パールハーバーのアリゾナ記念館を訪れてみた~歩き方

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

image
ハワイといえばビーチやショッピングをメインに旅行に来る方が多いと思います。今回はリゾートとしてのハワイではなく、歴史の時間に誰もが学んだパールハーバー(真珠湾)のアリゾナ記念館を訪れてみました。

 

アリゾナ記念館とは

アリゾナ記念館は、ハワイ州のオワフ島パールハーバーにあります。英語ではUSS Arizona Memorialといい、USSはUnited States Shipの略です。ご存知のとおり、1941年12月7日に発生した日本による真珠湾攻撃で、停泊中のアリゾナをはじめとするアメリカの主力戦艦が壊滅的な打撃を受け、日米が本格的に第二次世界大戦へと参戦しました。アリゾナ記念館は、真珠湾攻撃を記憶する慰霊施設となっており、沈没した戦艦アリゾナの真上に建っています。
<アクセス>
ワイキキの中心から公共バスThe Busの20番または42番に乗車します。乗車時間は約1時間15分、運賃は2.5ドルです。

 

アリゾナ記念館に到着

ビジターセンターに到着しました。
image
ここは軍の敷地なので、手荷物に制限があります。
入口の前にある荷物預かり所にバック等を預けます。財布、カメラ、ペットボトル飲料は持ち込むことができます。小さいバックであっても持ち込みは不可です。財布等の小物を入れるために、ポケットのある服を着ていくことをお勧めします。ポケットに入らないと、ずっと手に持って歩かなければならないからです。預かり料は3ドルです。
image

荷物を預けたら、まずチケットカウンターへ向かいます。アリゾナ記念館の他に、戦艦ミズーリ記念館、太平洋航空博物館、ボーフィン潜水艦博物館公園があり、全てビジターセンターでチケットを購入できます。アリゾナ記念館の見学は無料です。
image
アリゾナ記念館へはボートでしか行けず、そのため1日の見学人数に制限があります。チケットカウンターにてチケットを受け取ります。混雑時は2時間以上待つこともあるそうです。筆者の場合は、11時前に到着して11時半のチケットをもらえました。
image
見学はツアーになります。ツアー時間は約75分間です。全て英語になりますが、有料で日本語解説のオーディオが借りられます。料金は7.5ドル、敷地内にある博物館の解説も含め約3時間の内容になっています。
初めにミニシアターのような場所で真珠湾攻撃に関するフィルムを観ます。上映時間は23分、英語の字幕付きなので英語のリスニングが苦手な人には有難いです。
フィルムが終わるとボートに乗ります。
image
アリゾナの真上に到着しました。ここがアリゾナ記念館です。
image
アリゾナ記念館はこのように建っています。上空からの写真で見ると、船が沈んでいるのがはっきりと分かります。
image
アリゾナからは未だにオイルが流れ出ており、“アリゾナの涙”と呼ばれています。
image
image
建物の奥には、亡くなった方々の名前が記されています。
image
アリゾナ記念館の見学を終えて、博物館(こちらも無料)を見学しました。「戦争への道博物館」と「攻撃時資料博物館」の2 つがあります。真珠湾攻撃に至るまでと真珠湾攻撃当日の資料が展示されています。敷地内にはお土産屋さんもありました。
image

 

まとめ

荷物預かりの3ドルを除きボートの運賃も全て無料、お金を一切払っていないのに見応えのあるツアーでした。ボート代を支払ってでも行きたいと思いました。
日本人には行きづらい場所なのかなと最初は思いましたが、日本人も何組か来ていました。ビーチやショッピングも楽しいですが、たまには一味違ったハワイを学んでみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  3. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP