ギリシャアテネ・サントリーニ島に長期滞在。約2週間住んでみた感想(まとめ)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ATHENS-ACROPOLIS

トルコから陸路でギリシャに入った。出だしからギリシャの人間が嫌いになった。

どこの国に行っても日本人はサービス精神のなさや不親切、無愛想に驚くのだが、ギリシャ人ほど冷たい人種はいないと思う。

こういう事を書くとブーイングが来ると思うので嫌なのだが、この記事を書いているのはすでに世界二周目のカンボジアで書いている。

つまり色々な国に行って、いろいろな人種と出会って、出した結論だ。

アメリカ人の横暴な態度は笑い飛ばせる、アジア諸国の強引なキャッチも笑い飛ばせる、中国人の身勝手さもまあ見逃せる。だけど、ギリシャ人の態度はまったく笑えない。完全に毎度頭にくる。特に女性が。

レストラン・チケットカウンター・スーパー・ホテルフロント・タクシー・道端の人・新聞売り、子供も大人もすべての人々が誠に不親切で態度が悪い。中国人に間違われているのかと日本人をアピールするも、態度は変わらない。

ヨーロッパ自体がそうなのかと疑ったが、隣のイタリアに入った瞬間に人間が変わった。まあまあ、親切だ。

遺伝子的な問題でギリシャ人はこういう人種だと途中から思うようにした。

エーゲ海の島、サントリーニ島に滞在した時は親切な人も何人か出会った。だけどやっぱり頭にくる事件も多発した。例えば子供が突発性の熱をだし苦しそうに道端で蹲っている。

数台のタクシーに事情を説明して急いでホテルに帰えりたいと頭を下げても、方向が違うといってスルー。車で5分のホテルにもまともに行けないありさま。

その事件以来、完全に切れた。ギリシャ人に対し愛想笑いも出来なくなってしまった。

まあ、こういう思い出はあとになって忘れない良い思い出になるんだけど。

今となっては笑って話せるからね。

暮らしにくい国っていうのは、その分思い出が増える。アクシデントやつらい体験は記憶に強く残るから。

そういった面ではギリシャという国は僕らに大きなものを残してくれた。

世界一マズイだろうギリシャの食事も脳裏から離れることがないし、エディルネからアテネまでの何のヘンテツもない長距離トレインもなぜか記憶から消えない。

チケットカウンターの死ぬほど態度の悪いネーちゃんや、怒鳴り合いから取っ組み合いの喧嘩になったタクシーの運ちゃんも、今となっては最高に面白い思い出になっている。

自炊をしたりとか、楽しいことを探したりとかいろいろな工夫をしながらの滞在だったから、ある意味一番旅人らしい体験ができた国だったかな。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  2. ※写真:World Travelスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP