img_0-3

スペインの首都!マドリードおすすめ観光スポット5選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

マドリードってどんな街?

img_0-3

今回ご紹介する街はスペインの首都マドリードです。スペインの観光地といえばバルセロナが世界的にも非常に人気です。しかし、スペインの魅力はそれだけではないのです!スペインの首都であるマドリードにもたくさんの行くべき場所、見るべきものがあります。今回はそんなマドリードのおすすめ観光スポットを5つご紹介します。

おすすめ観光スポットをご紹介する前に、まずは簡単にマドリードについてご紹介したいと思います。マドリードは人口が約325万人ほどもいる欧州でも有数の大きな都市です。スペインの中央部に位置していて、市内にはサンサナーレス川が流れています。日本語では一般的にマドリードと呼ばれていますが、スペイン語では「ド」がほとんど発音されず、「マドリー」というように言うのが通常だそうです。英語などの発音の影響を受け、日本でも「マドリッド」と呼ばれることもあります。

マドリードは古代ローマ時代からあった都市で非常に歴史が深い街です。ルネッサンス期にうsペイン王国の首都として宮殿がここマドリードに置かれ、栄華を極めていきました。そんなマドリードでは、歴史的な建造物や街並みも、そして貴重な美術作品も、首都としての近代的な街並みもどれも楽しむことができます。

1.プラド美術館

wien-0609a

プラド美術館はマドリードにある美術館の中でも最も有名なものの1つです。このプラド美術館では歴代スペイン王室のコレクションが展示されています。スペイン皇室の歴史はもちろん、栄華を極めたスペイン王室の非常に貴重なお宝を存分に楽しむことができます。

この美術館はメインの建物となるビリャヌエバ館とその東側に建てられたヘロニモス館とで構成されています。スペインが特に栄えていた時代の王、フェリペ2世とフェリペ4世によって王室のコレクションの基礎は集められたようです。それらの王室コレクションは主にメインのビリャヌエバ館に展示されています。ヘロニモス館は主に特別展示などに使われています。

スペイン王室のコレクションが集まっているのは、首都ととして栄えてきたマドリードならではですよね。マドリードに観光に来た際には、ぜひ訪れてゆっくり回ってほしい美術館です。

2.王宮

ga21

マドリードにあるこの王宮は「マドリード王宮」または、「オリエンテ宮」とも呼ばれます。歴代の王族が住んだ歴史と威厳のある王宮です。現在では、国王はマドリード郊外にあるマドリード王宮よりも少し小規模なサルスエラ宮殿で暮らしているようなので、今は王族が住んでいるというわけではありません。しかし、国の重要な行事などでは今だに使用されているそうです。

このマドリード宮殿、ヨーロッパでも最大の大きさなのだそう。この宮殿の向かいにはアルムデナ大聖堂があったり、アルメリア広場が広がっていたりと観光の中心地として賑わっていることはもちろん、市民にもマドリードの象徴的な場所として愛されています。

もちろん宮殿内を見学することも可能で、ロココ調の家具などと一緒にいくつかの部屋を見ることができます。見学可能な部屋は宮殿全体のごく一部ですが、宮殿がとても広いため、ゆっくり見て回るのにはある程度の時間を見ておくと良いでしょう。

3.国立ソフィア王妃芸術センター

src_10116087

国立ソフィア王妃芸術センターはピカソの名作「ゲルニカ」が展示されていることで有名な美術館です。単にソフィア王妃芸術センターと呼ばれることも多いです。この美術館ではピカソをはじめとして、ダリ、ミロなど20世紀現代アートを数多く所蔵しています。

しかも、この美術館が魅力的なのは時間や曜日によっては無料で入場が可能なところです。平日の夜、19時以降、そして日曜日は無料で利用が可能です。旅行へ行くと美術館や博物館、歴史的施設への入場料でかなり出費がかさむもの。無料の時間や曜日を狙って訪れればそんな心配もせず思う存分楽しめますね。

この国立ソフィア王妃芸術センターは、最初にご紹介した王室のコレクションが展示されているプラド美術館とも近くに位置しているので、一緒に訪れて楽しんで見るのが良いかもしれないですね。2つの美術館をまとめて訪れて、じっくりと美術品の美しさや華麗やに浸るのも憧れます。

4.レティーロ公園

16628494-crystal-palace-at-retiro-park-madrid-spain-stock-photo

レティーロ公園もマドリード観光には欠かせない、非常に人気があるスポットです。マドリード市内の大きな公園で訪れる人すべての憩いの場となっています。公園の大きさはなんと125ha。街の中心部に大きな公園があるのがなんともヨーロッパらしくて落ち着きます。

公園内には、ボートに乗ることができる大きな池などもあります。ベラスケス宮殿、クリスタル宮殿などの豪華な建築物もなんと公園内にあるのです。その規模や豪華さは、イメージする公園とはまた少し違ったものかもしれないですね。

レティーロ公園には有名な芸術家たちによる作品もならんでいます。建築家、ホセ・グラセス・リエラによって作られたモニュメントや庭園が公園内にいくつもあります。その他にも悪魔を題材として世界で唯一の彫刻である堕天使の像やガラパゴスの噴水なども公園内にあります。ただの公園としてだけではなく、ちょっとした美術館に行くような気分で訪れても楽しめそうですね。

5.サン・イシドロ教会

p1070318

最後にご紹介するのは、サン・イシドロ教会です。サン・イシドロ教会はスペインで最初のイエズス会の教会として知られています。スペイン語で大きな広場という意味のマヨール広場のすぐ近くにあります。最初はイエズス会の教会でしたが、18世紀後半にイエズス会が追放されるようになると聖人イシドロを祀るようななったそうです。そのため、サン・イシドロ教会と呼ばれています。

建築物としては、2つ塔を持つ作りが特徴的です。ロマネスク様式の教会です。その他にも霊廟の天井画も壮大かつ繊細で見応えがあります。レオン国王に関する品々が展示されていたりもするので、ぜひ一度は訪れてみたい場所ですね。

このサン・イシドロ教会で祀られている聖人イシドロ。実はいくつもの不思議な伝説が語られる人物です。彼は貧しい農民だったそうですが、食べ物を恵んでほしいと言われたときにもう少ししかない鍋の中身を全て分けてあげたところ、鍋の中身が満杯になっていたのだとか。その他にも井戸に子どもが落ちてしまった際に助かるように願ったら、井戸の水が上昇してきて子どもが助かったというような伝説もあります。

スペインの魅力を満喫しよう

madridいかがでしかた?今回はスペインの首都マドリードのおすすめ観光スポットを5つご紹介してきました。マドリードの魅力がわかっていただけたでしょうか?スペインならではの文化も、その歴史もぜひマドリードに訪れて満喫してみてください。一度訪れたら、その優雅な街並みと街の雰囲気にはまってしまうはずです。他のスペイン国内の観光地や近くのポルトガルなどと合わせて訪れてみても良いですね。自分なりにプランを組んで最高の旅行にしてください。ぜひ、その際にはこの記事で紹介したスポットも訪れてみてくださいね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_8150
    一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  3. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…

新着記事

  1. step-inside-the-nasir-al-mulk-mosque-located-in-shiraz-iran-here-an-array-of-stained-glass-windows-transport-visitors-to-a-colorful-paradise
    皆さんは、イランという国についてどんなイメージを持っていますか?イランには、ペルシャ…
  2. cuba
    世界一周をしている人たちに例えばこんなアンケートをしたとします。「今、行っておくべき…
  3. istock_000018967843medium
    世界には何千という言語が存在していて、私たちが世界共通語として教えられている英語は、実は世界…

注目記事

  1. People
  2. Europe
  3. screen-shot-2012-10-03-at-6-13-07-pm

ピックアップ記事

  1. IMG_2950
  2. du00
  3. ea0
  4. akinekko060901
  5. 000
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP