アメリカの年間祝日まとめ~祝日でその国の文化や歴史を知る

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」


旅行や留学で行ったり、仕事の取引先企業があったり、映画やドラマをよく見たり、私たちと何かとつながりが深い国アメリカ。今回はアメリカの祝日についてまとめてみました。祝日がいつか、何をお祝いする日なのかが分かると、滞在中に祝日でお店が休みかどうかの下調べや、アメリカ映画の文化的背景の理解にも役立ちます。仲の良いアメリカ人と一緒に祝日をお祝いするのもいいかもしれません。

アメリカの祝日ってどのくらいあるの?


アメリカの祝日は2種類あります。連邦政府が定める祝日「Federal Holidays」と州ごとに独自に定めている「State Holidays」です。「Federal Holidays」は、日本でいう国民の祝日にあたります。1年で10日あります。日本の祝日は16日なので、少し少ない気がしますが、その分アメリカでは祝日とは別に休暇を長く取ります。ちなみに、アメリカは祝日が土曜日か日曜日に重なる場合、祝日が土曜日の場合には前日金曜日が、祝日が日曜日の場合には翌日月曜日が休日になります。日本は日曜日に重なった場合のみ、月曜日が振替休日になります。土曜日と重なると損した気分になりますよね。

日本の祝日についてのおさらい


本題に入る前に、日本の祝日についても簡単におさらいしておきましょう。外国人に対してきちんと説明できますか?
1月1日 元日 年のはじめを祝う
1月第2月曜日 成人の日 大人になったことを自覚する日、青年を祝い励ます
2月11日 建国記念の日 建国を祝い、愛国心を養う
3月20日~3月21日 春分の日 自然、生物を慈しむ
4月29日 昭和の日 昭和天皇の誕生日 復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来を思う
5月3日 憲法記念日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を願う
5月4日 みどりの日 自然に親しみ、その恩恵に感謝する
5月5日 こどもの日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福を願うとともに親に感謝する
7月第3月曜日 海の恩恵に感謝する、海洋国日本の繁栄を願う
8月11日 山の日 山に親しみ、山の恩恵に感謝する
9月第3月曜日 敬老の日 長年社会につくしてきたお年寄りを敬愛し、長寿を祝う
9月22日~9月23日 秋分の日 祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ。
10月第2月曜日 体育の日 東京オリンピックの開会式 スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう
11月3日 文化の日 日本国憲法が公布された日、自由と平和を愛し、文化をすすめる
11月23日 勤労感謝の日 勤労を尊び生産を祝うとともに互いに感謝しあう
12月23日 天皇誕生日 天皇の誕生日を祝う

アメリカの祝日「Federal Holidays」


それでは、1つ1つの祝日について解説していきます。

1月1日 New Year’s Day(元日)

日本と同じく元日はお休みです。殆どの会社がお休みになりますが、ショッピングモールやレストランは1月1日でも通常営業していたり、営業時間を短縮してお店を開けている所も多いです。日本のように年末年始休暇はなく、1月2日からは普段どおりです。

1月第3月曜日 Martin Luther King Day(マーティン・ルーサー・キング・デー)

黒人公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の誕生日(1929年1月15日)です。キング牧師の成し遂げた業績とアメリカ国民の平等と権利、人権などの問題を考える日です。

2月第3月曜日 Presidents’ Day(プレジデント・デー)

大統領の日という祝日です。2人の大統領の功績を称えるために制定されました。2人の大統領とは、初代大統領ジョージ・ワシントンと、第16代大統領エイブラハム・リンカーンです。2人とも2月生まれです。

5月最終月曜日 Memorial Day(メモリアル・デー)

戦没者追悼記念日という祝日です。もとは南北戦争で亡くなった兵士を追悼する日でしたが、現在はアメリカのために亡くなった全ての戦没者を追悼する日となっています。

7月4日 Independence Day(インディペンデンス・デー)

アメリカ合衆国の独立記念日です。1776年7月4日にアメリカ独立宣言が採択さました。あちこちで花火が打ち上げられ、国全体でこの日を祝います。最もアメリカらしい祝日です。

9月第1月曜日 Labor Day(レイバー・デー)

労働者の日という祝日です。日本の勤労感謝の日にあたります。

10月第2月曜日 Columbus Day(コロンブス・デー)

コロンブスが北アメリカ大陸を発見、到着したことを記念する日です。

11月11日 Veterans Day(ベテランズ・デー)

退役軍人の日という祝日です。もとは第一次世界大戦の休戦条約締結日(1918年11月11日)を記念した祝日でした。5月のメモリアル・デーと似ていますが、こちらは復員軍人を称える日です。

11月第4木曜日 Thanksgiving Day(サンクスギビング・デー)

感謝祭です。秋の恵みに感謝する日です。アメリカに住みはじめた最初の移民たちが初めての土地で収穫できた農作物を祝ったことに由来します。移住の際に助けてくれたネイティブ・アメリカンに感謝の印として宴に開きました。この日は家族で過ごすため、殆どの会社が休みです。お店やレストランも休業か営業時間を短縮しています。感謝祭の翌日も休みにして木曜日から日曜日までを4連休にする会社も多く、帰省する人も多いです。7月の独立記念日に次いで、アメリカ全土がお祝いモードになります。食卓には、七面鳥、マッシュポテト、グレービーソース、温野菜のソテー、クランベリーソース、パンプキンパイなど感謝祭特有の料理が並びます。

12月25日 Christmas Day(クリスマス)

日本でもお馴染みのクリスマスです。この日は殆どの会社が休みです。お店やレストランもクリスマスイブの24日の夕方頃から閉店し始め、25日のクリスマス当日は休みになります。日本のクリスマスと違って家族で過ごす日です。食卓には豪華な料理が並べられます。我々日本人はクリスマスといえば七面鳥のイメージですが、サンクスギビングデーのわずか1か月後なので、ターキーではなくローストビーフを食べる家庭も多いです。デザートにはアップルパイやデコレーションをしたクッキーを食べます。その他、マッシュポテトや温野菜のソテーなどはだいたいサンクスギビングデーと一緒です。また、クリスマスに欠かせないのがエッグノッグ(Eggnog)です。卵、牛乳、砂糖など混ぜた超高カロリーのドリンクです。
もちろん、全ての人がクリスマスをお祝いするわけではありません。日本では「Merry Christmas」が浸透していますが、宗教的意味合いが強いのでアメリカでは「Happy Holidays」を使うようにしましょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

まとめ


以上、アメリカの祝日を簡単にまとめてみました。日本と比較してみると、日本の祝日はかなり独特ですよね。海の日、山の日、春分に秋分、自然に関する休みが多い気がします。祝日を知ることは、その国の文化や歴史を知ることにも繋がります。機会があったら是非、アメリカ人と一緒になって祝日をお祝いしてみてはいかがでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 2025km、61日間の思い出写真…
  2. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  3. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP