ローマ市内はこれで完璧!バスとトラムの利用方法や注意点を徹底解説

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

皆さんは電車とバスのどちらが使いやすいですか?私にとって、電車は行き先が分かりやすくて楽なのですが、バスは細かく行き先が違ったり、方向が合っているのか間違っているのか判別しにくかったりと、なかなか苦戦してしまうものでした。

bus-Roma (1)

ローマでの生活を始めてすぐの時は、バスやトラムがどこへ向かうのか少々わかりにくくて嫌いでした。

そこで本記事では、バス・トラムに乗る際の不安が少しでも無くなるように、利用方法や乗り方、降り方、混雑具合や注意点まで、詳細に記してみました!

バス・トラムの利用方法

事前に…チケットを買う・行き先をよく調べる

バスやトラムのチケットはタバッキやメトロの駅で購入することができるので、事前に購入しておきましょう。バスの中では買えません。

また、イタリアには同じバス停に止まりながら全く違う方向へ行くバスが多いので、事前にしっかりどのバスに乗るか確認しておくことが大切になるでしょう。

バス・トラムを止める

まずは自分の乗る予定のバス・トラムがやってきたら、バス停に止まってもらわなければなりません。この時に重要なのはしっかり手を横に出すことです。

こうすることでバスは止まります。手を出さなかった場合、運転手が彼は乗らないと判断し、スルーしてしまいます。日本と違い、来たバスがすべて停止してくれるわけではないので注意!

黄色の機械を探す

バスやトラムに乗ったら、黄色の機械を探してください。これらの乗り物は、先ほど購入したチケットの打刻が必要になります。

S_5110572206096

ここで打刻することによって、そこから100分間の利用が可能になります。打刻の仕方は、機械の隙間にカードを差し込めばOK。「ギィィ」という音がして打刻完了です。

maxresdefault

ですが、倫理的な問題だけでなく、交通警察による抜き打ちのチェックがあります。チケットを持っていないと€50程度の罰金がありますので、普通に買った方がよいでしょう。

降りるまで油断しない!

降り方

降りる時は、近くにある赤い降車ボタンを押します。押すと「チン♪」と音がして、バス天井についたランプが点灯するようになっています。もし音がしない場合は、別のボタンを押してみてください。

S_5110572404215

また、日本に比べてボタンの数が少ないので、マイナーなバス停で降りる場合はボタンの近くに立っておいた方がいいかもしれません。

アナウンスがない分、注意が必要

なお、日本のバスとの最大の違いは、「アナウンスがない」こと。つまり次のバス停がどこか分からないのです。

事前に自分が降りるバス停の名前を確認するだけでなく、近くの有名な観光スポットをチェックしておいたり、Googleマップなどで現在地を追いかけながらボタンを押すようにしましょう。Googleマップは電波環境が無くても、事前に読み込んでおけば使えます。

もし全く訳のわからない所に行く、かつ今どこに自分がいるか把握するのも難しい場合は、バスの運転手さんに行きたい場所を告げておきましょう。親切な運転手さんであれば、そのバス停で止めてくれるはずです。

混雑具合

次にバス・トラムの混雑具合について考えてみたいと思います。

S_5110571190406

ラッシュ時

朝のラッシュ時、バスはとにかく人が多いです。7-8時の出勤や通学に被る時間が一番乗りにくいです。カバンはしっかり身体の前に置き、常に触れられるようにしておきましょう。

ラッシュ後

驚くほど一気に人が減ります。8:30くらいから一気に空き始める印象です。観光客はこの辺の時間を狙えば、混雑したバス、トラムに乗らなくて済むでしょう。

昼~夕方

基本的に空いているので、座れるくらいだと思います。荷物などの油断は禁物。また午後は小・中学生の学校の帰宅時間と被るため、多くの子どもが乗って来ます。たまに異常に混んでいるバスやトラムがありますが、見ると大抵学生が乗っています。

ラッシュ時

朝よりも混み合います。この時間は会社員だけでなく観光客などの移動の時間にも重なります。

ラッシュ後

この時間は路線によって混雑具合がかなり異なる印象です。たまにおかしな人や酔っ払いが乗ってきて、騒いだりするので、その点にだけ注意してください。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

その他の注意点

Traffico-Roma1

 バスはガタガタ揺れる

バスが驚くほど縦に揺れます。ローマの道が悪いせいもありますが、明らかにバスにも非はありそうな揺れ方です。小刻みに「ガタガタガタガタガタ」と揺れると、なんだか気分が悪くなります。

トラムはカーブに注意

トラムは路面電車のため、ガタガタ揺れることはありませんが、路線のカーブがところどころ急になっているため、横に強く揺さぶられることがあります。日本に比べてつかまる場所は多くないので、なおさら注意が必要ですね。

まとめとして

いががだったでしょうか?これだけわかっていれば、あとは好きにローマ市内観光をバスで楽しめるはず!皆さんもローマで素敵な観光を楽しんでくださいね!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  2. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  3. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP