一度は行きたい!札幌観光名所ランキング5選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

夏も冬も楽しめる街札幌

6111000100149北海道といえば何を思い浮かべますか?北海道といえば札幌を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。札幌は北海道の中心となっている街でありながら、豊かな自然とおいしいグルメ、そして北海道発展の名残を感じられる素敵な街です。

筆者は、生まれてから高校を卒業するまでずっと札幌に住んでいました。大学に入ってからは友達を連れて札幌に帰り、市内を観光するとこも多くなりました。

そんな筆者が札幌に訪れた際には一度は訪ねて欲しい観光スポットを5つご紹介します。夏は緑が生い茂り、冬は雪が積もる。四季が豊かな札幌だからこそ、同じ場所でも訪れる時期によってガラッと雰囲気が変わります。一度訪れたならばまた何度も訪れて、違った顔を見たくなってしまう、そんなスポット達をご紹介します。

1.大通公園

img_0-1まず、最初にご紹介するのは、大通公園です。札幌をイメージしたときに、ビルが立ち並ぶ街並みの真ん中に緑の縦に長い公園があるのを思い出しませんか?それが大通公園です。

大通公園は札幌市の中心地。大通公園を起点として、東西南北に碁盤上の街並みが広がっていきます。公園の西端には札幌のシンボル、札幌時計台もあります。札幌を観光で訪れたときにはもちろん、市民の日々の生活にも外せない場所です。

大通公園は、札幌の四季に合わせて表情を大きく変える場所でもあります。自然豊かな公園であるので、木々が季節によって趣を変えていきます。そして、四季に合わせて様々なイベントを行っているのも、特徴です。春には、ライラックの開花に合わせてライラック祭りを、そして5月にはYOSAKOIソーラン祭り、夏にはビアガーデン、そして盆踊りもできるさっぽろ夏まつり。秋には、道内各地はから旬の食材、料理が集まるオータムフェア、クリスマス近くの時期には、ドイツ・ミュンヘンとの姉妹都市協定を記念して行われるミュンヘンクリスマス市、そしてさっぽろホワイトイルミネーション。北海道の長い冬の中でも最も寒さも厳しく、雪も多い2月にはさっぽろ雪まつり。

季節やイベントに合わせて札幌の、そして北海道の魅力を満喫できるイベントが開催されています。これらのイベントは地元の方にも、観光客にも人気です。行ってみたいイベントに合わせて北海道旅行の旅程を組んでみるのも良いでしょう。

イベントのない時期にも、大通公園は市民の憩いの場となります。夏場には、芝生でピクニックをしたり、屋台で売られているとうもろこしやアイスクリームを食べる姿も多く見かけます。近くにはショッピングができるスポットも多いので、休憩に大通公園に寄って、休んでいく人も。観光の合間の休憩にもピッタリです。

2.北海道庁旧本庁舎

img_2956次にご紹介するのは、札幌の、そして北海道の発展の象徴の一つとなっている場所。北海道庁の旧本庁舎です。赤いレンガ造りの建物なので、愛称として「赤レンガ」とも呼ばれています。この赤レンガという呼び名は、市民にも親しまれていて、広報番組などのタイトルとして用いられることもあるようです。その他にも略称としては、「旧道庁」、「赤レンガ道庁」などとも呼ばれています。

北海道庁旧本庁舎の前には、まっすぐに伸びる銀杏並木があり、銀杏の葉が色づく季節には、赤いレンガと黄色い銀杏とが合わさってとてもきれいです。

歴史を感じる旧道庁舎の外観を見てほしいのはもちろんですが、旧道庁舎の中では、北海道開拓関係の資料を見ることができるのもポイントです。旧道庁者の管内は、北海道立文書館となっており、北海道の開拓史に関する資料が展示・保存されています。北海道に来たからには、その歴史を感じる時間を持ってみるのは素敵なのではないでしょうか。時間がある方は、ここでゆっくり過ごしてみるのも良いでしょう。

3.札幌市時計台

tokeidai札幌市時計台はがっかり観光スポットだと言われますが、そんなことはありません。やはり、札幌の観光には外せないスポットです。大きなビルに囲まれた札幌市の中心地に時計台はあります。大きなビルに囲まれているため、小さく見えますか、時計台は周りに高いビルがなかったころから市民に親しまれているシンボル的存在になっています。

昔は、この時計台の鐘の音が札幌中に響き渡り時刻を知らせていたようです。現在では、その音色は時計台の近くでしか聞くことはできませんが、札幌のラジオなどでは鐘の音が放送されています。この鐘の音を聞いて安心する札幌市民も多いはずです。歴史のある、そして市民に愛され続ける時計台に一度訪れて、その雰囲気を感じてみてください。

時計台の魅力は、その外観だけではありません。時計台の中にも入場料を払うと入ることができます。館内一階は、時計台の歴史を紹介するスペースになっています。ここで札幌の、時計台の歴史を感じることができます。そして二階は「演武場」と呼ばれているスペースになります。元は、学生向けの軍事訓練施設だったようです。天井が高く、音の響きがすばらしい空間なので、いまでは音楽会などが開かれています。大通公園や札幌駅からも近いのでぜひ訪れてみて下さいね。

4.さっぽろ羊ケ丘展望台

dkhd150905-03826次にご紹介するのはさっぽろ羊ケ丘展望台です。中心部からは少し離れますが、札幌ドームのほど近く、羊ケ丘にあります。手を伸ばしたクラーク博士の像がある場所がこの展望台。札幌の景色が一望できます。夏には羊も放牧されているので、ゆっくりとくつろぐにも良い場所です。

小さなチャペルや、ジンギスカンのレストランもあり、様々な楽しみ方ができます。羊ケ丘展望台に訪れて、広大な北海道の大地を眺めてみてください。天気の良い日には、夕日がきれいに見れるので、夕方に訪れるのもおすすめです。

5.モエレ沼公園

moere_gy01モエレ沼公園は、有名な彫刻家、イサム・ノグチが設計したアートパーク。廃棄物の埋め立て地跡に建てられた公園であることでも有名です。広大な敷地の公園には、美術館に迷い込んだかのような彫刻や建造物を見ることができます。

公園のシンボルになっているのは、巨大なガラスのピラミッド。パリのルーブル美術館前のガラスのピラミッドを思い出すような素敵なデザインです。ピラミッド内は、イサム・ノグチを紹介するギャラリー、フレンチレストラン、オリジナルグッズのショップなどが入っています。

公園内では、夏には芝生でピクニックをするのも人気です。春には桜、夏にはモエレビーチが、秋には紅葉、そして冬にはクロスカントリースキー。四季に合わせて自然を満喫できるスポットでもあります。入園料などもかからずに楽しめるので、ぜひ気楽に訪れてみてください。

札幌の魅力を満喫しよう

ilmi01今回は札幌に来たら一度は訪れてほしい魅力的なスポットを5つご紹介しました。札幌はこれらのスポットの他にもグルメや自然、温泉などたくさんの魅力を持っている街です。

ぜひ一度訪れて、その魅力を感じてみて下さい。一度足を運ぶとその魅力に取りつかれること間違いなしです!今回の記事もぜひあなたの旅程を組む際の参考にしてみてくださいね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP