アメリカ人直伝!日本人がアメリカに住むなら知っておくべきこと

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

life-in-america1

日本ではアメリカのドラマがますます人気になり、アメリカ人の生活もずっと身近なものとして感じられるようになりました。しかし、私たち日本人がアメリカに住むとなるとビックリ衝撃を受けてしまうこともあります。

そこで今回は日本に詳しいアメリカ人がアドバイスする「日本人がアメリカ生活をするなら知っておくべき10のこと」を紹介します。なかには本当かな?と疑ってしまうものもありますが、アメリカ人から見た日本人像を反映しているという意味でもなかなか興味深いです。アメリカ生活に興味がある人、憧れている人には必見の情報です。

hamburger

食事に期待しないで!

日本ではご飯茶碗に汁物椀、主菜皿に小鉢など、多くの皿を使って食事をしますが、アメリカはもっとシンプルです。みんなで食事をするテーブルの真ん中にドンと大きなボールや大皿をおいて、それを各人が”dinner plate(ディナープレート)”と呼ばれる皿に取り分けて食べるというのが一般的なスタイルです。

さらにアメリカの食べ物は大味で繊細な味の違いなどはあまりなく、日本人の好きな「かくし味」が使われていることはほとんありません。伝統的なアメリカ料理というものはなく、ハンバーガーだけが例外ですが、これも家庭で食べることはあまりないです。日本のように四季に合わせた食事などをすることはなく、アメリカ人は基本的に甘くて、脂肪分が多く、高カロリーの物を好みます。日本人はアメリカでの食事にガッカリしてしまうかもしれません。

よっぽどのアメリカかぶれでも、日本で生まれ育った人には苦痛になる日がいつかは来るでしょう。

man-driving-to-work

アメリカ人は交通ルールを厳守する

アメリカ人は交通ルールにとても厳しい国民です。日本人はアメリカ人の交通マナーに圧倒されてしまうかもしれません。アメリカでは信号のある交差点でも、渡るときは必ず一時停止しなければなりません。

「我、先急げ!」という人は日本に比べて少なく、一部の例外を除いて、制限速度を必ず守ります。アメリカは車社会なので、車に関するルールは非常に厳しいのも頷けます。

hip-hop-fashion-designers

ヒップホップ系ファッションはしないで!

日本ではヒップホップ系のファッションをしても周りの人は”かっこいい”と受け入れてくれますが、アメリカではストリートギャングの一員だと勘違いされ、思わぬトラブルを招いてしまうかもしれません。

アメリカでは日本のように治安が良くないので、人通りの少ない場所やスプレーでの落書きが多い場所、ヒップホップ系のファッションをしている若者が多い場所は避けた方が無難です。

drinking-alcohol

お酒をたくさん飲める(お酒に強い)→だから何?

日本では「自分はお酒をこんなに飲める」と誇らしげに語る人がいますが、アメリカ人ではこういう自慢をする人はあまりいません。このような自慢はアメリカではむしろマイナスで、セルフマネージできない人だとみなされてしまいます。

酔っぱらうためにはたくさんのお酒を飲まなくていけない人は軽蔑の目で見られることもあり、アルコール依存症だと思われてしまうかもしれません。

boozy-yoga-vacations-cover-photo

何曜日であっても「余暇」がある

アメリカでは学生も、サラリーマンも、主婦もみんなフリータイムを持っています。日本人のように仕事ややらなくてはいけないことに忙殺されることなく、ジョギングやサイクリング、テニスなどを楽しむ時間があります。

日本では土日以外の曜日でこのような自由時間を持てることがあまりないように感じます。アメリカに住んだ場合、あなたも仕事の後にヨガを楽しんだり、ショッピングを堪能する時間ができるかもしれません。

quotationmarks

皮肉に慣れるべし!

アメリカ人がよくやるジェスチャーで、両手Vサインの指をクイックイッと曲げる動きはdouble quotation marks(ダブルクウォーテーションマーク)と言うものです。会話の中で「いわば」とか「いわゆる」とか括弧つきでものを言うときに使い、皮肉やブラックジョークを言うときに使う人が多いです。

このジェスチャーの意味がわからないでいると、もともとブラックジョークの少ない日本人には笑いのツボが理解できないかもしれません。

smile-teeth-wallpaper-1

大口を開けて笑うべし!

日本人女性が笑うときは口元に手を当てて笑います。日本では大口を開けて笑うことは行儀が悪く、男は歯を見せて笑うなと言う人もいます。

しかしアメリカでは大口を開け、大きな声で笑う人がほとんどです。というのもアメリカでは、笑い声や顔を隠そうとする行為は秘密話を連想させるから。アメリカ人を不快な気分にさせてしまうかもしれません。日本の行儀が通用しない場合がほとんどです。アメリカにいるときは、アメリカ人と同じように、素直に大口開けて笑ってしまいましょう。

o-line-facebook

スーパーのレジ前は積極的に友だちをつくる場なり

アメリカのスーパーのレジは日本のように高速回転しません。自分の番が来るまでの待ち時間がとても長いです。

私は日本に行くまでアメリカ人は気が短いと思っていましたが、日本に行ってみてアメリカ人はむしろのんびり屋だと気がつきました。そんなアメリカの混雑するレジ前には、知らない客同士が列の長さについて話が始まることもしばしば。スーパーのレジ前で友だちになる人もいます。積極的に外に出向き、出会いのチャンスを逃さないようにすることが、アメリカ生活を楽しくさせる秘訣といえるでしょう。

soda_machine_01-jpg62688cff-3950-4020-b96e-7cbadb387afforiginal

米国の自販機にはガッカリすること間違いなし

アメリカの自販機で売られている飲み物はどれも炭酸飲料で、そのほとんどがコーラです。とてものどが渇いているときに自販機でジュースを買って飲むと、炭酸ガスのおかげで余計にのどが渇いたり、気持ちが悪くなってしまいます。

そう思うと、日本の自販機では、水やお茶、コーヒーに紅茶、温かいもの冷たいものが揃っていて感心させられます。

think-positive

失敗大歓迎!アメリカ人は楽観的なんです!

日本では間違いをおかしたり、失敗することはよくないという潜在的な認識があります。特に、人前での間違いや失敗は、恥辱的であると考える人が多く、やりたいことがあっても失敗を恐れるあまりやらないという選択をする人が多いです。

反対にアメリカでは、間違いや失敗することそのものはいけないことでも何でもなく、人が間違うのは当たり前であり、失敗して当然という気持ちが根本的にあります。間違いや失敗を考えるより、「とにかくやってみよう」という興味や好奇心が常に先に出るため、通常の生活で何か行動する時、やりたいことはまず実行するという人が多いです。なので、アメリカでは、何をするにも恐れないでください。自分が正しい、やりたいと思うことを一生懸命すれば評価だれたり、賛同してくれる仲間も自然と現れます。決して億劫にならず、自己主張。これは日本人が苦手なことですが、アメリカで生きて行く上での掟です。

nyc_boston_header

まとめ

いかがだしたか?アメリカで充実した生活を送るためには、日本人らしさよりも、「いかにアメリカ人に馴染むか」がキーポイントとなってきます。

しかし、決して日本人らしい謙虚さや奥ゆかしさは捨てないでくださいね。アメリカかぶれになりましょうという意味ではありません。郷に入れば郷に従えということです。

ぜひ楽しいアメリカ生活をお送りください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  3. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

新着記事

  1. 横断歩道を渡りましょう!歩行者と車との安全を守るための横断歩道。世界中の人々がは何気なく…
  2. 台湾にノービザ滞在(90日)して語学の習得や転職のリフレッシュメントはいかがですか?近代的で…
  3. ハッピーリタイアをして海外で悠々自適に暮らしたい。そうした中高年層が増えています。定年後の自…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP