ノマドワーカーとは? – ノマドの現実・メリット&デメリット

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

IMG_3155

このページに初めてたどり着いた人は、「旅を仕事にするプロジェクト」のページからどうぞ。

旅を仕事にするプロジェクトは、旅そのものが仕事です。しかし旅そのものが仕事ではなく、旅をしながら別の仕事をするスタイルもあります。

つまり旅とは関係ない仕事をこなしながら、移動を続けるというスタイルです。

今日は旅行ノマドワーカー以外のノマドをまとめてみようと思います。

ノマドワーカーとは?

「ノマドワーカー」という言葉が世の中に出回り始めたのは2009年頃のこと。日本にさきがけ、海外ではすでに、「Digital Nomad (デジタルノマド)」、「Hyper Nomad (ハイパーノマド)」などの呼び名で、認識されていたようだ。

このノマドワーカーが、現代日本でどのような意味を持っているのか、多方面からの見方をまとめてみた。

ノマドワーカーの定義~広義と狭義

「Nomad(ノマド)」とは、英語で「遊牧民」を意味する。遊牧民とは、牧畜を生業として、乾燥地帯や砂漠地帯を移動しながら生活する人々のことだ。ワーキングスタイル、またはライフスタイルの一つとしてのノマドワーカーとは、特定の職場を持たず、移動しながら仕事をする人々を指す言葉である。

このノマドワーカー、広義では、職場としてのオフィスもデスクも存在するが、そこに縛られることなく、自由な場所で仕事をする人、オフィスは存在しても自分用のデスクは持たず、自由な場所で仕事をする人など、企業が社員に対してノマドワーカースタイルを認めている場合から、全くオフィスもデスクも持たず、会社員としての身分も持たない一匹狼的な自営業タイプまでを広く含む。

一方、狭義のノマドワーカーは、オフィスもデスクも企業の肩書も持たず、一人でインターネットのつながる場所を転々として仕事をしている放浪者タイプを意味することが多いようだ。

ノマドワーカーに必要なもの~設備と知識と心構え

Freelance travel

ノマドワーカーとしての必須設備に、パソコンとインターネット回線がある。パソコンは、ノートタイプ・タブレットタイプ・スマホなど、必要に応じたサイズや使い勝手の良い機器を使用するが、多くのノマドワーカーたちは、これらのネット接続可能な装置を複数用意している。それは、故障に対する備えであり、複数の情報を同時に集める必要性のためであると同時に、仕事をする場所や移動時の状況に応じた機種を用意する必要があるのだ。

また、ノマドワークを行っている時に発生するあらゆる問題は、基本的に一人で解決する必要に迫られる。そのため、パソコン操作などの基本的な知識が必要なのは当然だ。しかし、必要な知識はそれだけではない。ノマドワーカーの多くは自営業であるため、自身の得意とする仕事分野だけでなく、会社勤めであれば、経理課・総務課・営業課・技術課などが分担して行うであろう職務の全てを個人で行うことになる。仕事を得るという営業活動をするのも、仕事環境を整えるのも、収支の管理を行うのも、全て自分自身である。専門分野を担当するコンサルタントを雇わないかぎり、広範囲にわたる知識を持たなければ成り立っていかないことが分かるだろう。

加えて、重要なのが心構えだ。場所にも時間にもそして人間関係にもほとんど縛られることのないノマドワーカーは、高い自己管理能力が求められるワーキングスタイルといえる。どこでもできるという安心感が、仕事とプライベートの線引きをあやふやにし、オン・オフの切り替えができなくなる危険性がある。また、就業時間が決まっていないからと、ダラダラと作業を行えば、実働時間と収入とのバランスが取れない事態になりかねない。

さらに、仕事上の人間関係における心構えの重要性はもっと深刻だ。会社名という背景がない以上、プライベートな住宅の賃貸契約から、銀行や取引先との折衝に至るまで、全て自分というプランド1つで対応していく覚悟が必要だろう。

ノマドワーカーのメリット

そんなノマドワーカーという働き方を選ぶメリットとは何だろうか? まず第一に、経費の削減があげられる。オフィスを構える必要がなく、私服で過ごせる時間が多くスーツ代もかからない、ノマド先が住居と近ければ通勤費用も削減可能だ。

また、時間の有効活用も、ノマドワーカーにとって大きな意味を持つ。通勤時間を減らせるのはもちろん、自分の能力に合ったスピードで作業を進めることが可能であり、実際の仕事量=収入という図式につながりやすくなる。これはモチベーションを保つ意味でも重要だ。

職種によっては、自由に場所を移動できるという刺激がプラスになり、アイディアやインスピレーションがひらめきやすい、居心地の良さを重視した場所選びができることで、集中力が高まる、などのメリットがあるようだ。さらには、天候や交通機関の影響を受けにくいことも、仕事を自分のペースで進める上でも重要なポイントといえるだろう。

ノマドワーカーのデメリット

とかく、メリットばかりが取りざたされ、憧れのワーキングスタイルのように扱われがちなノマドワーカーだが、デメリットもある。先に「ノマドワーカーの心構え」について述べた段でも触れたが、会社というバックアップがない分、社会的な信用を得るのが難しい点は、大きなデメリットになりえるだろう。

また、公共の場を仕事場として使用するため、セキュリティ面の不安は常について回ることになる。サイバー面でのセキュリティだけでなく、資料やUSBなどの置き忘れ、通りすがりの覗き見ですら、情報社会の中では致命傷となる可能性があることを肝に銘じておく必要がある。

さらに、ノマドワーカーにとって、メールなどに加え、電話でのコミュニケーションは欠かすことができないが、カフェや図書館といったノマドワーカーが集まる代表的な場所では、それが制限される。インターネット回線を使った打ち合わせやミーティングも、場所を選ぶ必要がある。加えて、自分のオフィスを持たないため、顔を合わせての重要な打ち合わせには、有料のミーティングスペースを借りることで経済的な負担が発生したり、取引先のオフィスを使用させてもらうことで、肩身の狭い思いをしたりといった問題点も起きてくる。

フリーランス、コワーキング、フリーアドレスとの相違点

「フリーランス」、「コワーキング」、「フリーアドレス」などは、広義ではノマドワーカーと同じスタイルを意味することもあるが、狭義では別のワーキングスタイルである。

フリーランスとは自営業のことであり、その中には、ノマドワーカーもいれば、オフィスを構える経営者もいる。また、ノマドワーカーの全てが自営業とは限らないため、全くイコールではないが、重なっている場合もある表現ということができる。

コワーキングは、ノマドたちが集う場所として提供されている、特定のワーキングスペースを使って仕事をするスタイルを呼ぶ名称だ。企業が、自社に関連するコワーカーたちに提供している共同スペース(コワークスペース)であったり、まったくの第三企業が、ノマドワーカーたちに必要な設備を整えて有料で提供する、カフェに替わるスペースであったりと、その形態はさまざまだ。

ノマドワーカーにとっては、カフェとは違い、ノマドワーカー仕様ともいえる便利な設備と、似た働き方をする者同士で情報交換ができる場所として魅力的な場所だが、その数の少なさから、実際にその有難さを享受できるノマドワーカーは一握りだ。

また、フリーアドレスとは、社内ノマドワーカーとでも呼ぶべきワーキングスタイルである。会社という形態がありオフィスもあるが、社員はデスクなどの個人スペースを持たず、共有スペースの中で自由に場所を見つけて仕事をするスタイルである。

ノマドワーカーの現実

Freelance travelfdas

インターネットや雑誌、マスコミなどで取り上げられているノマドワーカーのほとんどは、ノマドワーカーとしてある程度の成功を収めている人たちである。その数は、近年急激に増えてきているように見える。

しかし、ノマドワーカーの中には、自分の働き方をノマドワーカーだと認識する以前から、そのスタイルで働いている例も多い。現在、表に現れている急激な増加には、潜在的に存在してきたノマドワーカー数が少なくない割合で含まれている。

現在の状況としては、ノマドワーカーというネーミングが知れ渡ったことで、彼らが社会的に認識され、働きやすくなった部分と、にわかノマドワーカーが増えたことで、信用度が下がった部分の両面がありそうだ。

ノマドワーカーの主張

ノマドワーカーがその仕事スタイルを選ぶのは、経済的な余裕がないという、ひっ迫した理由のほか、オフィスを構える必要性を感じない、ノマドワーカーのスタイルが自分に合っているという前向きな理由もある。

前向きな理由でノマドワーカーとなった彼らにとっては、オフィスを持たないことは、「会社組織に馴染むことができないから」ではなく、あくまで「ノマドのほうが働きやすいから」である。彼らのいう働きやすさの基準は、企業に勤務することで得られるだろう出世や安定収入などとは違った、個人的な価値観に基づいている場合が多い。

それだけに彼らは、ノマドワーカーである自分のスタイルを大切にし、認められる努力を惜しまない。だからこそ、「組織から自由になりたい」と安易にノマドワーカーへと転向する新人たちや、ノマドワーカーというワーキングスタイルをもてはやす風潮に対する彼らの反応は、冷静かつ厳しい。

非ノマドワーカーが大半を占める社会の中のノマドワーカー

ノマドワーカーが増えたとはいえ、まだ少数派であるのはもちろんであり、社会人の大半は非ノマドワーカーが占めている。その非ノマドワーカーの大多数であるオフィスワーカーたちは、ノマドワーカーにどんな視線を向けているのだろうか?

自由な働き方に憧れの感情を持ち、「ノマドワーカーは魅力的だ」、「自分もなれたらいいのに」と考えている人も多い。しかし、実際に行動する人は少なく、行動に移したとしても、成功するのはほんの一握りであることから、この憧れが形を変えて、「ノマドワーカーになろうとするのは無謀な賭けだ」と、自分が行動しないことを正当化しつつ、挑戦する人を暗に批判するというパターンも見受けられるようだ。

ノマドワーカーが社会に与え得る影響

ノマドワーカーの存在は、社会にとってもプラスになる可能性は高い。

通勤による渋滞の緩和、オフィスにおける光熱費の削減などのほか、出産・子育てをしながらも自分のペースで仕事を続けられることから、男性の育児参加、女性の社会進出、そして出生率低下の歯止め効果も、将来的には期待できそうだ。

そのためには、ノマドワーカーというワーキングスタイルが、飛び込みがたいイチかバチかの賭けではなく、法的な補助や企業によるサポートのある労働形態としての地位を確立し、その数をさらに増やしていく必要がある。

現時点で、多くのノマドワーカーにとって、後ろ盾となるのは自分自身だけである。彼らは、自由なワーキングスタイルであるノマドワーカーであり続けるための努力を惜しまず、その数は増加傾向にあり、社会における存在感も大きく成長しつつある。

しかしそれでもなお、形や名前にこだわる傾向が強い日本社会において、「ノマドワーカー=職業」として認知されるには、十分な成功実例が足りないのが現実のようだ。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  3. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP