ツアー会社の現地係員になる方法~旅好きやノマドライフに憧れる人に最適

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

いろんな現地係員でノマド

旅行サイトやパンフレットを見ると、現地係員による「出迎え」とか「案内」といった言葉が書き添えらえていることがあります。同じツアーであっても、いわゆる日本から付き従い、旅行中ずっとサポートする添乗員ではなく、空港からまたはホテルからなど、現地の限られた部分だけのサポートを担当するのが現地係員です。

彼らは、そのツアーを主催する旅行会社の名前を背負って(時には社名付きの看板や車とともに)やってきますが、必ずしもその会社の社員ではありません。そう、駐在員ではない場合がほとんどなのです。

ではなにかというと、現地雇いの現地係員。一社専任のこともあれば、掛け持ちもあり。そんな現地係員の仕事ぶりをチェックしてみましょう。

現地係員ってどんな種類がある?

前述のツアー会社の現地係員がもっともよく知られているでしょう。ほかには、クレジットカード会社の運営するサービス事務所、保険会社、特殊アクティビティ会社、日系宿泊施設などの現地係員があります。

いずれも、日本で知られている企業や、日本人を含めた外国人旅行者対象のアクティビティなどを扱う業者が母体。その企業や業者から派遣されている駐在員がいることもありますが、多くの場合は、現地専用の現地雇い係員をより多く置いています。そして、この現地係員は必ずしも日本人とは限りません。日本語を話せることは必須条件ですが、同時に現地語や現地事情に詳しい者がより歓迎・優遇されます。そのため最近の現地係員は、日本語を話す現地人率が高くなっているように思います。

どんな人が現地係員になっている?

一昔前までは、旅行者として現地を訪れ、そこが気に入って住み着いた人、留学生アルバイトなどが現地係員としてよく見かける人種でした。それに加えて、日本語を勉強している現地学生などもちらほら。

最近は、日本語をかなり話し、文化やマナーもある程度理解する現地人、学生ではなく現地係員を職業として、それで家族を養っているような社会人が増えています。ただ、日本人旅行客の中には今でも「日本人がいい」という考えが根強くあるため、日本人現地係員の需要がなくなっているわけではありません。

私自身がこれまで旅先で出会った日本人現地係員は数十名。大きく二つにタイプが別れると感じています。

一つ目は、現地係員を自分の職として専門にしている人。彼らは現地係員とはいえ、それなりの地位を得てフリーで活躍していることが多く、あちこちの旅行代理店から引っ張りだこ状態。「難しい案件や重要な案件はあの人に頼めばいい」という、現地で頼られる存在になっているタイプです。もちろん、現地情報やコネクションも多く強く、旅行者にとっても頼りがいがあります。現地係員ツアーでこのタイプに当たると本当にラッキーです。

もう一つは、日本から飛び出ししまい今更帰れず、かといって現地企業に就職できるほど語学や能力があるわけでもない…。そんなタイプが現地係員として口を糊しているタイプ。

前者が身なりも態度もスマートなのに対して、後者は服装に乱れがあり、オプショナルツアーなどを強引に勧誘してくる傾向があります。一概にまとめてはいけないのでしょうが、似たような傾向があるのは確かでしょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

現地係員になるには?

現地係員を日本で大っぴらに募集しているのは大手だけ。中小企業は現地で募集をかけていることの方が多いようです。現地採用の現地係員の募集を探すなら、日本国内のサイトではなく、目的の国の在住者向けのサイトを覗いてみると情報を集めやすいはず。

募集が現地なら、採用のための面接なども現地の場合が多くなるのは当然のこと。中にはskype面接のみで採用・契約まで済ませてしまうところもあり、一見「楽」と思いがち。でもこれ、採用される側に、自分が就くかもしれない職業内容や仕事場の様子などが見えてきません。小さな会社では現地までの交通費を支給してくれる可能性は低いものの、「想像と違う」「話と違う」という現実に、荷物をまとめて現地入りした後で出くわしてあたふたしないためにも、少なくとも契約書を交わす前に一度現地へ出向くことをお勧めします。

現地係員の待遇は?

大手企業の駐在のようなわけにはいかないのは当たり前。どんな会社の現地係員か? 特殊能力を使う職種か? などで待遇は変わってきますが、全体的に給料がいいとはいえません。

それでも、現地企業への就職は、現地滞在のビザサポートを得ることができ、合法的な長期滞在が可能になるという利点があります。個人では長期滞在ビザが取りにくいので、これは嬉しいですね。就労ビザも同じ。

住環境は、現地次第となります。物価の安い国であれば、安くアパートメントを借りられるかもしれません。そうでなければ、ほかの社員とシェアしたり、中には、事務所に寝泊まりするというパターンも耳にします。現地係員に住宅手当を出しているところは多くありません。このあたりも、現地へ出向かないと見えてこないポイントでしょう。

休暇に関しても、年休が何日あるのか、有給休暇があるのか、取りやすいのかなども要確認。募集案内に書いてあることも、実際に蓋を開けると「実はね~」となかったことにされてしまうこともあります。逆に、いくらでも休める(くらい暇な)場合もあります。ノマド希望者であれば、このあたりの暇事情はできるだけ集めてから就職したいですね。

何しろ、現地事務所の大半は小規模。働き心地は上司や同僚次第なところが非常に大きいので、書かれている待遇内容よりも、実態を知ることが重要。やはり、足を運んで目で見て肌で感じ、同僚とおしゃべりしてから、契約書は交わすのがベストです。

現地係員の将来性は?

あくまで、現地片道切符と短中期滞在費用稼ぎのつもりなら、契約書を交わす前の待遇チェックなどにそれほど気と金を使わなくてもいいかもしれません。

実際のところ、その地で、現地係員として一生を過ごすと志す人は多くないはず。現地で勉強したい、ステップアップ就職を目指す、ノマド生活の足掛かりにしたいといった目的がある人が大半でしょう。

現地係員としての将来性を見据えて、というよりは、現地係員として現地入りして現地で働くことで、将来の可能性に結びつく何かを得たいものです。現地係員としてその道を制して、自分で現地オフィスを立ち上げる人もいます。そういう意味では将来性はあると思います。

現地係員とノマドの相性は?

悪くないでしょう。特に、旅行関係の現地係員になれば、現地に限られるとはいえ、あちこちを知る必要に迫られ、趣味と仕事を兼ねたノマドができます。

同じように旅が好き、海外長期滞在をしたい、海外で働きたいという人に出会う確率も高いでしょう。それだけ情報交換ができ、モチベーションも保ちやすい職といえると思います。

海外ノマドになりたいけれど、ノマドに結びつける職のアテがない人には、適度な刺激と収入を得られる現地係員はお手頃なスタートになるかもしれません。

まとめとして

現地係員は正社員扱いでない場合もあり、不安定な部分もあります。それでも、ノマドとして「旅」にまつわる仕事をしながら、海外で暮らすことができるという魅力が大きいのも事実。旅行関連業者だけに、自分が旅行に出る時にもいろいろと利点もあります。

あなたの場合の「現地」がどこなのかが絞り込めているなら、旅行者として現地入りして、現地係員たちを観察してみてもいいかもしれませんね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  2. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  3. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

海外の仕事・ノマドワーカーのすすめ

PAGE TOP