dirty-england-flag

イギリス周遊旅行におすすめのモデルルート①

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

dirty-england-flag日本人に人気のある国「イギリス」。日程に余裕があるなら、ロンドン観光だけではもったいないです。 ロンドンを起点にイギリス各地をまわるのはもちろん、ヨーロッパ各国へ気軽に足を伸ばせるのも、日本から直行便がたくさん出ている「ヨーロッパの玄関口」イギリスならではの魅力です。

イギリスは飛行機、鉄道、長距離バス(コーチ)など公共の交通機関が比較的発達しているので、ロンドンから国内主要都市へは半日もあれば移動できます。もしレンタカーを借りられるなら、さらに行動範囲は広がります。

1800x1000-london-england

イギリス旅行の人気周遊コース

人気のコースは、コッツウォルズのかわいい村々や世界遺産のストーンヘンジを訪れる周遊プラン。ぐっと北へ移動して、ピーター・ラビットの故郷である湖水地方を回るのも人気です。ロンドン近郊なら、「英国の庭」と呼ばれる南東イングランドの絶景を堪能しつつ、田舎町でアンティーク探しも素敵。そして、イングランドとは全く異なる魅力を発見できるスコットランドやアイルランドへ足を伸ばすのもオススメです。

駆け足で回るなら、イギリス国内の大抵のデスティネーションはロンドンから日帰り旅行も可能。また、ロンドン発の1~3日間程度のパッケージツアーも豊富に揃っているので、好みに合わせて旅のパーツを組み合わせると、効率よく充実した旅になるでしょう。

またロンドンからは、イギリスとヨーロッパ大陸を結ぶ列車「ユーロスター」が出ていて、フランスのパリやベルギーのブリュッセルへは約2時間で到着します。さらに、ロンドン郊外の空港からはヨーロッパ各都市へ格安エアラインが飛んでいて、ラッキーなら往復1万円以下でイタリアへ行けたりもします。

ロンドンを起点とした旅のプランは無限大です。 今回は、国内の人気デスティネーションを訪れるイギリス周遊コースを紹介していきます。

entry-36-image-1-cotswold-views

定番!コッツウォルズと世界遺産・ストーンヘンジ

ダントツ人気なのがこちら、コッツウォルズ地方(Cotswalds)を含むコースです。ロンドンからは約200キロ、車で約2時間半。のどかな丘陵地帯に、まるでおとぎ話の世界のような可愛らしく美しい村々が点在しています。

一つ一つの村はこぢんまりしていて徒歩でもじゅうぶん回れる規模ですが、このエリアは公共交通機関が不便なので、レンタカーでまわるのがベスト。オックスフォード(Oxford)もしくはバース(Bath)を起点に村々をホッピングするのが、一番効率のよい方法です。いずれの都市も、ロンドンからは車で約2時間、列車では約1時間。運賃は片道11ポンドから。

コッツウォルズの村はそれぞれに違った魅力があるので、どこに立ち寄るかはお好みでセレクト! どの村も素敵ですが、人気の村をいくつか紹介します。

■カッスル・クーム(Castle Combe)
14世紀ごろからの街並みが今も残る、英国で最も保存状態のよい村のひとつ。まるでおとぎ話のような風景で、映画「スターダスト」のロケ地にもなりました。バース(Bath)から車で20分程度と、比較的アクセスが容易なのも魅力。

バイブリー(Bibury)
ウィリアム・モリスが「英国でいちばん美しい村」と賞賛したと言われる村。小川に沿って17世紀からの家並が見られる「アーリントン・ロウ」が有名。

チッピング・カムデン(Chipping Campden)
この地方独特のハチミツ色の壁とかやぶき屋根の家並みが人気。中世の面影を残す、かわいらしい村。

ブロードウェイ(Broadway)
コッツウォルズの中では一番大きな村。アンティークのお店やレストラン、ホテルなどが多いので、ここを拠点にするのも便利です。

もしレンタカーが難しい場合は、ロンドン発着のパッケージツアーを利用するのも手です。世界遺産となっている謎の巨石群、ストーンヘンジも近いので、コッツウォルズとストーンヘンジを合わせたツアーが豊富に揃っています。

grasmere-lake-lake-district-cumbria-england

ピーター・ラビットの湖水地方

絵画のように美しい風景が広がる湖水地方は、ピーター・ラビットの生まれ故郷として有名な、人気のデスティネーション。雄大な自然と洗練された文化の共存する湖水地方は、世界中の人々に愛される魅力あふれるエリアです。

時間の余裕があるなら、ぜひ雄大な自然の中を歩くトレッキングを。湖と山々の織りなすダイナミックな景観、森の中の巨大な洞窟など、変化に富む景色が魅力で、トレッキング初心者でも安心して歩けるコースが充実しています。

ロンドンからは車で約6時間、列車では約3時間半(運賃は片道36ポンド~)。コッツウォルズ同様小さな村が点在しているので、レンタカーがあると便利ですが、なくても大丈夫。ウィンダミア発着のガイド付きツアーも便利です。

ウィンダミア(Windermere)
湖水地方観光の拠点となる村。ロンドンからウィンダミア駅までは列車で約3時間半。

■アンブルサイド(Ambleside)
「ピーター・ラビットのおはなし」の作者、ビアトリクス・ポターのヒル・トップ農場は、ここにあります。周囲に風光明媚な散策コースが多く、トレッキングの拠点としても人気の村。

■ホークスヘッド(Hawkshead)
環境保護のため車の乗り入れを禁じ、昔ながらの街並みがきれいに保存されています。ポターや詩人ワーズワースゆかりの場所も。

ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画「ミス・ポター」は、もちろん湖水地方の各地で撮影されました。旅行前に映画を見て、ロケ地巡りも楽しそうです。

3059650

英国の庭、南東イングランド

イングランド南東部のケント州には、「英国の庭」と言われる美しい風景が広がります。イギリス式庭園が有名な古城や貴族の館も多く、ゆったりとした、エレガントなイギリスらしさを満喫できます。

ロンドンから列車で1時間のリーズ城(Leeds Castle)は、別名「貴婦人の城」とも呼ばれるエレガントなお城です。建物の内部もさることながら、広大な庭園が特に有名で、「イングランドで一番美しい」とも言われています。通年ツーリストの絶えない人気スポットだけに、最寄り駅からの送迎バスも整っていてアクセスが便利です。列車の運賃は往復約19ポンドから。

リーズ城だけでなく、シシングハースト城(Sissinghurst Castle)やヒーバー城(Hever Castle)など、「名園」と名高い庭園を持つ古城が点在しているので、庭園巡りをテーマにドライブするのも良いですね。

このほか、歴史ある大聖堂の街カンタベリー、「くまのプーさん」の舞台となったハートフィールドの森、中世の港町ライなど、みどころが沢山です。

 visit-central-england

まとめ

いかがでしたか?安く移動する方法なども紹介しました。イギリス旅行の参考にしてみてはいかがでしょうか。次回パート②は、さらにディープなイギリスモデルルートを紹介していきます。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_2078
    コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  3. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. 6870882811_70f64b880f_b
    海外旅行は、安い買い物ではありません。年に数回休みの連休に行けるかどうかだと思いますが、その…
  2. shutterstock_278348879
    旅行に行くと、写真にしろ、動画にしろ、膨大な量の記録となります。昔はカメラだけのツールでした…
  3. chi-carol-sente-crowdfunding-1871-20150302
    最近では自分の個性を活かしたテーマを持って、世界を巡る旅に出る人が非常に多いように感じます。…

注目記事

  1. sss9
  2. kh8
  3. cave-wallpaper-13

ピックアップ記事

  1. P1060441
  2. Egypt
  3. ZurichSwitzerland
  4. フィリピンショーで笑顔歌い笑う人たち
  5. s0
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP