シャーロック・ホームズ好き必見!?ホームズゆかりの地を歩いてみる

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

050

世界一有名な名探偵?

数々の難事件を解決した名探偵として、世界的に有名な「シャーロック・ホームズ」。

小説を読んだことがない人も一度は耳にしたことがあるはず。推理作家アーサー・コナン・ドイルの小説に出てくるシャーロックホームズシリーズの主人公であり、架空の探偵で相棒のワトソン博士と事件を解決していく物語です。モデルはコナン・ドイルの大学時代の恩師とされています。あまりの人気ぶりに多くの人がホームズのことを研究し続けています。そのため、イギリスではホームジアン、アメリカや日本ではシャーロキアンと呼ばれる愛好家たちがいます。そんなホームズが活躍した舞台、イギリス・ロンドンを紹介します。

053

ベイカーストリート

ベイカーストリートはロンドンの中で最も有名な通りです。ベイカーストリート221bといえば、ホームズが相棒ワトソン博士と同居していた下宿先です。実際には221bの住所はないのですが、ホームズが住んでいた町をゆっくり歩いて浸るのもいいでしょう。ベイカーストリート駅のプラットホームでは、駅名の隣にホームズのシルエット。小さなホームズのシルエットが集まったタイルで出来ています。ホームズ好きにはたまらないスポットのひとつです。駅を出ると、カフェだったり雑貨屋だったりと、町の至る所でホームズを見ることができます。そして世界一有名な私立探偵、シャーロック・ホームズのブロンズ像もここベイカーストリートに建っています。ここでは多くの観光客がホームズとの記念撮影に訪れます。

052

シャーロック・ホームズ博物館

ベイカーストリートにあるシャーロック・ホームズ博物館。緑の看板に『Sherlock Holmes Museum』と書いてあり、外は基本的に行列になっているのですぐに見つけれます。

5階建ての家が博物館になっていて、階段には様々な写真が飾ってありイギリスの歴史を感じさせてくれます。階段を上って行くとヴィクトリアン様式のベッドルームやリビングなどがあり、アンティークの調度品たちが良い雰囲気を出しています。その他にも、小説に出てきた登場人物の蝋人形が飾られていたり、ホームズが調査に使ったアイテムや事件解決のカギになった証拠などが飾られていて多くの人たちが写真を撮っています。当時のイギリスの生活がどんなものだったのかを感じながら回ることでより一層楽しめることでしょう。

シャーロック・ホームズ博物館はとても小さな建物のため、限られた人数の入場となっています。行列が出来ている可能性は高いですが、ロンドンに訪れた際は是非訪れることをオススメします。

054

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

ニュー・スコットランドヤード

イギリスの首都ロンドンに所在するロンドン警視庁のことでスコットランドヤードの愛称として世界中で広く認知されています。当時、グレート・スコットランド広場(ヤード)に面していたため、スコットランドヤードと呼ばれるようになりました。シャーロック・ホームズやエルキュール・ポアロなどの探偵小説に登場するお馴染みの建物です。現在はウェストミンスターのブロードウェイ街に位置します。

049

ハイドパーク

ホームズシリーズの数々の作品に出てくるハイドパークはロンドンに8つ存在する王立公園の1つです。公園内で最も古くから残る部分はイーバリー卿の荘園跡で、この荘園の面積は1ハイドあったとされ、それが公園の名前の由来とされています。

1851年には世界初の万国博覧会であるロンドン万国博覧会の会場となったことでも有名です。

ロックコンサートも頻繁に開かれていてローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどが公演を開いています。

055

シャーロックホームズ/sherlock holmes pub

ウェストエンド地区のチャリング・クロス駅周辺にあるシャーロックホームズは、いつも地元の人や観光客で大人気のパブです。このホームズパブは1階がパブになっていて、2階はレストランになっています。レストランと併設してホームズの部屋も再現していて、自由に見学することができます。

『バスカヴィル家の犬』でヘンリー・バスカヴィル卿が英国に渡り、ダートムアに行く前に泊まっていたノーザンバランド・ホテルだった建物になっています。

フードやドリンクはたくさんあり充実しているので、軽食からしっかり食べたい人まで幅広い客層の人たちが集まってきます。色々な種類のビールやワインなども揃っているので単にお酒が飲みたい人も楽しめる場所になっています。

048

ビッグ・ベン

ロンドンと考えた時に、多くの人が思い浮かべる建物のひとつではないでしょうか。世界遺産に登録されている国会議事堂の時計台で、イギリスで最も人気の観光スポットです。「ビッグ・ベン」の名で親しまれていますが時計台の正式名称は「クロック・タワー」です。しかし、エリザベス2世の在位60年を記念して「エリザベス・タワー」に改名されました。

日本でお馴染みの「キーンコーンカーンコーン」のチャイムはビッグ・ベンの鐘のメロディが基とされています。正式な曲名は「ウェストミンスターの鐘」と言います。

実はビッグ・ベンは毎日少しずつ傾いていると言われていて、今では目で見て分かるほど傾いています。

まとめとして

今回はシャーロック・ホームズにポイントを当てて紹介しましたが、数多くの小説や映画などで舞台になっているロンドン。自分の好きな小説や映画、アーティストのMVなどを探して足を運ぶとより楽しめることでしょう。

他にもたくさんの観光スポットがありますが、町には様々な様式の建造物が建っています。それがどの時期のどんな様式の建物か、見ながら散歩するのもイギリスならではの楽しみ方です。

EU離脱が決定し、各国にも大きな影響を与え先行き不安なイギリス。特にロンドンには各国の金融機関が揃っているため、これらの企業が出て行ってしまえば、経済的に厳しくなってしまいます。しかし、歴史や文化、美しい建物は変わることなくあり続けます。そんなロンドンの町の様子をゆっくりと堪能してみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  3. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP