もっと楽に生きられるかも?!フランス生活が合う日本人の特徴7つ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

maxresdefault

あなたが日本で生まれ育った100%日本人だからと言って、日本が世界で一番住みやすい国だとは限りません。自分に一番合う国は日本ではなく海外だ、と信じている人もなかにいるでしょう。ひょっとすると、あなたに一番合う国は遠いヨーロッパの国、フランスかもしれません。

そこで今回は、「こんな人は日本よりフランスで生活したほうが楽に生きられる」と思う人の特徴を7つ紹介しようと思います。これに当てはまる人はフランスで生活を始めても、違和感を感じることなく馴染んでいけるかもしれません。

enjoy-life-2

人生は楽しむためにあると思う人

フランス人は日本人よりも、「人生は楽しむためにある」という人生観を持っている人が多いです。食事時間が世界で一番長く、有給休暇の取得率が世界で一番高いのも全てこの「人生を楽しみたい」という欲求にルーツがあるように思います。仕事や勉強ばかりの人生ではつまらない、人生には楽しむための時間が必要だと考えている人は、フランス人の人生観がしっくりくるかもしれません。

しかし、注意しなければいけないのは、他人の“人生楽しみたい欲求”も受け入れなければならないということ。バカンス期の8月に、かかりつけ医や薬局が休んでいても文句は言えません。市役所で長蛇の列ができていても、まるまる1時間のお昼休憩をとる役員に文句は言えないのです。

日本人から見ると“怠惰”に思えることも、フランス人にとっては悪気が全くなく、ごく当たり前の権利だと思っています。これをすんなり受け入れられ、自分も人生楽しみたいんだ!と言える人はフランス向きです。

maxresdefault-2

ありのままの自分を貫く人

フランス人はファッションの分野でも、流行よりも自分のオリジナリティを貫きます。世間一般で良いとされているものより、自分が良いと思うものに価値があるのです。価値判断は他人でなく、あくまで自分です。他人の意見に振り回されたくない、ありのままの自分でいたいという欲求が強い人はフランス向きでしょう。

逆に、他人の意見がどうしても気になってしまう人は、フランスでは不安を感じることが多いかもしれません。他人がどう思うと、自分がいいと思っているのだから良い!と、胸を張ってオリジナリティを追求できる人は、日本よりもフランスのほうが伸び伸びできるでしょう。

shutterstock_299382308

いいかげんな人

フランス人は適当です。約束の時間に遅れてくるのがスタンダードで、届くべきものが届かない、言ったことをやってくれない、故障したものがなかなか修理されないなど、不便なことがしょっちゅうあります。その度に、イライラするのではなく、「まぁいいか」、「しょうがない」と軽く流せる人はフランス向きです。

細かいことを気にせず、ルールを破られた場合でも許せる性格の人は、自分自身が“いい加減”な場合が多いです。自分も適当な人間だという自覚があるので、他人の適当さを受け流せます。反対に、何事もきっちりしていて、決められたルールに忠実、他人のミスをなかなか許せない人は、フランス生活ではストレスが溜まることが多いでしょう。

日本は時間に厳しすぎると日頃から感じていたり、何事もちゃんとしている日本人の環境に息苦しさを感じる人は、適当でいいかげんなフランスのほうが向いているかもしれません。

speak-up-pic-1230x597

自己主張ができる人

フランス人は議論好きです。特に、他人に流されることのない、独自の自己主張ができる人は高く買われます。フランス人は自分の考えを相手に伝えることで、人との距離を縮めようとします。また、相手の意見を聞き、相手を理解しようと努めます。つまり、フランス人にとって自己主張とは円滑なコミュニケーションを進めるための重要なツールと言えます。

日本では相手と違う意見を言うと角が立ってしまいますが、フランスではこのような同調圧力はありません。他人の意見にただ同調する人よりも、自分の考えを、自分の言葉で論理的に説明できる人のほうが能力が高いとみなされます。ですので、日本で他人の意見に同調するのが苦手という人は、フランス人とは自由に会話ができるので、精神的に楽になれるでしょう。

how-to-get-a-megaphone-vocal-effect

押しの強い人

フランスでは“押しの強さ”も必要です。理不尽な目にあったり、クレームを言わなければいけない場面が日本よりも多いので、こういう時には引き下がらない押しの強さが必要になってきます。

フランス人は頼まれたことしか基本的にしないので(頼まれたことすらしない時もある)、どこへ行っても与えられた情報で満足するのではなく、自分からあれこれ質問して聞かなくてはなりません。相手の言われたとおりにする素直な人間よりも、少々嫌な顔をされても、自分の主張やリクエストを押し通せる人のほうが、フランスでは世渡り上手です。

日本で「押しが強い」と言われたことのある人、迷惑そうな顔をされてもひるまない人は、日本よりもフランス生活のほうが合っているかもしれません。

11052_1280x800

自立した人

これはフランスに限った話ではないですが、海外生活をするなら精神的自立が必要不可欠です。人に頼るばかりでなく、自分でどうにかしようとする人や、一人の時間を楽しめる人は海外生活でもうまくやっていけるでしょう。

また、海外では、知り合って仲良くなった日本人が帰国したり、別の国へ引っ越したりで別れを頻繁に経験することになります。人との別れとは辛いものですが、こんな時にも明るくポジティブにいられる人は、海外生活向きでしょう。

フランス社会自体も、人に依存しない自立した人を良しとする傾向があります。気分が落ち込んだり、孤独感を感じた時にでも、自分でどうにか身体と精神の健康を保てるように努力しましょう。

20140930-cassoulet-recipe-food-lab-new-6-thumb-1500xauto-412849

フランス料理好きな人

海外で生活するとなると、現実的にはっきりと合う・合わないがでてくるのが食事。いつ何時でも日本食が手放せない人は海外生活はストレスが多いものになってしまうかもしれません。フランスでは特に乳製品を食べることが多く、魚よりも肉が主流なので、乳製品と肉、ワインが大好きという人はフランス生活向きです。また、フランス料理はバターやワインをふんだんに使ったものが多いので、胃腸が弱い人には不向きです。

逆に、フランス料理好きで、フレンチレストラン巡りが好きだという人にとって、フランスはパラダイスでしょう。味のハーモニーをクラシック音楽を鑑賞するように楽しめる人は、フランス生活は楽しいと思います。

783c2ed3801381a33205dc947a4669d4

まとめ

いかがでしたか?これらの項目に当てはまる人は、フランス向きです。しかし、実際にこれを書いた私も、フランス生活を経験していましたが、全てが当てはまるわけではありません。胃腸は弱いし、他人の意見は気にします。フランス人の長ったるい話にはイライラしますし、在仏日本人と別れる度に寂しい気持ちにもなりました。

ですが、当てはまらないところがあっても、何とかやってます。フランスに来たばかり(行く予定)で、これらの項目に当てはまらない人でも安心してください。フランスに長く居れば嫌でも慣れてきますし、あなた自身も変わることができます。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  3. 2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP