バックパッカーの海外チップ相場、渡し方。チップで損しない方法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

現代日本では、物にもサービスにも「定価」がついていて、支払う金額に迷いを持つことはほとんどありません。

でもそんな日本でも、少し前の時代までは、チップ=心づけを渡す習慣がありました。その習慣は今も一部の社会で生きています。

料亭やホテルなど、形のないサービスを提供してくれる環境では、心づけとして紙に包んだり小さな袋に入れたチップを手渡すことがあります。これは必ずしなければならないものではなく、あくまで、こちらの気持ちを示すために渡すもの。本来チップとはそんな存在だったはずなのです。

でも、世界を旅していると、納得のいかないチップの場面に出くわすこともあり、日本人でありバックパッカーである旅人が戸惑ってしまうこともあります。

海外におけるチップの事情と、チップの場面を上手くあしらうコツをご紹介します。

チップって何?

チップという言葉は、なぜか日本人を緊張させます。それもそのはず、アメリカなどの一部の国では、チップが義務のように生活の中に溶け込んでいるからです。

慣れない習慣であるだけでなく、サービスを受けた感謝の気持ちや迷惑をかけた謝罪の気持ちを感じていなくても、支払うのが当たり前になっているのです。

これまでの「心づけ」とは明らかに違う「チップ」の習慣を目の前にした時、いったいどんな場面で、いくらを、どうやって、誰に渡せばいいのかとおびえてしまうのも当然でしょう。

「チップ」は本来、あくまで感謝の気持ちの表現方法ですが、国によって捉え方が異なります。一つはチップが当たり前の習慣や義務となっている場合、もう一つは、本来の意味通り感謝を表す「チップ」として時と場合に応じて支払う場合、最期は、「チップ」制度がまったくない場合となります。

要不要の判断

アジアの国などでは、「チップ」制度がまったくない場所もあります。下手に感謝の意味を込めて小額紙幣を渡したりすると、ずっと付きまとわられたり、詐欺やたかりの対象となってしまうことさえあるほどです。

それでも、高級ホテルでのサービスにはやはりある程度のチップを支払う旅行者は多く、親切なガイドや運転手に対してもお礼としてチップを渡す例は多くあります。ただし、これは決して強要されるものではないので、チップの習慣がない国では緊張する必要がありません。

一方、チップ制度はあってもそれが習慣化していない国では、ちょっとややこしいことになります。同じ宿に泊まって同じサービスを受けても、チップを払う旅人と払わない旅人がいれば、前者が優遇され後者は割を食う可能性が出てきます。

ただし、バックパッカーの多くが利用するいわゆるゲストハウスではチップの習慣はほとんどありません。加えて判断基準として、サービス料が宿泊料に含まれている、または上乗せされている場合は原則としてチップは不要だと考えていいでしょう。あとは、本人が気持ちを表現したいと考えた時にできる範囲のことをすれば十分です。

次にチップが当然な国の場合は、常に支払やサービスにはチップをプラスする習慣をつけてしまいましょう。支払の場合は、勘定書きのサービス料を確認した上で、サービス料とチップの合計が元の料金の10%~15%くらいになるよう計算するといいでしょう。クレジットカードを使う場合には、チップ代金を記入する欄があります。自分で無難な額を書き込み、さらに合計金額も書き入れてからサインします。小銭の用意がなくても済みますが、なんだか物悲しいチップ制度でもあります。

金額の判断

Restaurantw

先に触れたように、チップの金額の基準は飲食の場合の元の金額の10%~15%程度を目安にするといいでしょう。観光客慣れしている地域では、チップ代金を記入した明細を出してくるところもあり、ふてぶてしさと便利さの両方を感じます。

また、運転やガイドなどのサービスに対しては、軽い飲み物、または軽食の一部になる程度の代金を基準にするといいでしょう。この考え方なら、物価が異なる国や地域でも共通で通用します。渡す時にも、「コーヒー代にどうぞ」というとスマートです。

アメリカならば1~2ドル、ヨーロッパなら1ユーロ、タイなら20バーツと、コーヒー1杯程度の金額を目安にしてみましょう。

多めに払えばより良いサービスを受けられると考える人もいますが、これは危険な考えです。先に触れたように、ゆすりやたかりのカモにされてしまう可能性が高くなるからです。

チップを渡したい時には、チップとしての適正価格を渡すか、もしくは、迷いがある場合には渡さないほうがいいかもしれません。

渡し方

Restaurant3

一人の個人に対して感謝や謝罪のチップを渡したいのなら、本人に直接手渡すことが肝心です。さらに、周囲に仕事仲間などがいない時の方がいいでしょう。また、名前が分かれば封筒に入れて、フロントなどに預ける方法もありますが、ランクの高い施設以外では、本人に渡る保証はありません。

また、アメリカなどではウェイトレスやウェイターは個人的に受け取るチップが大きな収入源になっています。テーブルに置いていかずに本人に渡すか、本人がテーブル近くにいる時にチップを置くようにしましょう。

ベッドメイキングに対するチップは、アメリカや一部の高級ホテルを覗けば近年はあまり払わなくなってきています。なぜなら、ホテルの宿泊料金に十分なサービス料が加算されているからです。

そのため、チップを置くとしても小額で十分であり、顔見知りになったメイドさんに手渡すか、連泊する場合に最終日に余った小銭(できれば紙幣で)を置いて行く程度でも十分でしょう。

テーブルなどに会計の一部として置くチップは裸でかまいませんが、手渡すチップはできれば袋や紙にくるみます。これもまたマナーの一つです。また、折り紙やカワイイポチ袋などに包むと喜ばれることがあります。

渡す相手と渡す準備

お礼やお詫びを告げたい相手に直接渡すのが一番です。無理を聞いて窓際の席を取ってくれたウェイターにチップを渡したくても、店を出る時に彼の姿がなければ渡す必要はありません。店のマネージャーに頼んで渡してもらうという手もありますが、少々大げさですね。チャンスがあれば、もう一度訪れてみよう、その程度で十分でしょう。

また、そんな渡したいチップを渡しそびれないために、日頃からポケットやカバンにチップ用の小額紙幣を紙に包んで用意しておくとチャンスを逃しません。

まとめとして

日本人にチップの習慣がないことは世界的に知られています。しかし同時に、日本人が小金持ちであること、つつけば金離れがいいことも知られています。

そのため、おどおどとしていると必要以上の金額のチップをふっかけられることもあり、あの手この手で絞り取られてしまいます。または、当然もらえるはずの権利を無視されたとして、サービス供給者のほうが機嫌を損ねることもあります。

チップ制度がない国で生まれ育った以上、スマートな方法でチップを渡す動作にはなかなか慣れませんが、慌てずキョドらず、落ち着いて、必要な場面で必要な額を渡すようにしましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. DSCF0785
    ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…

新着記事

  1. step-inside-the-nasir-al-mulk-mosque-located-in-shiraz-iran-here-an-array-of-stained-glass-windows-transport-visitors-to-a-colorful-paradise
    皆さんは、イランという国についてどんなイメージを持っていますか?イランには、ペルシャ…
  2. cuba
    世界一周をしている人たちに例えばこんなアンケートをしたとします。「今、行っておくべき…
  3. istock_000018967843medium
    世界には何千という言語が存在していて、私たちが世界共通語として教えられている英語は、実は世界…

注目記事

  1. da1
  2. ca0
  3. Diving

ピックアップ記事

  1. 201701435
  2. ol1
  3. P1030819
  4. nm0
  5. cameraphone_mainbanner
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP