ベトナム世界遺産をめぐりながら独立戦争の歴史を知る旅

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

13512145_989581667823696_8399718026530540799_nアジア地域の中でも比較的治安がよく、物価が安くて食べ物も日本人に合うベトナム。

バックパッカー初心者でも旅がしやすい国だと感じた。

また、ベトナムの世界遺産は全部で8か所あるが、そのほとんどが国の北部・中部に集中している。

ベトナムは歴史が深く、魅力的な遺産が多いにも関わらず、その多くがまだ未開発で知られていないのが非常にもったいない。

そこで年末年始を利用して、北部にある首都ハノイin、中部の町ダナンout で世界遺産をめぐりながら旅をすることにした。

まるで水墨画の世界「ハロン湾」

ベトナムにある世界遺産で最も有名なのはこの「ハロン湾」だろう。

水墨画のような美しい風景がメディアや雑誌の写真でよく取り上げられている。

大小さまざまな奇岩と島々が3000ほどあると言われており、そのほとんどが現在は無人島である。しかし、かつては海賊の隠れ家になったりと面白い伝説も多い。

太陽の光によって水面はさまざまに色を変えるが、雨や霧がかかればさらに神秘的な雰囲気を醸し出す美しい光景が見られる。

13501899_989581697823693_5417949798960460725_n

私は、ハノイで宿泊した「May De Ville Backpackers Hostel」にてハロン湾1日ツアーを申し込んだ。

片道3時間ほどバスに揺られるが、車内で自己紹介をしたり、ガイドさんがベトナムの歴史や文化を紹介してくれたりと、退屈しなかった。みんなでシェアする船上ランチも味、量ともに満足するものであった。

途中で一旦カヌーに乗り換えて、洞窟など探検に出かけることができる。

静かなハロン湾でカヌーを漕いでいると本当に穏やかな気持ちになった。ときどき船頭の女性たちが歌うベトナムの民謡を聞きながら、ゆったりとした時間を満喫できた。

また、鍾乳洞の「ティエンクン洞」は、日本の鍾乳洞とは比べ物にならないくらにスケールが大きく、長い年月をかけて自然が作り出した芸術にとても感動した。

13435345_989581714490358_1213371740012653890_n

ハノイ市内で歩いて行ける世界遺産「タンロン遺跡」

かつて、ベトナム王朝の都が置かれていたハロン城跡。世界遺産としては比較的新しいため、私が訪れた時も発掘作業が拡大して進められていた。まだ観光客は少なく、世界遺産の割にあまり大切に保存されていない印象を受けたが、歴史的には非常に価値のある遺産である。

13495210_989581981156998_4220623012722583188_n

ハノイ市内は1日あれば、ほとんどの見どころを歩いて見て回れる。

・ホアンキエム湖(2016年1月、残念ながらこの湖に住むハノイのシンボルの大亀が亡くなってしまった)

・ハノイ大教会(ベトナムには熱心なキリスト教徒が多い。教会は外観も中も非常に美しく、夜のライトアップもよい。)

13509041_989581781157018_3407008440701250654_n

・ホー・チミン廟

フランス植民地時代、ベトナム独立と南北統一に人生を捧げたホーチミンが眠る場所。ホーチミンのご遺体は非常に美しく保存されており、今でも国民に愛されている「ホーおじさん」の素朴さと偉大さを感じられた。

・ホアロー収容所

世界遺産ではないが、人としてぜひ見るべき場所。

フランス支配に抵抗するベトナム人たちが収容され、拷問や死刑となった忌まわしい刑務所。恐ろしいギロチンや独房の様子が公開されている。祖国の自由と独立を求めて戦った人たちの多くがここで犠牲になったと思うと、涙が出そうだった。

フエの世界遺産グエン朝王宮

ハノイから飛行機で1時間、古都フエへ到着。

古都らしく、とても静かな町だった。

宿泊した「Sunny A hotel」(かつてのビンジュオンホテル)のスタッフも皆気さくかつ穏やかで、ハノイとフエの人柄の違いをすごく感じた。

宿から歩いてフエ王宮へ。

ベトナム最後の王朝グエン朝の王宮である。この遺跡も、ベトナム戦争などの激戦地となった場所であるため、瓦礫や多くの傷跡が今も残っていた。急速に復旧作業が進められている。

遺跡はとても広く、探検のしがいがある。ぜひ1日かけてゆっくりめぐりたい。

13508898_989581614490368_747436991697138158_n 13509127_989581557823707_621607105940772249_n

ノスタルジックな世界遺産ホイアンの街並み

フエからバスで4時間ほどでホイアンに到着。

バスターミナルからバイタクで町に入る。

町の雰囲気がとても素敵だった。

初めて訪れたはずなのになぜか落ち着く感じがするのは日本風の建築が多いからだろう。

17世紀には日本人が多く住んでいたため、日本建築の技術や文化が残っている。日本橋などはベトナム紙幣になっているほどである。

13445403_989581287823734_6671348932776120625_n

また、ホイアンはランタン祭でも有名で、夕方マーケットにはぼんやり輝くランタンの光が並ぶ。

夕涼みに川の流れを見ながら飲むビールと焼き鳥は最高に幸せだ。

ベトナムの旅の最後がここホイアンで良かった。

13494818_989581297823733_5995863570983391525_n 13432168_989581307823732_5751696759560209209_n

ベトナムの旅は、戦争の歴史と祖国の独立のために戦ったベトナム人の屈強な強さを感じることができた。

私はリアルタイムでベトナム戦争を知らない世代だが、自分の母親などは、「初めてテレビで戦争のリアルな映像を見てかなりの衝撃を受けた」と言う。10年も続いた戦いの中で、どれだけの人の命が犠牲になったかと思うと本当に胸が痛い。

ベトナム戦争で枯葉剤の後遺症を負ったベトちゃんドクちゃんは幼い私の記憶にも強く残っている。

同じ東南アジアでも、周辺国のタイやカンボジアとは全く違う雰囲気を感じたのはフランス植民地からの独立、強国アメリカとの戦い、数々の苦難に立ち向かってきたベトナム人の強さがそこにあるからなのかもしれない。

また、同じベトナムの中でも、北部と中部では町の雰囲気も人柄も全く違っていたのが非常に興味深く、次にベトナムを訪れるときはホーチミンなど南部にもぜひ行きたいなと思う。

13445700_989581951157001_2805616604923324931_n

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

新着記事

  1. あなたも一度は、「海外で生活してみたいな…」「英語を話せるようになりたいな…」と思ったことは…
  2. ワーキングホリデーを考えたときにふと気になるのが帰国後のことです。意気揚々と海外生活に飛び込…
  3. インドネシアでの生活というと、日本では具体的な情報も入ってきづらく、「未だに発展途上国の暮ら…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP