ベルリンの古着といえばここ!ベルリナーおすすめ厳選古着屋2選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

berlin-hipsters

今世界で最もヒッピーな流行発信地として注目を浴びているドイツの首都ベルリン。物価も安く若者の多い街として知られています。今回はそんな街の地元民もおすすめ古着屋を紹介していきたいと思います。古着目的でベルリンに来てもいいくらいセンスのいいお店がたくさんあります。では早速参りましょう。

p3210062

GARAGE

こちらは路地を入ったところにあり穴場です。地下にある店内には外観からは想像できないくらいの広いスペースにたくさんの商品が並んでいます。メンズもたくさん品揃えがあるのも嬉しいところ。

p3210049

Tシャツやエコバッグは1ユーロから。値札が付いていないものは量り売りとなります。毎週水曜は30%オフとなり、かなりお買い得に買い物ができます。色別にディスプレーされていてとても見やすくおすすめです。日本からのバイヤーなんかも見かけました。安くて質の良い古着を買うなら断然こちら、ガレージをおすすめします。

img_6098-copy

HUMANA

ベルリン市内に12店舗がありますが、Frankfurter Tor店が一番大きく品揃えが豊富です。5階建で、今まで世界で見てきた古着屋では一番大きかったです。特に5階のヴィンテージフロアには掘り出し物がたくさんあり、旧東ドイツのDDR時代の古着コーナーなで設けられています。ネクタイは1ユーロ、コートやジャケット、シャツや靴、アクセサリーも品揃え豊富です。タイミングがよければ、たった1ユーロでジャケットも手に入ります。

p3230128

ヨーロッパには「チャリティーショップ」と呼ばれる、営利目的ではない社会貢献を目的としたセカンドハンドショップが多く存在しています。チャリティーショップの多くは在庫を寄付や不要な洋服や本を一般の人々から集めるコンテナーから賄い、売り上げ分を発展途上国への支援や環境問題などに取り組む資金として社会貢献に使います。ヨーロッパの街を歩いていると、よくゴミ箱の横に大きな洋服用のコンテナーを見かけます。そこに不要になった服を入れるとチャリティーショップの在庫として店頭で売られます。(もしくは途上国への寄付等)なんでもここHUMANAはドイツで初めて道ばたに不要になった洋服を集めるコンテナーを設置した会社だそうで、こちらHUMANAも二酸化炭素を減らす活動や海外への支援などをしているそうです。買い物をして、社会貢献までできるのは嬉しいことです。ちなみにこちらの店舗は土日は休みですので要注意です。ですが、平日は朝10時から営業しているのがうれしいところ。朝からがっつりショッピングと楽しめます。

mauerpark_guentersteffen_1_ret_1024x768

Mauerparkのフリーマーケット

こちらは古着屋ではないですがおすすめまでに紹介します。毎週日曜日に開催されているMauerparkのフリーマーケットです。とてつもなく広いパーク内をマーケット会場にしており、じっくり見て回るには半日は掛かるでしょう。周りにはピクニックや休憩が出来る芝生やコンサートスペースがあり、とにかく出店数、来場者数に驚くことでしょう。他のフリーマーケットに比べ、業者の出店も多く、飲食店も含め本格的な店舗が多いです。フリーマーケットにしては、少し高めの値段設定の店もありますが、ヴィンテージやアンティークだけではなく、きちんとブランドタグを付けたオリジナル商品からハンドメイドやリメイク、ユニークなプロダクトなどバリエーションが豊富で見て回るだけでもかなり楽しめます。夏期シーズンは特に混み合っていますが、入場も無料なのでビール片手にぐるっと一回りするだけでも充実した1日を送れるでしょう。

hipster-ubahn-berlin-10_5eea0915e4d72c4f8f3377d6b9bfe681

まとめ

いかがでしたか?ベルリンに行きたくなってきましたか?どこの古着屋でもヒップな客層も目立ち、店員さんもかなりオシャレな印象でした。残念ながら日本からベルリンまでは直行便はありませんが、ヨーロッパを訪れた際にはぜひベルリンで寄り道する価値があります。物価も安くホテルや交通費も安く、首都にも関わらず人は多すぎず快適にショッピングを楽しめます。世界から注目され始めた流行最先端のベルリンで古着屋巡り、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  2. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

新着記事

  1. あなたも一度は、「海外で生活してみたいな…」「英語を話せるようになりたいな…」と思ったことは…
  2. ワーキングホリデーを考えたときにふと気になるのが帰国後のことです。意気揚々と海外生活に飛び込…
  3. インドネシアでの生活というと、日本では具体的な情報も入ってきづらく、「未だに発展途上国の暮ら…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP