トマールのNibiru SacredTattooを取材~寡黙な彼はなんと!?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

p2230178

トマールのタトゥーショップNibiru SacredTattooでBruno Miguel(ブルーノ・ミゲル)というアーティストに出会うことができた。

許可をもらおうと店内に入り説明するとすぐに撮っていいよと歓迎してくれたため、早速撮影することに。

すでに仕事をしていたため初めから撮ることはできなかったのが残念だが、彼が真剣に黙々と作業している姿を収めることができた。

Brunoはリスボン出身の人でリスボンとトマールを行き来しているのだと言っていた。

実はこのショップ専属のアーティストというわけではなくフリーで活動しているため、いつ行っても会えるとは限らないため偶然出会うことができたのは奇跡ともいえる。

そして彼はまだ若いがとても素晴らしいスキルを持っていてセンスあるアーティストだった。

トラディショナルタトゥー

p2230066

彼は主にトラディショナルタトゥーと呼ばれるものを専門にして活動している。

トラディショナルタトゥーとはオールドスクールとも呼ばれていて、船や錨、コンパスなどの航海をモチーフにしたものや、動物やバラや剣などのデザインが多く人気でもあり、トラディショナルタトゥーを入れている人はよく見かけることができる。

ショップに着いたときには既にここまで仕上がっていた。

アウトラインがしっかりとしていてトラディショナルタトゥーの特徴ともいえるし、イーグルは人気のデザインのひとつでもある。

そして今まで撮影してきたショップと違い、店内のBGMは控えめでBrunoは黙々と作業に没頭していたというのが印象に残っている。

14:00になると一旦ランチタイムとなり休憩に入るということなので、15:00に戻ってくることを約束してショップを後にした。

色入れ開始

p2230079

15:00になったので戻ってみると家族全員が揃って様子を伺っていたので、これにはさすがに驚いた。

まさか家族全員で父親のタトゥーが完成するのを見に来ているなんて思いもしない出来事だったが、実は海外ではこういったことは全然珍しいことではないのだ。

以前、撮影したリスボンのショップでも娘がタトゥーを入れたいと言って、家族揃って相談に来ていたのを見かけたことがある。

この父親は上腕部の内側にもトラディショナルタトゥーが入っていてその時もBrunoが担当したそうなのだが、それが気に入ったらしく今回もBrunoにお願いして新しいタトゥーを入れてもらうことにしたらしい。

p2230094

p2230149

途中何度か色の相談をして徐々に完成に近づく。このクライアントは作業の間、ずっと平気な顔をして映画を見ていたから凄いなと思っていたんだけど、一瞬歯を食いしばっていた所を見てしまった。

撮影していたからか分からないけど、ポーカーフェイスを装って我慢していただけだったみたい。ワイルドだね。

真ん中にいるのはオーナーのJoãoであっさりと撮影許可をくれた人でトマール出身の人だ。

このショップには他にもタトゥーの種類によって専属のアーティストがいるのだが、この日いたのは二人だけ。

p2230159

午後からは約1時間ほどの作業を行い、ついに作品は完成した。トラディショナルタトゥーの定番カラーを使い見事に仕上がっている。

シンプルなブラックアンドグレイも良いがこういった風に色が入ることでとても鮮やかになり、また違った良さが見えてくる。

どんな風に色を入れたいとかは素人では難しいから、そこはアーティストのセンスにかかっていると思うんだけど、Brunoはセンスが素晴らしくとても芸術的だ。

二人目のクライアントは?

p2230168

仕事を終えたばかりなのに休憩もせずにBrunoは次の仕事に取り掛かるための準備を始めた。本当にマジメだ。

そして次のクライアントはなんと、先ほどのタトゥーを入れ終えたばかりのクライアントの奥さんだった。

笑顔が素敵なとても感じの良い人で、今から旦那さんの名前のタトゥーを入れるらしく夫婦の絆を感じることができた。

この家族はとても仲が良さそうで楽しそうに話をしながら完成するのを待っていた。

息子の手首にも小さな文字が入っているのだけど、それもBrunoの作品らしく皆にとても気に入られていた。

Brunoは左目の下にピアスをしているのだが、息子が同じようにピアスをしたいというと父親にダメだと怒られていたので、それを見ながら「目の下のピアスはさすがにダメなのか~」と一人で勝手につぶやいた。

p2230188

完成までは30分もかかってなかったんじゃないかな?

あっという間に終わり、満足な表情を浮かべて鏡でチェックをしていた。そして帰り際にもまた素敵な可愛らしい笑顔を見せてBrunoに感謝を言い帰っていった。

トマールは本当に自然が豊かな場所で暖かくなると、海でバーベキューをしたり川で遊んだり、リンゴを収穫したりして過ごしているらしい。

そんな自然に溢れた場所だからなのか、この町の人たちはとても気さくで本当に良い町だった。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

最後に

p2230123

トマールではNibiru SacredTattooショップ以外にも近くに何件かタトゥーショップはあったのだが、予定が入っていないということで撮影することはできなかった。

しかし作品を見せてくれたり、店の様子撮影させてくれたりしてコミュニケーションを撮ることができたし、必ずいつか訪れて撮影しようと思うことができた。

そしてBrunoに会えたことでより一層タトゥーのことが好きになったし、もっとたくさんのアーティストに会いに行き、その姿を写真に収めていきたいと思った。

撮った写真を送ることを約束し、今日出会えたこと、写真を撮らせてくれたことの感謝を言ってさよならをした。

もっとトマールに居てもよかったのだけれど、ショップが少ないため時間を費やすことはできないと思い、次の目的地ポルトに移る準備に始めた。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP