バックパッカーらしくない初めてのチャラい旅

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

子連れバックパッカー引退後、夫婦や仲間と旅を続けていく事を決めました。

まだまだやりたいこと、行きたい場所はたくさんあるので、ここに子連れ引退後の活動?遊び?の記録を残していこうと思います。

文章は少なめに、大好きな写真を撮って残していこうと思います。

今年は約5カ月かけてネパール・インド・日本自転車縦断の旅をした。ホーム石垣島に帰ったのが6月、それから新規事業BARの立ち上げを行いオープンしたのが10月。

家族みんなバタバタで忙しすぎて倒れそうだったから、3週間休みを取りいつもとは違う旅、リゾート旅行というのを家族で初めて行ってみた。

バックパッカー魂は捨てて、でも相変わらずバックパックは背負って、常夏のリゾートアイランド、セブ島へGO!

節約なし!野宿なし!自炊なし!宿の交渉なし!まずい飯で腹を壊すこともなし!タクシー乗り放題!カクテル飲み放題!4つ星&5つ星ホテルでエンジョイ!

今までの過酷でつらい旅とは真逆の旅でしたが、果たして旅を終えた後の僕らの心境は?

このページ最後に書いてます。

リゾートやらをやってみて

バックパッカーで世界一周を含め、ここ数年でおおよそ1000日以上海外を歩きまわているけど、実はリゾート旅行は初めて。そんなわけだから、ホテルやビーチで何をして遊んでいいのか良くわからなかった。

行く前はけっこう張り切っていて、僕らが訳1年海外を旅できる予算をたったの3週間で使い込んでしまうプランをたてたのだけど、実際に行ってみると「ただ綺麗で美味しくて便利なだけ」であって「刺激」ってのは全くの無縁だった。

それでもかなり金を奮発した旅だから、リゾートやらを思いっきり楽しんでやろうと努力はしたけどね、努力だけは。他のツーリストたちがビーチサイドでカクテルを飲みながらのんびりしているから、とりあえずそれを真似してみたり、本を読んでみたり、たまにプールに飛び込んだりして遊んでみたり、マリンツアーに参加してみたり、レストランでコース料理を食べたり、とにかくもう、他のツーリストがやっている事を真似しながら、リゾートをしてみた。

けど・・・どんなにリゾートを満喫しようとしても、どこか退屈だった。

抑えようと堪えているのだが、どうしてもバックパッカー魂が抜けないらしい。結局、嫁も2日目にはホテルの外に出て散歩しようと言い出したから、ちょっともったいないような気がしたけど、いつも通り行先の分からないバスに乗り込み、ローカルな街を散策し、まずい飯を食い、地元民と混じって旅をすることになった。

やっぱり僕らには、小汚い格好をして好き勝手に放浪する旅のスタイルのほうが断然あっていると感じたし、断然これが楽しかった。

いつもと違うのは帰る宿の蒲団が綺麗で、ベットが人数分あって、バーがあってプールがあるってことだけ。でも、まあ、それもいい思い出になったけどね。

もうリゾート旅行はいいかな、片道チケットと安宿旅行が僕らのナンバーワンらしいね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP