c452d7_2d2741c0cca340b1a97cd396e7836fe8mv2_d_2560_1600_s_2

フランス・ストラスブールで食べたい2つのローカルフード

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

c452d7_2d2741c0cca340b1a97cd396e7836fe8mv2_d_2560_1600_s_2

世界遺産の街としても知られるフランス、アルザス地方にあるストラスブール。ストラスブールを訪れるならぜひ食べておきたい2種類のグルメを紹介します。

20150222-tarte-flambee-daniel-gritzer-18

タルトフランベ

日本語では「アルザス風極薄ピザ」とも呼ばれるアルザス地方の名物です。ストラスブールでタルトフランベを食べるなら、木組みの家々が並ぶ「プティト・フランス」と呼ばれる地区でのランチがおすすめです。

river-cruise

このエリアはストラスブールのなかでも特に趣のある宝石箱のようなエリアで、雰囲気のいいカフェやレストランが並んでいます。プティト・フランスのメイン通りから少しはずれたところにあるのが、アルザス料理のレストラン、「ル・ベックオフ・ダルザス (Le Baeckeoffe d’Alsace)」。

img_7832

このあたりは比較的人通りが少ないのでゆったりと落ち着いて食事ができます。アルザス料理のレストランにはたいてい、この地方の伝統的なデザインである赤と白のチェックのテーブルクロスがかかっています。田舎っぽい温かみがあって、可愛らしいです。木のぬくもりあふれる店内も素敵ですが、気候のいいときは外のテラス席が一番です。周囲の木組みの家々が眺められるテラスなら、座っているだけで幸せな気分になれます。

img_0339

こちらのタルトフランベは、生地に「フロマージュブラン」と呼ばれるクリームチーズを塗り、スライスした玉ねぎとベーコンを散らすのがオーソドックスなスタイルです。さらに違う種類のチーズやマッシュルームを加えたもの、ベジタリアンバージョンなどアレンジもさまざまです。 値段は種類によって一枚7~10ユーロです。一見サイズが大きいように見えますが、とっても薄いので小食の女性一人でも問題なく食べられるサイズ。男性なら2枚食べたいところでしょう。サクサクの生地とクリーミーなチーズの相性が抜群で病みつきになってしまいます。日本でもファミリーレストランのメニューに取り入れられるなど、知名度が高まりつつあるタルトフランベ。ぜひ本場のおいしさを味わってみてください。

<お店の情報>
お店:ル・ベックオフ・ダルザス ( Le Baeckeoffe d’Alsace )
住所:14, rue des Moulins 67000 Strasbourg

img_8420

プレッツェルサンド

プレッツエルといえばドイツ名物ですが、ドイツとの国境に近く、過去にドイツ領になった歴史をもつストラスブールでもメジャーな存在です。特におすすめなのが、ストラスブール大聖堂にほど近いオルフェーヴル通りにある「デュソーセリシュクリ (Douceurs Salees Sucrees)」。

saleessucreesfacade-copie

お菓子も主力商品ですが、やはりストラスブールのB級グルメ、プレッツェルサンドが充実しています。プレッツェルサンドとは、細長い形をしたもちもちのプレッツェル生地にチーズや野菜、ハムなどを挟んだもののことをいいます。一般的なサンドイッチとは違いしっとりとした食感なので、サンドイッチのパサパサ感が苦手な人でもおいしく食べられるはずです。おすすめは、クリームチーズとトマトを挟んだシンプルなサンドイッチです。なめらかなクリームチーズがたっぷりと贅沢に入っていて、さすがは酪農大国フランスです。

<お店の情報>
お店:デュソーセリシュクリ ( Douceurs Salees Sucrees )
住所:22 rue Orfevres 67000 Strasbourg

img_9499

朝食に、ランチに、おやつにとお腹が空いたときにいつでも食べられる手軽さが嬉しいプレッツェルサンド。天気のいい日には、ストラスブール大聖堂前の広場で大聖堂を眺めながらいただいてみてはいかがでしょうか。

tanneurs-2-ok1

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…

新着記事

  1. bodemuseum_und_museumsinsel
    たくさんの博物館・美術館があるベルリンドイツの首都、ベルリン。東西冷戦時には西ベルリン東…
  2. d0140806_1222327
    安価で手軽に行ける国タイタイというとどんなイメージをもっていますか?たくさんのバイクが並…
  3. 201701115
    「クルクプナル」(KIRKPINAR)/トルコ・エディルネ鍛え上げられた屈強・精悍な男たち、皮の…
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP