ドイツの5つのことわざから学ぶ!ドイツ人の考え方を知ろう

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ことわざは、それぞれの地で長い時間をかけて、世代から世代へと言い伝えられてきたものです。先人の経験や知識や価値観がぎゅっと詰まったことわざには、その土地に住む人間の気質や特徴もよく表れていると言えます。

ドイツに伝わるたくさんのことわざの中にも、そういったドイツ人の性格をよく言い表したものがあります。日本のことわざとほぼ同じ意味のことわざもありますが(時は金なり、沈黙は金など)、ここでは、特にドイツ人らしいと感じることわざを5つ紹介したいと思います。

「Besser eine Stunde zu früh als eine Minute zu spät.」(1分遅れるより、1時間早い方がまし)

待ち合わせの時間について、1分遅れるよりも、1時間早く着いて待っている方がずっと良いということわざです。このことわざには、時間厳守を意識するドイツ人の考え方が表されています。

ドイツでは、電車などが遅れてくることや突然運休になることも度々あって、今日のドイツには当てはまらないのでは、とも思いますが、ことわざになっているということは、もともとは時間をきっちり守る人種のようですね。

日本人も何かにつけ早めに行動するのが良いと思われていることも多いので、この辺りはやはりドイツ人と感覚が似ているのかもしれません。ちなみにお医者さんに行く際には、予約時間の20分前に着くのが基本のようです。何事も時間に余裕をもって、慌てることなく対処するのが良いということですね。

「Ordnung ist das halbe Leben.」(人生の半分は整理整頓である。)

ここでいう整理整頓とは、机の上や家の中などの物質的なものだけでなく、仕事や人間関係上でのタイムマネージメントのようなものも含んでいます。

ドイツには沢山の厳密な規則が日常生活の中にも溢れていますが、それをきちんと守ることが結局はみんなにとって一番効率的だと考えられています。役所の窓口で、どんなに事情を説明しても、「ルールはルールなので。」と一蹴されることも度々あります。これは日本人の感覚とも似ている部分があるので、私たちにとってはそんなに違和感はありませんが、例えばフランス人の友達から聞いたところ、ドイツ人の頭の固さは理解できないレベルだそうです。

また、仕事場でも、整理されていない机の上や本棚からは必要な情報がいつまで経ってもでてきません。成功するためには常日頃から身の回りを整えておくことが必要だという意味でも使われます。

「Das Leben ist kein Zuckerschlecken.」(人生は砂糖をなめることではない)

砂糖は、昔は「甘い金」と言われたほど、貴重で高価なものだったそうです。毎日砂糖を口にしていたのは、王侯貴族など裕福な階層の人間だけでした。その人たちの生活といえば、お金がたっぷりあるので、楽なものだったことでしょう。

また、砂糖は甘くて美味しいので食べるに当たって何の苦労もありません。このことから、砂糖は楽で簡単ということを意味しています。このことわざは、人生を生きていくことは、砂糖をなめるように簡単で楽なことではない、と言っています。

逆境に立ったときなど、自分に言い聞かせたり、自分や周りの人などにもっと努力が必要なときに使います。厳しいですが、やはり真面目なドイツ人らしい表現ですね。

「Es ist nicht alles Gold, was glänzt」(輝いているものが全て金とは限らない)

金はキラキラ輝いていてとても価値の高いものですが、金のように輝いてはいても中身は全然違う金属も存在します。金のように見えるけれども、実際には銅などの安い金属かもしれません。これを日常生活の中で言う場合には、例えば見聞きしたものが何となく良いもののように思えても、簡単に信じず詳しく調べてみる必要があるときなどに使います。

このことわざは、物事をきちんと判断するためには、見た目だけではなく、詳細を確認する必要があると言っています。ドイツ人の慎重な姿勢の表れたことわざです。

「Ohne Fleiß, kein Preis」(努力なくして賞はなし)

Fleißは勤勉という意味ですが、真面目に一生懸命取り組むことをしなければ、賞(栄誉、成功など)を得ることはできないという意味のことわざです。

コツコツ努力を重ねてこそ成功を手にすることができると言っています。真面目なドイツ人の気質がよく表れていると思いませんか?本来は自分に言い聞かせるためのことわざだそうですが、子どもにもよく使うそうです。例えば学校でのテストが控えている時に、真面目に勉強しないと合格できないよ、という時などです。

《似ている?似ていない? ドイツ人と日本人》

【ドイツ人はやっぱり真面目?】

同じような歴史をたどってきた国の国民であるドイツ人と日本人は、気質が似ているのでしょうか。確かにドイツ人は、ヨーロッパのなかでは比較的、日本人の気質に近いように思えます。日本人が重んじる真面目さ、几帳面さ、勤勉さは、昔からドイツ人の美徳とされてきたものです。

電車の時刻にしても、ドイツはほかのヨーロッパ諸国に比べて比較的正確だといわれています。時刻表が頼りになるヨーロッパ唯一の国といえるかも知れません。ドイツでは、歩道、車道とともに自転車道も整備されており、歩行者と自転車が入り乱れることなく整然と通行しています。この点では日本よりも進んでいるかもしれません。

【問題に取り組む姿勢もやはり同じ】

ドイツは、これまでのファシズム傾倒や敗戦の苦い経験を元に、政治的民主主義を先進的に進めています。そして、ドイツは環境問題に対して非常に熱心に取り組んでいる国の一つでもあります。そういった面では、ヨーロッパのなかでも非常に模範的な国であるといえるでしょう。

日本も、現在では環境問題に非常に力を入れて取り組んでおり、アジアにおいて常に先進的な取り組みをしている国です。真面目で一心に問題に取り組むドイツ人と日本人は、共通点の多い国民であるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は主に、ドイツ人の生き方や姿勢について、よく言い表していることわざを選んでみましたが、この他にもドイツには沢山のことわざがあります。

例えば、ドイツで「不誠実なトマト」といえば、ちょっとした裏切り者を指すのですが、これは第一次世界大戦のとき、イタリアが、ドイツ、オーストリア・ハンガリー、イタリアから成っていた三国同盟を急に抜けて、イギリス、フランス、ロシアの三国協商に入ってしまったことから来ています。

その土地の歴史と深く結びついていることわざを見ていくのも、とても面白いです。一方で世界には国を超えて、同じような意味のことわざも沢山あって、人間の共通する部分が表れているようでとても興味深いですね。

ドイツ人と会話する機会があれば、今回紹介したことわざについて、日本人としての感覚も織り交ぜながら話してみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP