スリランカ ニゴンボのBarで出会った人と魚釣りに行ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

IMG_8223

ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断られて、探すのに本

当に苦労している。お酒はワイン・リカーショップでしか購入できず、すべて常温なので部屋でも飲めないから過酷です。

そしてやっとのことで見つけた一軒目。 バーのウエイターのラクシャン(写真の男性)はとっても気さくで、娘たちとも仲良くな

って一緒に絵を描いたり、ボールペンを くれたり、TVを子供向け番組に変えてくれたりと子供が好きなんだろうなって感じ

がすごく伝わってくる。 食事が来るまで1時間くらい待たされたけど、これがスリランカ時間だからのんびり待たないとね!

他の席に座っていたお客さんと長話をしていて料理が来てないのを忘れてしまったほど話しに夢中になっていた。

話をしていると、「おしん」というドラマが夜7時から放送されているようで、みんな声をそろえてGood!!と言っていた。 日本

で放送されたのは私が当時2歳だったから勿論、記憶にはないけど、川を筏で下りながら何か叫んでるシーンは見 たこと

がある。スリランカの人は「おしん」のような人々が日本で実際に暮らしていると思っているんだろうな~って思った。 サム

ライとか忍者も本当にいると思っているみたいだし。けど、世界で最もヒットしたテレビドラマのようで、日本ってすごい と思

われているところがたくさんあるんだと改めてそう感じた。こんな出来事は旅に出て現地の方と触れ合うことが無かっ たら

知ることもできなかった事だしね。旅に出てみて良かったなぁって本当に思う。

それと、ブルースリーが日本人だと思っていたらしく、ものまねもしてくれてたけど、中国人と聞いてはっとしていた。

IMG_8224

そしてBarで出会った人たちと話しているうちに釣りの話題になり、ボートに乗せてもらえることに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日街に仕掛けを買いに行き、昨晩のBarで待ち合わせをして港に向かった。

初めて見るスリランカの船はかなりレトロで海賊船のような風貌。ものすごく大きくて帆も船も年季が入ってい

て、その船に乗ってしまったらどこか遠くに連れていかれてしまいそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真:ペットボトルに糸を巻き付け、竿のようにしてもの凄い量のキャットフィッシュを釣っていたおばちゃんや網漁をしていたおじさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、肝心の釣りはというと、生エビでナマズらしきのものが何匹か釣れてまあ楽しめた。

Barで出会った若者たちはとても親切で、私たちのために椅子も用意してくれたり、キャットフィッシュのトゲを折って子供たちが触れるようにしてくれたりした。

フィッシャーマンと名乗る男たちは自由のにおいがした。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP