まるでおとぎの国~アルベロベッロのトゥルッリを訪れて

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

011

とんがり屋根だらけの町トゥルッリ

アルベロベッロは南イタリアのプーリャ州バーリにある人口約1万人の小さな町です。地名であるアルベロベッロとは「美しい樹」という意味があります。「トゥルッロ」と呼ばれる伝統的な家屋が約1500軒あることで知られていて、白壁に円錐形の石積み屋根を載せた家屋は、16世紀から17世紀にかけて開拓のために集められた農民によって造られたものです。

アルベロベッロのトゥルッリとして1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。

まるでおとぎ話の世界に出てくる小人の国に迷い込んだかのような錯覚を感じることができます。そのため、観光地として人気スポットでもあります。

013

トゥルッリとは?

トゥルッリとは複数形で、本来トゥルッロと呼ばれていて「屋根1つ部屋1つ」という意味があります。屋根の修復時期は約100年に1回と言われています。修復するには屋根を全て外し、岩をちょうどいい大きさに割ってから石を積み重ねていきます。その際、石と石の切れ目の上に石の中心を積み重ねていかなければ雨漏れの原因となります。この作業は熟練された職人技を要するため専門の職人さんがいるのです。

なぜこのような形になったかというと、17世紀前半この地の領主コンヴェルサーノ・ジャンジローラモ2世により、農民の家は解体しやすいよう簡易に建設するよう命じられました。その理由は2つあり、1つは反抗的な農民を懲罰するため、もう1つは課税対策であったといいます。領主はナポリ王国に対して家屋に応じた税金を納めなければなりませんでした。徴収官が来ることがわかるたびに屋根を壊し税金逃れをしていたというわけなのです。

012

トゥルッリの絵文字

トゥルッリを見たことがある人は気づいているかもしれませんが、屋根にいろいろな模様のようなものがあります。トゥルッリの屋根にあるシンボルは住居者なら誰でも描くことができるのです。石灰によって神話的・宗教的なシンボルがそれぞれの家に描かれています。住人が何に信仰しているかによって描かれているものが違うのでそういったところも楽しみ方の1つかもしれません。

016

アルベロベッロを代表するトゥルッリ屋根のサンタトニオ教会

アルベロベッロといえばトゥルッリ群が有名ですが、町を代表する教会は旧市街のモンテ地区の丘の上にあるサンタントニオ教会(Chiesa Sant’Antonio di Padova)で唯一のトゥルッリでできた教会です。ギリシャ十字型設計という縦と横の長さが同じ十字型の内部になっていて、高さは21.5Mです。アルベロベッロの伝統的手法で1926年に建てられました。町の守護聖人、聖コズマと聖ダミアーノの双子の聖人が祀られています。地元の人々や観光客には「トゥルッリの教会」として知られています。

この教会の隣には同じくトゥルッリで作られたホテル”サーラ・サンタントニオ(Sala Sant’Antonio)”があります。訪れた際はぜひ宿泊してみてはどうでしょう。

015

町の人たちで賑わうメイン広場・ポポロ

ポポロ広場は町の人たちの憩いの場でメインの広場でもあります。朝早くから夜遅くまでとにかく賑やかです。あらゆる年齢層の人達が、憩いにやってきます。午後一番は静かなのでゆっくりしたい人はその時間を狙って行きましょう。広場の近くには、「カーサダモーレ」といってアルベロベッロの町が領主から独立した1797年に「自由の象徴」として初めてモルタルを使って建てられた家があります。観光インフォメーションとして使われていますが、最近では写真や絵の展示会場としても利用されています。

町の外れの人気のない場所に市民墓地があるのですが、侮るなかれ。この墓地は、ヨーロッパの市民墓地の中で、外観がもっとも美しいと評価された墓地なのです。内部の高い所からは、澄んだ青空を背景にオリーブの緑が見渡せます。少し気味悪いかもしれませんが、勇気を出して行ってみましょう。内部が気になる人は誰かを連れて行くと心強いかも。

014

賞味期限1日!?幻のチーズ・ブッラータ

観光を終え、ぼちぼち疲れも見え始めたら旅の食事のお供にプーリア名物のチーズ・ブッラータを是非食べてみてはどうでしょうか。

その作り方はモッツアレラチーズを良く伸ばして袋状にし、細かく切ったモッツァレラチーズと生クリームを入れて包みます。チーズの中にチーズを入れるなんて贅沢の極みともいえますね。オリーブオイルをかけて食べるもよし、はちみつをかけてデザート感覚で食べるもよし。迷って決められない人はどっちも食べるのが一番。袋をフォークで切ると中からトロトロのクリームとチーズが溢れてきます。食べてみると意外にも生クリーム感はなく、濃厚なミルクを味わっているような感覚です。しかも、賞味期限は当日限りなので訪れた人だけに味わえる至福の時が待っています。幻のチーズと呼ばれる所以が分かりますよね。チーズ好きなら必ず食べるべき一品ではないでしょうか。

017

まとめとして

バーリまでは国内線が出ているので飛行機行けます。ナポリからはバスで行ったほうが早いでしょう。バーリに着いてからはバーリ中央駅の一番奥のホームがsud-est線という私鉄になっているのでそれに乗って約2時間ほどでアルベロベッロに着きます。5月から7月と9月から10月がベストシーズンです。夏は日差しが強いので長袖や日焼け止めなど持参しましょう。

アルベロベッロに着いたら小さな町なので1日あれば見て回れます。しかし、せっかくなのでトゥルッリのホテルに泊まり、町の人たちの生活を味わってみては?そして町並みや景観をゆっくりと楽しみましょう。いつもと違った感覚や感情が湧き出てきて新しいことをひらめくかも。そうすれば今以上に楽しい旅になるかもしれませんね。あなたもおとぎ国に迷い込んでみてはどうでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  2. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  3. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP