実した日が過ごせ、日本の良さをより実感できるようになったという人も。反対に、一時帰国で「もっと長く日本にいたい」と感じる人は海外永住の準備ができていない状態にあると言えます。

現地の方が「家」「自分の居場所」だと思えるようになった

海外で結婚し、子どもができて、家を建てて…。家族の歴史が日本ではない海外にあるという人は、日本よりも海外の方が自分の居場所だと感じます。

特に子どもを海外で育てた経験がある人は、生活の基盤が海外にあることを自覚しやすいようです。

現地の問題に慣れた

海外での生活を渋る人の多くが「治安が悪い」、「人種差別」などの問題を挙げますが、海外永住を決意した日本人はそういった現地の問題点にもすっかりなれてしまっているようです。

「郷に入れば郷に従え」という言葉がありますが、確かに日本にはない現地の問題点ばかりに注目していても先に進みませんよね。

生活面で日本にはない良いところが海外にある

「日本よりも安く手に入る商品がある」、「日本よりゆったりとした生活ができる」、「家が広い」、「バカンス休暇がある」など、生活面で日本にはない海外のいいところを挙げる人が多いです。

海外生活は確かに不便なことも多いですが、いいところもたくさんあります。不便さではなく、いいところを見つけられる人が海外永住を決意する傾向にあるといえます。

日本食や日本のモノ、ヒトに比較的アクセスしやすい

海外永住を決意する人は日本を懐かしく思うことはあっても、恋しく思うことはないという人が多いですが、その秘密は適度に「日本に触れられる」環境にあることのようです。最近は海外でも日本食レストランや日本食スーパーなどが充実しており、昔よりもずっと日本への距離が近くなったといいます。

インターネットのおかげで、日本にいる家族や友人とも簡単に連絡できるようになりました。このように、“適度に”日本へアクセスしている海外在住者は海外生活そのものが充実している傾向にあると思います。

日本での人間関係がわずらわしい

海外生活に慣れた人のなかには「日本での人間関係にストレスを感じる」と言う人も少なくありません。確かに、日本社会では町内会の行事やお歳暮&お中元など、海外ではあまりみられない“半強制的な”人間関係が多いように思います。

また、海外で一生よそ者の外国人として扱われるのは辛いという人もいますが、その反面、外国人になったからこそ楽になることもあります。海外では現地の人との行き違いがあっても、お互いに「文化が違うから」で流せてしまう部分があるからです。YES・NOがはっきりと言え、外国人として生きることに居心地の良さを感じる海外在住日本人はとても多いです。

日本や日本に住む人を第3者的な目で見るようになった

海外在住者は帰国した時に、日本に住む人をどこか第3者的に見てしまうようになるといいます。だからといって自分が日本人であることには間違いないのですが、海外に慣れようという努力をしてきたあまり、今度は日本に戻ると反対に適応するのに苦労するという人もいます。

日本に住む人と同じ視点に立つというよりも少し引いたところで見るような感覚になります。自分の育った日本をどこか第3者的に捉えてしまう自分に気が付いた時、日本よりも海外の方が自分の居場所だと感じてしまうようです。

《日本人が外国人になるメリットとは?》

仕事や留学などで海外に住むと、当然ですがその人は外国人になります。海外では色々と初めての経験をすることになるのですが、外国人になることも、日本では得られない経験です。「外国人という立場」は何かとデメリットが多いのも事実ですが、その立場を楽しむ姿勢は、海外生活を送る上で重要じゃないかと思います。

海外生活を経験した私が感じた、外国人になるメリットを併せてお伝えします。

【ちょっとしたことで喜ばれる】

レストランでの注文やタクシードライバーとの会話などの際に、ちょっと現地の言葉を使うだけで、大抵いい反応が返ってきます。

「外国人なのにベトナム語はなしてるぜ」という具合で、興味を持ってもらえます。日本にいても同じですね。例えば外国人に道を聞かれたとき、へたくそでも頑張って日本語で聞いてくる人は好印象なはずです。

他にも、現地の文化にちょっと理解を示すだけでも、「外国人なのにわかってるなコイツ」と喜んでもらえたりします。

【空気を読まなくてもいい】

外国人なので、現地の人から見たら変わった身なりや、おかしな言動があったとしても、あまり気にされないように感じます。「あいつ変だけど外人だし」で済んでることも少なくありません。

また、日本のように空気を読んだり遠慮して黙っていることが、良しとされているわけありません。それでは何考えてるかわかんないやつ、としか思ってもらえません。

もちろん現地の人たちも、その国なりの考え方で場面に合わせた行動や発言はしています。例えば中国人やベトナム人は、目上の人の前では日本人以上に発言や行動に気を使う傾向にあると思いますし。ただ、外国人であれば、それをあまり気にしすぎなくても大丈夫です。

「面子をつぶさない」「宗教絡みの内容と下ネタは慎重に発言する」「感情的にならない」。これらのポイントだけはしっかりおさえて、どんどん思ったことを主張していってください。

《番外編:求められるのは自立心!日本人をカモにする日本人には要注意》

海外生活で最も求められるのは、安易に人を頼らない自立した心です。馴染みのない土地、ましてや日本から遠く離れた外国ではわからないことばかりです。少しでも知っている人がいれば心強いものですが、結果的にそれがアダとなり、思わぬトラブルに発展することもあります。

日本人が最も弱点とするのは「紹介」という言葉に弱いことです。何十年来の友人に紹介されるのならまだしも、知り合いが少ない海外では、何回か顔を合わせただけの人の紹介でも簡単に信じてしまう人も多いでしょう。現地の外国人なら言葉の問題もあってそれなりの警戒感を持って接するのですが、現地で会った日本人となれば、すぐに気を許してしまうのが実情です。

顔見知りだけの相手や紹介された人の身元を調べることもしないのが、トラブルに見舞われた人に共通している点です。

悲しいことですが、海外には日本人に近づいてお金にしようという日本人もいることを心しておきたいですね。海外経験が豊富な人の口から決まって飛び出すのは「一番信用できないのは日本人」という言葉なのです。

まとめ

いかがでしたか?あなたも海外で活躍したいと思いませんか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  2. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  3. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP