フィリピン人の性格を理解すべし!上手に付き合うために知るべきこと

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

フィリピンは同じアジアですがカルチャーが大きくことなります。多くの人がクリスチャンであり、英語を公用語として使っています。最近では、就職や留学、旅行などでフィリピンに来る日本人がとても増えてきました。

フィリピン生活やフィリピン旅行をより楽しくするために、フィリピン人とうまく付き合っていくにはどうしたよいのでしょうか。今回は上手く付き合う上で知っておきたいこと紹介したいと思います。

フィリピンとの物価の違い

なぜ性格を理解するのに物価の話から入るのかと言うと、物価の違いを理解することがフィリピン人を理解することに繋がるからです。

フィリピンと日本では物価が全く違います。そのため、フィリピン人は基本的に日本人を裕福だと思っています。

フィリピンでは家族に仕送りをしたり、幼い兄弟などの生活の面倒をみることが当たり前のため、若い20代30代でも給料の半分以上を家庭に入れてプライベートも考えずに働いている人は少なくありません。

【金銭感覚の違い】

私の知り合ったフィリピン人では一日15ペソ(約35円)ほどで生活をしている人もいます。これはフィリピンではごくごく普通のことで珍しいことではありません。もちろん、交通費などで一日が終わってしまうような生活です。

【フィリピン人の日給は400ペソ程度〜】

日本人が外食にいけば1回の食事が200~400ペソ(約470円~940円)ですが、フィリピン人によってはそれが一日の給料になってしまいます。そのため、普通に付き合うとなるとフィリピン人にとってはとても大きな問題です。

仕事や旅行、留学で来た日本人にとってはフィリピンは物価が安いため普段よりも豪華な生活をすることができます。そのため、行動が派手になってしまう日本人も多くおり、トラブルの種になっているので注意が必要です。

【お金を貸したら、あげたと同じ】

また、お金を貸す行為は控えてください。もしお金を少額でも多額でも貸したら返ってこないと判断しましょう。

これはフィリピンの文化のようなもので、フィリピン人同士でもお金の貸し借りは返ってこないというのが一般的な理解のようです。

知っておきたいフィリピン式恋愛感について

フィリピンは大半の人がカトリックです。カトリックは離婚が禁止されているため、恋愛に対しても真面目なイメージがありますが、現実問題かなり最近はフランクになっているようです。

【結婚までに多ければ10人ぐらいは付き合う】

フィリピン人の友人に尋ねたところ最近は女の人は結婚するまでに10人ぐらいの人と付き合う人もいるという回答をもらいました。

私の周りにも日本人の恋人がいながらも他の男性としょっちゅう食事に行っている人もいます。

【アプローチは男らしく男性から】

ただ、大きく一番違うのは女性からのアプローチが一切ない部分です。まれに女性からデートに誘ったりということがあるようですが、ほぼないと思って間違いないそうです。恋愛に関しては女性は待つ文化、男性は誘う文化です。フィリピン人女性は気になる男性ができた場合は、「あまり激しいアプローチをすると軽いと思われるため」おとなしくまっているのだそうです。

女性からデートに誘ったり、プレゼントをあげたりということは全くないといってよいほどありません。そのため、いわゆる草食系と言われる男子の恋愛は進展がないまま終わると思ってよいでしょう。

【はっきり断らないと延々続くアプローチ】

フィリピンの男性にアプローチを受けた女性は「忙しいからまた今度」なとと曖昧にデートを断ることはやめましょう。

日本は察する文化が一般的なため空気を読むという行為が一般的ですが、フィリピンでははっきり意見を言わなければ理解されないため、いつまでもアプローチが続きます。

【フィリピンのクリスマスは家族で過ごす】

クリスマスは日本では恋人や友人などとパーティーをすることがポピュラーですが、フィリピンでは家族と過ごすのが一般的です。

そして、バレンタインデーは男性から女性に愛情表現をする日です。バルーンや花束、チョコレートを男性があげる。これがフィリピン流のバレンタインデーとなります。

おもてなし接客は日本のみの文化

日本では「お客様は神様」という言葉があるように、仕事中の人はアルバイトも含めてよく働きます。しかし、フィリピンではあくまで仕事はお金を稼ぐものです。もちろん、仕事が大好きで情熱的に働いている方や夢を持っている人も大勢いますが、フィリピン人の大半はあくまで作業をこなす程度です。お店などに入って注文をする際やサービスを受ける際に気が利かないとイライラすることもあるいますが、受け入れるしかありません。

日本ではお客様のしたいことを呼ばれる前にするという文化ですが、全く違います。用事があればスタッフを呼ぶ、サービスが良ければ気持ちをチップで払う。そんな風に理解をするととても付き合いやすくなると思います。

口は災いのもと

フィリピンの人はおしゃべりが大好きです。日本の都市などと違い大きく遊べる場所などは特にありません。休日は近所の大きなモールなどに遊びに行ったり、人が集まる場所は全体的に限られています。

【ゴシップが大好き】

基本的におしゃべりしかすることがないので、男性も女性もゴシップが大好きです。「昨日〇〇くんと〇〇さんが一緒にいたよ」なんていう恋愛のお話は特に好きです。

特別悪意もなく話をしているようなので、もし言われたくないこと、聞かれたくないことがあるのであればぜひご自身で回避しましょう。

【仕事関係でも守秘義務を守るのは難しい】

仕事関係でもしフィリピンの人とかかわる場合は守秘義務というものを守ることもとても難しいかと思います。会社で出してはいけない資料を持ち出すようなことはありませんが、日本では一般的にタブーとされている給料面や人間関係のトラブルなど、フィリピン人には聞けば普通に話してくれます。

これは日本の社会とは全く違う部分なので、不快な思いをしてしまうこともあるかもしれません。「言われたくないこと」や「話してほしくないこと」は事前に理由を言っておくと、フィリピンの人たちは素直なので約束を守ってくれるでしょう。

時間にルーズ

フィリピン人の友人と9時に待ち合わせ。あなたは9時5分前に待ち合わせに行って相手を待ちます。9時を過ぎ、15分、30分、45分たってもまだ来ない……。

あれ遅刻なのかな?約束を忘れたのかな?そう思っていると、10時ごろに友人が到着。待たされたこちらはイライラしてるのに、ごめんも言わずに「じゃあ、どこ行こうか?」とニコニコしているフィリピン人……。

「9時に会おう」は、フィリピン人にとっては、9:00~9:59の間に到着することを前提に言っているようです。この前提に加え、「10分くらい遅れる!」と連絡があれば、さらに遅刻するので、時間前行動をしている自分にもイライラすることがあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?フィリピン人は一般的に温厚で、気が合う部分がとても多いと思います。フィリピン人の性格を理解しながら上手に付き合って行きましょう。世界で三番目に英語を話す人口が多いためコミュニケーションで困ることもさほどありません。

同じアジア人だからこそ共鳴できる部分も多いのでぜひ臆することなく上手にコミュニケーションをしていきましょう。世界が広がれば旅行や留学、海外生活が楽しくなること間違いありません。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP