インターネットビジネスで独立・開業する方法(まじめな話)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

man with laptop on colorful beach of island

このページに初めてたどり着いた人は、「旅を仕事にするプロジェクト」のページからどうぞ。

旅を仕事にするプロジェクトは、旅そのものが仕事です。ですがコンセプトは「自由」。自由な仕事について様々な方向から情報を配信しています。

「自由な生き方、live free」を実現する仕事。

僕らは、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。

インターネットビジネスで独立・開業する方法

自分の能力や社会の世情を読み取り、これからはインターネットビジネスだ! とその可能性に真っ直ぐにかける人もいるだろう。

しかし、インターネットビジネスへと興味を向ける人には、現状に多少なりとも不満を持っている傾向がある。

会社員として勤めているが、収入は伸びず、仕事にも面白みがない。主婦で自分の自由になる時間もお金も少ない。パートやアルバイト以外の職に就くことができない。引きこもり。

理由や状況はさまざまでも、このままでは生活が成り立っていかない、または不満ばかり、不安ばかり。そんな状況だからこそ、インターネットビジネスに惹き付けられやすいようだ。

インターネットビジネスは儲かる?

Internet business

インターネットの世界は、仮想空間的でもあり、そこの住人になることで、あらゆる夢が叶ってしまうような錯覚を憶えることがある。

インターネットビジネスという言葉にもそんな魔法が多少はかかっているようで、このビジネスに思い切って飛び込めば、儲かるに違いない、そんな迷信めいた考えをどこかに持ってはいないだろうか?

インターネットビジネスは確かに、大きな可能性のあるビジネスである。今後もその可能性は縮小ではなく拡大方向へと進んでいくといわれている。

しかし、「インターネットビジネス=儲かる」の図式が成り立つとは限らないことは、誰もが分かっているはずだ。どんなビジネスにも「絶対」はない。

インターネットビジネスには、多くのチャンスが転がっていそうだとしても、その分ライバルは多い。インターネットビジネスで独立し、開業したとしても、熾烈な争いを勝ち抜いて初めて、「儲かるインターネットビジネス」の成功といえるのだ。

では、成功者となるためにインターネットビジネスへと乗り出すポイントはどこにあるのだろうか?

どのインターネットビジネスがいいか

誰にでも得意不得意はある。できることなら、得意分野を仕事にした方がプラスになる。しかし、必ずしもそうはいかないことの方が多い。ではどうするか。

まず、自分にとっての優先順位をはっきりさせよう。少額でもいい、収入を得ること、または、何かしらの仕事に就くことが優先なのか、それとも、多少の時間がかかったとしても、大きな収入へとつなげることが望みなのか。それによって、参入するインターネットビジネス分野が変わってくる。

また、どんな分野を選んだとしても、会社勤めのように、所属していればある程度の保障と実収入が得られるわけではない。個人で独立・開業するということは、自分が考え、自分が動き、自分が努力しなければ、良い結果はついてこないのだ。

自分が始めたい・始められる、適したインターネットビジネスを選ぶことが、成功への第一歩といえるだろう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

集客・アクセス数

analysis

どんなビジネスにも、「需要と供給」のバランスが存在している。インターネットビジネスでも、「需要」を拾い上げない限り、「供給」することができず、売上にはつながらない。

この需要を拾い上げる手段として大切なのが、集客数だ。客の数が多ければ、それだけ、買ってくれる人も増えるはずだという単純な図式である。この集客数が、アフィリエイトやネット販売などの場合は、アクセス数とほぼイコールとなる。

客層の絞り込み

不特定多数の集客はインターネットビジネス上の基本である。しかし、狙った商品の売り上げを目指すならば、それに加えて、ターゲット(客層)を絞り込む必要性が出てくる。

アドセンス広告のように、掲載し広告が表示されただけで収入につながる方法のみを利用するなら、客層はあまり問われないが、アドセンス広告だけで独立・開業し、運営していくのは非常に難しい。その単価が低いため、膨大な数のサイトに膨大な広告を掲載していく必要があるのだ。

そうして、サイト数ばかりを増やした結果、管理が疎かになれば、アクセス数はあっという間に落ちていく。しかし、個人で始めたインターネットビジネスであれば、数十・数百というサイトを生かし続けるのは至難の業だ。

そこでやはり、扱う商品やアフィリエイトに合わせ、客層を絞ったサイト作りをしていくことが重要となるのだ。

会員登録数・メルマガ登録数・ブログ購読者数

集客方法の有力な手立てとして考えられるのが、会員登録サイトを立ち上げること、またはメルマガの登録数を増やすこと、ブログの購読者数を増やすことなどがあげられる。

無料会員登録は固定アクセス数を得る最短の道ではあるが、さすがに会員登録サイトの立ち上げは、初心者にはハードルが高いかもしれない。その場合、アフィリエイトとして無料会員登録サイトを利用し、そのノウハウを学びながら収入も得ていく方法を取ることもできる。

一方で、メルマガ・ブログは、魅力ある内容の文章で、ニーズとターゲット層を絞った商品紹介ができれば、購読者を増やすことができ、売上につなげることもできる。

リンク集・新着情報への登録

立ち上げたインターネットビジネスサイトはもちろん、メルマガもブログも、宣伝しなければ、訪れる人は増えない。偶然立ち寄った一見客を頼っていては、売上は上がらない。

積極的な相互リンクや検索ワードとしてヒットしやすいコピーライティングも、アクセス数アップにつながるため、手を抜けない。

こうしてせっかく、時間をかけ、商材代金をかけ、知恵を絞って作り、書き上げたものを、より多くの人の目に触れるよう、メルマガランキング・メルマガ紹介サイトなどへの登録を行っていくことも大切だ。

安心感

インターネットビジネスは実体を持たない。にもかかわらず、アクセスしてくれた客に、街に店を構え、品物を手に取って確認できるのと同様の安心感を与える必要がある。

まずは、そのビジネス内容そのものの信用度が問題となってくる。見た目に怪しいサイトにたどり着いた時、例えそこに気になる商品があったとしても、いざ購入となれば、不安を憶えるのは当然だろう。

安心の大半は見た目で判断されている。それだけに、サイトを制作したり、メルマガ・ブログなどを書いたりする際には、その「形」にこだわる必要があるのだ。

もちろん、この見た目には内容も含まれる。運営者・取扱商品・そこに貼られている広告内容・リンク先など、内容にある程度の統一性があることが大切だ。

いろいろなものの寄せ集めのようなサイトは、一見おもしろそうに見えても、信用性に欠けると判断されることが多く、要注意だ。

目新しさ・楽しさ

どんなに内容の良いサイトであっても、変化のスピードが速いインターネット界の波に乗り遅れているようでは、アクセス数をキープし続けることは難しい。

メルマガ・ブログも、発行頻度が少なければ、それだけチャンスを逃し、例え毎日発行していても、その内容が陳腐では、読む気にならずにゴミ箱へと捨てられてしまうか、購読を取り消されてしまう可能性もある。

店舗を構えていても、店を清潔に保ち整理整頓しておくのはもちろん。商品陳列やチラシ・ポップなどにも気を使い、季節やさまざまなイベントに合わせて変化を持たせることで客足を止める工夫をする。

インターネット上の店舗であっても、それは同じ。形は違えど、何かしらを売って対価を得るというビジネスである以上、対価を支払う価値ある商品を取り揃え、常に新鮮さを持たせることも重要なのだ。

価格バランス

アフィリエイトを選ぶにも、物販商材を選ぶにも、むやみやたらと選んで貼り付けていけばいいというものではない。

サイトの内容に合わせるのはもちろん、メルマガやブログでは紹介文を書く必要もある。自分にとって、ある程度身近であり、紹介できるだけの情報を持ち合わせていなければ、クリックへと結びつける内容を作り出すのは難しい。

そして、特にコンテンツや物販商材といった、目に見える対価支払が生じるものを扱うならば、その価格も重要なポイントとなる。

事前にある程度絞り込んだ客層、サイトやメルマガの内容、物品商材の原価などを総合的に検討して、妥当である以上に安い価格でなければ、ネット通販を使ってまで購入するところへ導くことができない。

すなわち、せっかくアクセスがあっても、客が「高い」と感じてしまったら、クリック購入へと結びつかないのだ。

やるからにはやる!

インターネットビジネスを始めると決めたなら、やれることは当然全て、無理かもと思うことであっても、やってやるつもりで取り組むべきだ。

ちょっと試してみよう、やれるところまでやってみよう、できるかどうかわからないな、といった、やり通す意思の弱い状態で始めても、結果はまずついてこないと考えたほうがいい。

楽して稼げるかのように、うたわれることの多いインターネットビジネスだが、やれること全てをやって、それだけのシステムを作り上げたなら、そこから先はそれまでよりも楽して稼げる、そう考えるのが正解だ。

だからまずは、やる! そして、次にもっとやる! さらに、とことんまでやる! の信念でインターネットビジネスを極めるくらいの勢いを持つことが大切だ。

半年から1年、さらに3年の長い見通しで

インターネットビジネスに参入したほとんどが、月の収入がゼロのまま終える。一部は、月数千円のお小遣いを稼ぎだすが、そのために消費する時間と手間とのバランスが取れず、ドロップアウトしていく。それでもしがみついて必至に続けている人の中には、月数万円程度の副業としてなら成立していることもある。

ほとんどの参入者は、数か月で諦めていく。しかし、数か月はまだ情報集めと勉強の真っ最中といえる。どんなに短くても、半年、できれば数年先まで「やる!」覚悟で臨みたい。

本業でなくとも真剣に

インターネットビジネスに興味を持っても、すぐに本業として全ての時間と労力をそれに割けるとは限らない。

会社員として勤めながら、自営業と並行して、また主婦としての日常に追われながらなど、さまざまな事情から、重心の配分は変わってくるだろう。

しかし、たとえ本業としてではなくても、片手間ではなく真剣に取り組むべきだ。確かにインターネットビジネスは先行投資が必要なく、失敗しても大きな痛手を被ることがないという手軽さを持っている。だからといって、軽い気持ちで始めれば成功する確率も低いのだ。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  2. ※写真:World Travelスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP