アメリカ入国のルール変更により入国拒否!?あなたは大丈夫?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

2016年1月より、アメリカ合衆国の入国条件が変更されています。

せっかく取得したESTA(ビザ免除のための米国の電子渡航認証システム)が無効になってしまったり、
最悪の場合は入国拒否されてしまう可能性もありますので、是非チェックしてみてください。

【何が変更になったのか】003

(photo by Ethan Rogato)

今回の変更は、「ビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法の施行」です。

つまり、パリ同時テロの影響を受けて、アメリカ入国のルールが変わったということです。
テロ対策とはいえ、日本人にも当てはまるルール変更です。

以下の条件に当てはまる人は、アメリカ入国のために取得したESTA(米国の電子渡航認証システム)が無効になってしまうかもしれませんし、最悪の場合は入国を拒否されてしまうかもしれませんので、気をつけてください。

【この4ヶ国に入国暦がある人】

004

過去5年間にイラン、イラク、スーダン、シリアのいずれかに入国したことのある人は、ESTAによる米国入国ができません。
つまり、2011年3月以降にこれらの国に行った人が対象です。

また、二重国籍者でいずれかの国の国籍を持つ人も同様です。

【当てはまった人は…】

安心してください、この条件に当てはまったからといって、アメリカに入国できないという訳ではありません。
ビザ免除処置が受けられないだけですので、アメリカ大使館や領事館に行き、入国ビザを発行してもらうことで入国できます。

【当てはまらなかった人は…】

もし身近にこれからアメリカへ行こうという人がいたら是非この情報を教えてあげてください。

また、
せっかくですので、これをキッカケにあなたが持つESTAの状況を確認してみてはいかがでしょう。

【あなたのESTAをチェックする方法】

006

(photo by GotCredit)

せっかくなので、この機会にあなたのESTAをチェックしてみましょう。

方法はカンタン。
あなたのESTAが今も有効かどうかは、ネットですぐに調べることができます。

010

(photo by the Department of Homeland Security)

ESTAが有効かどうかを調べる作業は、たったの3ステップ。

1.ESTAウェブサイト(https://esta.cbp.dhs.gov/esta/)を開く。
2.「CHECK EXISTINGS APPLICATION」というページにすすむ。
3.申請者の名前、生年月日、パスポート番号、パスポート発行国を入力する。

これだけであなたの持っているESTAが有効かどうかがスグに分かります。

【最後に】

念のため、ESTAの有効期間をおさらいしておきましょう。

・基本的にESTAの有効期限は2年。
・ただし、パスポートの有効期限がそれより早い場合は、ESTAも同時に無効になってしまいます。

パスポートを新しく更新したら、ESTAも再申請しなければならないということですね。

安心安全のアメリカの旅をお楽しみください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  2. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  3. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP