【海外移住・海外転勤】渡航前に準備しておくべき事-前編

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

american-expats-working-abroad

海外移住する前の準備ってけっこう大変です。あれもこれもしなくてはいけないし、事務手続きもあるし、日本に帰って来る日までのことを考えないといけません。今回は、そんな悩みをお持ちのあなたに、海外移住する前に準備しておくべきことを大公開します。これから海外移住したい方は、参考になさってください。

海外移住する前に

海外移住する前に、しなければならないことのTODOリストを作りましょう。

準備は意外と忙しく、何日前までにしておくべきことなどもあります。忘れてしまうとその後の計画に支障をきたす恐れもありますので、自分がしなければならないことをリスト化して1つずつ消していくようにすると忘れることがありません。

以下のリストは、海外移住と同時に引っ越しし日本の拠点を移す人(なくす人)向けのものですので、日本の家をそのままに出来る方や、住民票が実家にある方などは、適宜リストから削除して準備してください。

何事も、まずは情報収集

hnck8404

【移住先の情報収集】

まず海外移住の第一歩ですが、様々な情報を集めておくと自分が何を準備しなければならないかが見えてきます。 会社から赴任する場合は、ある程度の情報を教えてくれますが、フリーランスとして移住する場合は自分で情報収集する必要があります。

現地のブログを調べたり、友人に直接聞くと大体の情報を知ることが出来ます。「海外赴任navi」や、「海外いろは」などで情報を集めておくのも良いでしょう。

移住先の情報をネットで探すこともできますし、「地球の歩き方」などで仕入れておくこともできます。「地球の歩き方」などのガイドブックは1冊あると、現地に行ってからも重宝します。

手続き関係を把握しておく

ここでは、海外移住前に手続きしておくべきものを紹介したいと思います。

passport-istock_000002201490_large

【パスポート】

まずは、なくてはならないのはパスポートです。 まだパスポートを持っていない方は今すぐ取りましょう。通常1周間くらいかかりますが、パスポートがなければ、ビザも航空券も予約できません。何はともあれパスポートが命です。

気をつけたいのは、残りの有効期間です。 国によって、パスポート必要残存有効期間が異なります。期限ギリギリで入国して不法滞在とならないための措置です。

それぞれの国で、どのくらいの有効期間が必要なのかは、「ビザ必要国・不要国とパスポート必要残存有効期間」で説明されていますので確認しておきましょう。 米国に渡航するときには「ESTA」の提出が義務付けられています。

visa

【ビザ】

日本のパスポートは世界的にも信頼性が高く、ノービザでも30〜90日の滞在が認められています。国ごとに異なりますので「ビザ必要国・不要国とパスポート必要残存有効期間」をお確かめください。

これよりも長く滞在してい場合や、海外に移住するとなるとビザが必要です。ビザの形態は各国によって異なります。

また法律改正などで、ビザの有効年数、出国回数などが変わる場合がありますので、お気をつけ下さい。

o-injection-facebook

【予防接種】

アジアや南米・アフリカなどの国に移住する場合は予防接種を受けておいたほうがいいでしょう。 ワクチン投与から何日間は他のワクチンと投与できないなど、時間的な制約がありますので、こちらも早めに確認しておきましょう。

img_2912

【転出届・転入届・郵便転送届】

今住んでいる家を引き払い、引っ越しする場合は転出届が必要です。

まず、市区町村役場の窓口で転出届を書いて提出し、転出証明書をもらいます。本人または世帯主が行いますが、代理人も可です。 転出届の提出の目安は早くても2週間前くらいです。

もらった転出証明書をもって、新しい引越し先の市町村役場に行きましょう。新たな住所に住み始めた日から14日以内に、転出証明書と転入届を引越先の窓口へ出してください。これにより住民票の移動が完了します。

同一市区町村内での移動の場合は、引越して住み始めた日から14日以内に転居届を出さなければなりません。 同時に、郵便局に行って郵便転送届を出しておきましょう。 転送届を出しておくと、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送してくれます。

ただし海外への転送は行っていません。ここが悩みどころです。日本の住所に送られた郵便物のうち中には海外まで送ってほしいものもあるでしょう。日本の家族や親戚に郵便物の管理をお願いするのが最も現実的ですが、そうでないなら一般の郵便転送サービスを使うと良いでしょう。

【家をそのまま残しておく場合】

自宅等を残したまま海外で住みたい時には、家の管理をどうするかが悩みどころです。親族や友人に代わって管理してもらうのも一つの手です。

moving-house-v-1

【引っ越し手続き】

引っ越しするとなると、行政手続だけでなく、引っ越し会社の見積もりをとったり、不要品の処分などを行う必要があります。 最近ではトランクルームを借りて一旦置いておき、日本帰国後に解約するというケースも増えています。

how-to-write-a-letter-of-explanation-to-the-irs-with-samples

【海外転出届】

海外転出届は住民登録窓口にパスポート持参し移動届に記入するだけですが、届を出すと住民登録がなくなり住民票が取得できなくなります。帰国して住民登録を復活させるには、新住所地の住民登録窓口にてパスポートと戸籍抄本、免許証など持参の上転入届に記入するだけ。 また転出届は出国予定の2週間前から届け出が受付され、転出先の住所が確定していない場合は国名と都市名の記入のみとなっています。

すなわち、海外転出届を出すメリットは住民税や国民年金、国民健康保険を支払う義務が免除になることです。具体的に言うと、国民年金は任意で加入できますが、国民健康保険は強制的に抹消となります。

その結果、国民健康保険を使って海外での傷病の払い戻しを受けることはできなくなります。ただし、国民健康保険で補償されるのは、国外の滞在が 1年以内の状態で、海外で医療機関に治療費を支払い、帰国後自分で手続きした場合。日本での治療費に換算した7割が補償されます。気をつけておいて欲しいのが「日本での治療費に換算した7割」というところ。「支払った治療費の7割」ではありません。日本は医療費が特別安い国。北米やヨーロッパなど医療費が高い地域などでは何の足しにもならないくらいの少額です。例えば、盲腸の手術を行った場合の治療費は、日本では30万円から40万円で、アメリカでは350万円から400万円と言われています。

ここをどう捉えるかです。

海外保険に入っていれば国民健康保険を使う必要はなくなりますが、日本一時帰国時に医療を受けると全額負担となります。一部の人たちは、一時帰国した時に病院を使いたいことから、海外転出届を出していません。

driving

【運転免許証更新】

気をつけておきたいのが、運転免許証の更新期間です。 通常、はがきで通知されますが、海外にいるため受け取ることができません。万が一忘れていたとしても失効後3年以内は「やむを得ず失効」という理由で再交付されますが、忘れずに期間内に更新しておきましょう。

通常、「運転免許証に記載されている有効期限の2ヶ月前から」更新を行うことができますが、その期間海外にいるなどやむを得ない理由がある場合は、前倒しで更新することも可能です。なおこの場合、パスポートの提出が求められますのでお気をつけ下さい。

o-couple-driving-away-in-a-car-facebook

【国際運転免許証】

移住先で車を運転する予定の方は、忘れずに国際運転免許証を取得しておきましょう。

各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などで申請できます。警察署で発行を受ける場合には、発行に2週間程度かかる場合がありますので、注意してください。

rav4hybrid-01

【自家用車の処分】

自家用車を知人や家族に使ってもらう場合以外に売却するときには手順を踏む必要があります。

自動車を売却する場合、1.実印、2.印鑑証明書1通、3.自動車税の納税証明書(当年度分)、4.車検証、5.自賠責保険証書、6.実印を捺印した委任状(指定用紙)、7.実印を捺印した譲渡証明書(指定用紙)が必要となります。

車を手放す場合にはできるだけ高く売却し、海外生活の資金としたいところ。幾つかの中古車ショップや車買取サイトで見積もりをとってみるといいでしょう。

kids2

【子供の転校手続き】

私には子供がいないので、詳しくは分かりませんが、お子さんと一緒に海外移住する場合は海外転校の手続きが必要です。 詳しくは最寄りの教育委員会や学校と相談しておきましょう。

while-abroad

まとめ

前編いかがでしたか?渡航前にしておくべき情報収集、役所手続きなどについて紹介してきました。

後編では、「準備しておくべきもの」「解約しておくべきもの」を紹介していこうと思います。併せてお読みください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  3. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP