ハワイにおける日系移民の歴史~ハワイと日本人の繋がり

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

imageハワイにはなぜ日本人を祖先に持つ人々が多いのか、疑問に思ったことはありませんか?
そこで、ハワイと日本人の繋がりをまとめてみました。

 

日系移民の歴史

1848年、ハワイ王朝は外国人に土地の所有を認め、ヨーロッパの資産家たちは、積極的にサトウキビ栽培に投資をし、いくつもの農場を作りました。やがて、地元の人だけでの農場の維持は困難になり、中国からの移民を受け入れますが、彼らの定着率は悪く、次なる移民として日本人が目をつけられました。
当時の日本は江戸時代末期、ハワイ王朝は徳川幕府に日本人の移民を要請し、合意を得ていました。しかし、政権が明治政府へと移り、新政府は徳川時代の合意を認めなかったために、ハワイ王朝を代表して交渉していた領事が、1868年に153人の日本人を強制的に送り込みました。彼らのことを移民の元年者と呼びます。
1885年、日布移民条約が結ばれます。日本人をハワイのサトウキビ畑で働く労働者として3年契約で送るという取り決めが交わされます。当時の日本は、農村を中心に経済が行き詰まり、近代化によって身分や土地に縛られていた人々が、都市に仕事を求め集まっていました。より良い生活を夢見て多くの人々がハワイへ渡ったのです。彼らが日系民の1世たちです。主に広島、山口、熊本、福岡などの農村からの移民でした。
1894年までに移民条約の下でハワイに渡った日本人は2万9000人以上だと言われています。彼らは政府斡旋の移民ということで官約移民と呼ばれています。しかし、官約移民は雇用者とのトラブルが相次ぎ、1894年に一時停止されます。
1894年からは、日本で移民斡旋会社がいくつも設立され、移民が再開します。1894年以降の移民たちを私的移民と呼びます。この移民形態は、1908年の終了までに10万人もの日本人を送り出しました。
1924年に新しい移民法が成立し、日本からの移民は事実上不可能になりましたが、1868年の元年者から数えると13万人以上もの人が日本からハワイへと渡りました。
移民の多くは、ハワイに永住することを目的とした定住型ではなく、数年働いて故郷へ戻る出稼ぎ労働者でした。当事の日本の年収が10円だったところ、ハワイでは212円稼げたそうです。契約期間の満了とともに帰国した人もいましたが、様々な事情からハワイに留まる決意をした人も多く、彼らは次第にハワイ社会に溶け込んでいきます。
時は2世の時代へと繋がっていきます。
2世の歴史を語る上で切り離すことができないのは、戦争です。1941年の日本軍による真珠湾攻撃を受け、日米が戦争へと突き進んでいく中、ハワイ生まれの2世たちは米国人としてのアイデンティティーを求め、次々と志願し戦場に出ていくのです。
戦争が始まると、アメリカ本土にいた日系人は敵国の国民として強制収容所へと送り込まれるのですが、ハワイでは少し事情が違いました。日系人があまりにも多く、(1940年代初頭の日系人の人口は、ハワイ全州の40%を占めていました。)全てを収容所に送り込むには、膨大な経費と土地が必要となること、ハワイの経済が成り立たなくなってしまうことから現実的に無理があり、強制収容所に送られたのは、アメリカ政府より日本への忠誠心が強いとみなされた仏教や神道の聖職者、日本語学校の教師や経営者、漁業従事者、日本語新聞の編集者、領事代理など日系社会のリーダーたちでした。1,200~1,500人が強制収容所の送られました。
戦後は、これまで日系社会の中心的役割を果たしてきた1世たちが一線から退き、2世や完全にアメリカナイズされた3世たちが次第に影響力を持つようになり、ハワイやアメリカ社会への同化を果たすことになります。

 

日系人にまつわる映画を2本ご紹介

11_s
1.ピクチャーブライド (Picture Bride) 1995年
出演:工藤夕貴 他
両親を失った16歳のリヨ(工藤夕貴)は、お見合い写真だけで縁談を決めハワイに渡り、結婚相手のマツジ(アキラ・タカヤマ)と初めて現地で対面します。しかし、マツジは若い頃の写真を送っており、実際には25歳も年上でした。サトウキビ畑での厳しい農作業、ハワイへ渡ったことと結婚に後悔し、日本への帰国を強く希望しながらも、最後にはマツジと夫婦になっていくという話です。

2.ホノカアボーイ 2009年
出演:岡田将生、倍賞千恵子 他
ハワイ島にある小さな町ホノカア (Honokaa) に住む日系アメリカ人コミュニティを舞台にした映画です。恋人と一緒にホノカアを初めて訪れたレオ(岡田将生)は、その後彼女と別れ、翌年にホノカアの町の映画館で働くことになります。イタズラ好きなおばあちゃんビー(倍賞千恵子)と出会い、ご飯を作ってもらう間柄になります。レオとビーのやり取り、個性的な町の人たちとの触れ合いによりレオは成長していきます。

 

ホノルル周辺にある日本ゆかりの寺院

思わずここ本当にハワイ?と疑問符が頭によぎってしまうほど日本の雰囲気が漂っています。

ハワイ出雲大社
image
島根県にある出雲大社のハワイ分院で、1906年に創祀されました。
住所:215 North Kukui Street Honolulu
ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮
slooproimg_20150722174812
ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮が隣同士になっています。
1920年に香川県の金比羅宮より、1952年に福岡県の太宰府天満宮より、分霊され創祀されました。
住所:1239 Olomea Street Honolulu
マキキ聖城キリスト教会、ハワイ高知城
image
ハワイへ移民した高知県出身の牧師さんによって建てられたプロテスタント教会です。遠く離れた故郷、高知城天守を模しています。1932年に建てられました。
住所:829 Pensacola Street. Honolulu

 

アロハシャツの起源は着物?

111
ハワイ=アロハシャツのイメージを誰もが抱いていると思いますが、アロハシャツは着物がもとになっていることをご存知ですか?(諸説あります)
サトウキビ農園で働く労働者たちは「パラカ」と呼ばれる開襟シャツを着ていました。パカラとは、元々はヨーロッパの船員たちが着ていた上着です。日本人移民たちは母国から持参してきた着物をパカラ風に仕立て直し、着用し始めたのが現在のアロハシャツの原型になったといわれています。

 

その他の日本由来のもの

1.シェイブアイス
ハワイ名物の1つになっているレインボーカラーのカキ氷、実は日本人が生み出したグルメなのです。考案者は日本人移民の松本守氏、日本から持参した氷削機を使い、1951年に「マツモトシェイブアイス店」を開業しました。
2.スパムおにぎり
日系移民がよく食べていたおにぎりと、当時アメリカ軍の保存食として普及していたスパムが合体しました。
3.プレートランチ
今ではハワイだけでありません。お弁当箱がもとにっています。

 

まとめ

以上、日本とハワイの歴史をまとめてみました。
ここで生きてきた人々の歴史があるからこそ、今の日本とハワイの繋がりがあるです。
ハワイを訪れた際には、「日本」を感じてみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP