バックパッカーとは?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

旅をするための旅もある

バックパッカー

人間が旅をする目的や理由はさまざまです。
レジャーで史跡や景勝地を巡る人もいれば、食べ歩きをメインに旅をする人もいます。仕事の都合で各地を転々とすることもあるでしょうし、語学留学のために海外へ行く人もいるでしょう。つらいことや悲しいことがあって、それを忘れるために旅に出るというケースだってあるかもしれません。

一方で世の中には、「旅をすること自体が目的だ」というタイプの旅もあります。具体的な目標を持たなかったり、持っていたとしても臨機応変に目的地が変わったりするような、自由気ままな旅です。

旅行者たちがこうしたタイプの旅に求めるのは、手垢のついた観光スポットでも、お金さえ出せば食べられる高級料理でもありません。
それまで暮らしてきた環境とはまったく異なる場所まで足を運び、新しい文化に触れたり新しい人たちと出会ったりという、プライスレスな体験。これこそが、彼らが旅に対して望んでいるものなのです。

そうやって「新たな自分を発見する」こともまた、旅の大切な目的のひとつだといえるでしょう。

それは、ほかの人にとってはまったく意味のないことかもしれません。しかし自分自身にとって重要な意味があれば、それだけでその旅には大きな価値があるはずです。
バックパッカーと呼ばれる人たちには、自分だけの何かを見つけるために旅をしているという人が目立ちます。

現代におけるバックパッカーの定義

2348928151_e6bd4e579d_b

さて、それではバックパッカーとはそもそも何なのでしょうか? ここであらためて、その定義について考えてみましょう。
もともとバックパッカーは英語の「backpacker」からきている言葉です。文字どおりに捉えれば、「バックパックを背負って旅をする人」という意味になります。

しかし現在、バックパッカーという言葉に含まれている意味は、より広がりのあるものとなっています。さまざまなものが便利になった今の時代、必ずしもバックパックを持っているバックパッカーばかりとは限りません。
バックパックの所有の有無が問題なのではなく、そのスタンスや哲学こそが、バックパッカーとしてのアイデンティティとなっているわけです。

一般性を損なわないように定義すれば、バックパッカーとは「低予算で個人旅行をする旅行者」のことだといえるでしょう。

バックパッカーと言われたとき、誰もが頭に思い浮かべるのは、若者による貧乏旅行の風景ではないでしょうか。そしてその旅は、長期間にわたって続くものであることでしょう。国境さえも自在に越えて、どこまでもどこまでも、気の向くままに進んでいく旅。あたかも自由の象徴のようですらあります。

パッケージツアーの旅との決定的な違いはここにあります。
バックパッカーの旅において、事前に決まっているのは出発日と帰国日、そして予算ぐらいのものです。あとは、せいぜい何か所か行きたい場所が頭の中にあるといった程度でしょう。

バックパッカーの歴史とその思想

hippies

バックパッカーという文化のはじまりは、ルーツを辿れば1960年代から1970年代にまで遡ることができます。
この時代の若者像といえば、ヒッピーカルチャーを無視して語ることはできません。世はまさにヒッピー全盛でした。

ヒッピーカルチャーの特徴は、既成の権威や価値観から自由であろうとし、本当の自分を見つけるということでした。そして、欧米のヒッピーたちにとってそれは、キリスト教的価値観からの脱却を意味してもいました。
ですから欧米のヒッピーたちは、新たなる価値観との出会いを求めてインドやネパールといった南アジアへ足を伸ばしていったのです。

しかしヒッピーたちは総じてあまりお金を持っていませんでした。彼らの理念は資本主義経済さえも敵視していましたから、労働も最低限しかしていないという若者が多かったのです。もちろん、現在のように格安航空機が存在する時代でもありません。
すると、当然ながら彼らは貧乏旅行を強いられることになります。最低限の荷物をもち、公共交通機関を利用し、安いホステルなどに泊まるというのが、彼らの旅のスタイルとなりました。

ここにバックパッカーのプロトタイプを見て取ることができるでしょう。

やがてヒッピーカルチャーそのものは下火になりましたが、「本当の自分を見つける」という思想までもが廃れることはありませんでした。
「自分がいったい何者なのか」「自分は本当は何をしたいのか」といった問いかけは、古今東西の若者にとって無視することのできないテーマだったからです。新たな自分と出会うための旅は、どれだけ文明が発達しようとも魅惑的です。

それどころかむしろ、物質的に豊かになった現代だからこそ、若者はいっそう自分のアイデンティティについて思い悩むのかもしれません。
インターネットの普及によって、世界中のさまざまな景色や建物の写真を眺めることは容易になりました。いつどこにいても、インターネット回線さえあればわずか数秒で画像検索をすることができます。
しかし、それが果たして本当にその景色や建物について「知った」ことになるのでしょうか?

その土地に行って、その土地を歩き、その土地の人々と触れあうことでしか得られない体験が必ずやあるはずなのです。そしてバックパッカーが旅に求めているものこそ、そこの部分なのです。
いわば、バックパッカーは現代の巡礼者だということができるでしょう。

新しい時代のバックパッカーのありかた

とはいえ、だからといって文明の利器を使ってはいけないということではありません。安価で便利な技術はどんどん利用するべきです。それが旅の安全に繋がるのであればなおさらです。

たとえばパソコンやカメラや携帯電話。かつてこうした機器類は、かさばるうえに高価とあって、バックパッカーたちには敬遠されていました。
しかし時代の流れとともに、これらの機器もどんどん小型化が進んでいます。そればかりか、小型になったにもかかわらず高機能化も進んでおり、さらに低価格化も著しいのが現状です。荷物のなかにまぎれ込ませておくことに、特別な障害はありません。

まして、スマートフォンやパソコンなどはもはや生活必需品です。現代の若者にとっては、「必要最低限の持ちもの」にこうした機器を含めることは当然の感覚なのかもしれません。

通信機器があれば、旅先でも各種情報をリアルタイムで知ることができるというのも大きな利点です。バスや電車の時刻表はもちろんのこと、治安の悪化や物価の変化といった、旅を続けるなかで非常に重要になってくる事柄もすぐに把握することができます。

特に大切なのは国境情報です。日本のような海に囲まれた国で生活をしているとピンとこないかもしれませんが、海外の国境というものは国際情勢の変化によって閉鎖されることも多いのです。国境が閉鎖されてしまうと、旅の行程は大きな変更を強いられることになるでしょう。知らずに国境付近まで行ってから足止めを食うのでは大きな時間のロスになってしまいます。
バックパッカーの旅においては、情報収集が何よりも大事なのです。

古くより人間が持ち続けている思想と、最新鋭のテクノロジーを組み合わせて旅を楽しむこと。これもまた、21世紀ならではのバックパッカーのスタイルだということができるでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから39日目~43日目…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP