タイ プーケットに到着

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

YUI 12歳

4月24日の夕方、プーケットに着きました。

タイの空港を降りると、来るのが二回目だったけどタイの事を忘れていて、色々と勧誘が来てまたびっくりしました。

マレーシアは安全だったのでうっかりしていて、タクシーの人たちにいっぱい声をかけられてしまいました。

ホテルの送迎があったけどなぜか、電話にでなく、結局タクシーを交渉することになりました。

 

タクシー 「650バーツ!」

パパ 「ノー!」

タ 「500バーツ!」

パ 「ノー!」

タ 「400でいいから!」

パ 「エクスペンシブ!!!!」

タ 「じゃあ、いくらだ?」

パ 「150。」

タ 「ノーノーノーノーノー!そんな値段で行くわけないだろ!」

パ 「じゃあ、ノーサンキュー」

 

という会話の後、、、、

※ここからはAYA日記。

もうみんなくったくたに疲れてるけど、

地球の歩き方をよーーーーくその場で読み返し、メータータクシーなら、

手数料100バーツ+乗った距離や時間分だけで済むと思い、

出口を出て右端にあるメータータクシーカウンターへ。

 

ママ 「ホテルまでいくら?(空港から10分かからない場所。)」

カウンターの人 「4人いるし、荷物もあるから500バーツ!

 

はいっ??メータータクシーじゃないのかいっ!!

こんなことをしてたら1時間も経ってる!

もういいよ、500で~(゚∀゚)

リムジンタクシーもメータータクシーも、みんなぐるになってるみたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※ここからまたYUIです。

タクシーの人たちが、「俺が運転する、俺が。」と、みんなが言っていました。

タクシーに乗る前、みんながくすくす笑ってて「イラッ!」としました。

でも、次から絶対に負けないで勝つぞーー!と、言いました。

 

タクシーの人に、

「バーカ、アーホ」

と、暴言を日本語ではきました。

なので、次から交渉を頑張ろうと思いました。

 

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP