セレブに会える確率大!世界のセレブ御用達スポットの紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

201701418

セレブに会いたくて世界一周の旅に出るわけではないけれど、もし会えたらやっぱりラッキー。

運の良い旅人は、飛行機の隣席に思いがけないセレブが座ったり、コーヒーショップでムービースターと同席しておしゃべりしたり、ホテルのジムや早朝の公園やビーチでランニングするセレブとすれ違ったりしています。

それってちょっとうらやましくないですか? 実のところ、チャンスはあちこちに転がっています。上手にそのチャンスを拾って、あなたの旅を少し華やかにしてみましょう。

201701415

「キットソン」ハリウッド・ロサンゼルス・アメリカ

バリス・ヒルトンやカーダシアンズが次々に現れるという話題のショップが「キットソン」。

高級すぎる店ではないため、一般人も入りやすいし、そこここに並ぶTシャツやシューズの価格も手が届く範囲。そんな店で普通にショッピングを楽しんでいれば、「あれ、あのレジにいるのはキム・カーダシアンでは?」なんてことに。

主に若手セレブたちに会えるスポットです。

201701414

「The Grove」ハリウッド・ロサンゼルス・アメリカ

映画館やレストラン、各種ショップなどの集合体モール「ザ・グローブ」も若手のセレブの目撃例が多い場所です。

ショッピングモールだけに、セレブがお買い物だけでなく、デートや家族でのお出かけ先として選ぶこともあり、彼らのプライベートな生活の様子を目の当たりにできる可能性が高いのも特徴。

特に、このモールにはスタジオが併設されているため、仕事帰りにモールをブラつくタレントも多く、アメリカ系のドラマや情報番組をよく見ている人にとっては、「あっちもこっちも業界人!」的な場所です。

201701411

「ワイキキビーチウォーク」オアフ・ハワイ・アメリカ

ハワイもまたセレブたちの保養地。日本人セレブのほうが目撃例は多いものの、世界的セレブも実はけっこう訪れているようです。

特にオアフのワイキキビーチ周辺はその過ごしやすさ、近くに高級住宅地が広がっていること、さらに波の良さから、いろんな好みを持つセレブが集まりやすい条件がそろっているようです。

ただ、ハワイの場合、ハワイ独特の雰囲気をのんびりと味わい、ショッピング楽しみ、サーフィンをして、ビーチをランニングしている海外セレブは、周囲に溶け込んでいて、ついつい日本人芸能人にばかり目がいく日本人たちには発見されにくいようです。

ワイキキ周辺に行くことがあったら、早起きをしてビーチ沿いをワーキングアウトしましょう。思わぬ大物セレブと一緒に朝活できるかも。

201701410

「1iota」アメリカ

アメリカにちょっと長めに滞在する予定のある旅人なら、自分からセレブに会いに行く方法もあります。その一つが「1iota」。

これはセレブに会えるイベントのチケットを扱うサイトで、ファンイベントとエキストラ募集の両方を兼ね備えた抽選制のチケットサイト。

音楽や映像イベント、TVプログラムなどの観客に応募するサイトといえばわかりやすいでしょうか。メールアドレスさえあれば、簡単に登録ができ、チケットが当たればその日その時間にそこへ行くだけ。

時には映画のエキストラや映画の試写会といった、「本当に無料でいいの?」というオイシイチケットも混じっています。アメリカの都市部に滞在予定があるなら、ぜひともチェックしておきたいですね。

20170148

「ラ・メゾン・ゲラン」シャンゼリゼ・パリ・フランス

言わずと知れたパリの高級ショッピング街シャンゼリゼ。古きも新しきもブランドショップがズラリと軒を並べています。ここもまた、セレブたちにとってショッピングのための大切なポイント。

ただ、シャンゼリゼ全体を範疇に入れてしまうと、セレブを狙うポイントも広すぎてしまいます。そこで、まず、一部の入場制限を行っている店は排除。これらの店では、セレブが並ぶことはありえず、入店するとすれば別枠予約で入ってしまうので、一般人が会える可能性は低くなります。次に、ニューヨークやロサンゼルスなどほかの地域でお同じものが売られているブランドショップもまたわざわざ足を運ぶ価値が薄いため、却下。

おすすめは「ゲラン」の本店「ラ・メゾン・ゲラン」。美容の美術館のような空間が作り出されていますが、ここのエステサロンも店内で扱っている商品もセレブたちのお気に入り。

エステに挑戦すればサロンですっぴんセレブに遭遇できるかも、また店内での買い物中にもエステ帰りのセレブとすれ違う可能性が濃厚です。

20170147

「Quayside Isle」セントーサ・シンガポール

セレブが現れるのは欧米に限りません。セレブだって海外リゾートライフを楽しみます。ただその多くは超豪華なホテルやリゾートで、一般人が近づくことは難しいエリアにあります。

でも、シンガポールのセントーサ島なら接近チャンスがありそう。

セントーサ島はシンガポールの中心からは車で30分弱の都会のリゾートエリア。各種アミューズメントの充実ぶりと、自家用ヨットを横付けできる住宅兼ヨットハーバー「セントーサ・コーブ」があることから、プライバシーを大切にし、さらにアジアンリゾートを楽しみたいという世界中のセレブたちが集まってきます。

おすすめポイントはこのヨットハーバーを眺めることのできる「クエイサイド・アイル」。セントーサ・コーブから徒歩5分程度という距離間なのと、洒落たレストランやバーなどが15件ほど並んでいることから、セレブたちが食事に飲みにと姿を現す確率がかなり高いとか。

価格設定はリゾートだけあって少し高めですが、味は安心の美味しさ。そしてヨットハーバービューにプラスしてセレブビューも!

このエリアのレストランには小さなプレイグランドが付属していることが多く、セレブファミリーが子連れで訪れることも。今年の家族旅行はシンガポールもいいかも?

居住者エリアは入場許可制ですが、周辺エリアはバスやタクシーなどでアプローチが可能です。また島内のホテルに滞在するという手もありますね。

20170145

「チムシャーツイ」「ソーホー」香港

数々の映画シーンに登場する香港。映画の街としての歴史も古く、撮影のためだけでなく中華系セレブも欧米セレブも香港でのちょっとディープなアジアン体験やショッピングを楽しみに訪れます。

香港はもとから小さなエリアであること、また撮影ポイントがある程度絞り込めることから、撮影中のセレブとの遭遇確率を上げやすいのが特徴。

香港内にはそういった撮影の追っかけをしている人も多く、サイトなどで情報が流れています。「今日はチムシャーツイでジャッキー・チェンが撮影中」とか「ブラピがマンダリンホテルに宿泊中」といった感じのニュースが早々に耳に入ります。

これをもとに駆け付ければ、ドラマや映画の撮影風景、ホテルで優雅にアフタヌーンティーを楽しむセレブに出会えるかも。

狙い場は九龍サイドではビクトリアハーバーを見渡せるチムシャーツイのプロムナード、女人街などの香港らしさがあふれる場所、香港島サイドならソーホーやアドミラリティやセントラルのショッピングモールのブランドショップなど。

どこも、一般人、特に日本人観光客がウロウロしていてもまったく問題のない普通のエリア。ただ、だからこそ、セレブもうまく溶け込んでいて、見過ごしてしまうこともあるので要注意です。

20170143

「羽田空港」日本

海外セレブに会えるのは何も海外だけではありません。世界一周に出かける玄関口である羽田空港は、セレブたちが仕事でプライベートで日本を訪れるための玄関でもあります。

これから世界一周に旅立つ、帰ってきた、そんな時に羽田空港のゲート付近で少しのんびりと過ごしてみませんか? かなりの確率でセレブが通り過ぎていきます。

これは各国の主要空港でも同じ。荷物のピックアップに夢中になり、どの列が一番早そうかとチェックをいれるだけでなく、そこに並ぶ人のオーラにも注意を向けてみましょう。

世界一周時に使うかどうかはわかりませんが、同じ日本国内にもう一つセレブ遭遇ポイントがあります、それが東京駅の新幹線乗り場。

羽田に到着したセレブたちは新幹線で地方へと移動していきます。もし、あなたも世界旅行の前後に東京駅を使うなら、新幹線乗り場入口で30分ほど見張ってみてください。

201701413

まとめとして

セレブも人の子。ご飯も食べれば遊びもします。そして、映画のシーンから飛び出し、TVカメラを向けられていない時にセレブは、ごく普通のプライベートタイムを過ごしているものです。

そう、その行動パターンは私たちとあまり変わらないのです。有名な美味しい店があれば行ってみたいし、おしゃれで話題な店があればショッピングに行きたい。きれいなビーチがあり、楽しいアクティビティがあればやっぱり楽しみたい。だから、そんな場所に行くときはちょっと周りに気をつけてみましょう。

実は隣に座っているバックパッカー風のお兄ちゃんがムービースターだったり、大きなサングラスと帽子で顔を隠しているツアー仲間がTVタレントだったりするかもしれません。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP