メキシコに長期滞在。約一ヶ月半住んでみた感想(まとめ)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

メキシコシティーと郊外のタスコ・パツクアロ・モレリア・グアナファトを転々と約一ヶ月半滞在した。

PhotoImage_back_taxco_TAXCO_1

メキシコにこんなに長く滞在する予定はなかった。ニューヨークから飛んで2週間位の予定だったが、あんまり僕らの肌に合っている土地だったもので気づけば1ヶ月以上もメキシコに滞在していた。

メキシコシティーに夜の便でついて街に出ると、何ともまあ、賑やかだ。そこらじゅうにギター弾きがラテン音楽を奏で、軽快に歌ってる。

そして軽快なリズムに乗りながら人々がタコスを食している。

移動疲れしていた僕らだったけど、あまりにも楽しそうだったので、夜の街を散策しラテン音楽とタコスを楽しんだ。

メキシコの初夜があまりにもインパクトが強かったもので、シティー以外にも色々な地域に行こうと決めた。

郊外のメキシコはもっと賑やかだった。ラテンメキシコを体中で感じたいならやっぱり田舎町に限る。何しろ夜が楽しい。テキーラやマルガリータをトリッキーにキメテ、ふらふらになりながら夜の街を歩く。

10歩歩けば最高の音楽と美味い酒に出会える。アップテンポのラテン音楽は最高の酒の摘みになり、毎晩テンションは最高潮だ。

メキシコを知るならまずは日没にテキーラをキメルことから始めよう。

生涯忘れられない最高の思い出が出来るはずだ。

メキシコの郊外、特にタスコの街並みが好きだった。コロニアル調の建物が犇めくように連なり、坂だらけの道は全て石畳が退かれている。

まさにお時話に出てくるような街並みだ。

そしてなんといっても路地を走っている空冷ワーゲンたちが町の景観をより引き立てている。僕はなにせアンティークカーが好きなものだから、そんな車を見ているだけで毎日ワクワクしていた。

町中のタクシーやら人々の自家用車が殆ど空冷ワーゲンだ。なんでまた空冷ワーゲンばかりなのかは不明だが、最高に街の雰囲気とマッチしていた。

ラテン・メキシコという国は僕らに「ノリ」を教えてくれた。つまらない悩みなどノリで吹き飛ばそう。

人生なんてものは酒か、音楽にノッていれば、何とかなるんだよ。アミーゴ!

誰もがそんな事を言っていた気がする….。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. ※写真:World Travelスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP