世界一周で海外食べ歩きの旅をした。一番うまかった飯は?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

food1

どこの国にもその国の味があります。食べ歩きの対象になるかどうかは、その味が受け入れやすいかどうかやどこかに特徴があるかどうかにかかっています。

食文化が発達している日本から出発するバックパッカーは、自分で意識することがなくても、意外なほど舌は肥えています。おいしいものはおいしいし、まずいものはまずいときちんと感じられます。

だからこそ、食べ歩きによってそれぞれの味の差を感じ取って楽しめるわけですね。

バックパッカーとして旅をしている間に、是非味わっておきたい世界各地食事をご紹介します。

本場の中華料理?

日本で食べる中華料理と本場であるはずの中国の料理は不思議なことにかなり隔たっています。

日本の中華料理はラーメン・チャーハンから、高級食材を使ったコース料理までありますが、どれも日本に伝えられた後日本風にアレンジされています。

一方で中国の食事は、まず地方ごとに全く違っているため、中国を代表する食事といっても何をあげていいか、誰にもわからないのではないでしょうか?

それでも、中国の食事はどれも不思議さと美味しさとちょっぴりの怖さを交えた特徴的なものです。不思議さの理由は味付けにあります。

どうしても日本で食べる中華と比べてしまうせいかもしれませんが、どれも見た目は身近なのに味が違うという感覚を持つのです。「麻婆豆腐」も「チンジャオロース」も似て非なるものなのです。

もちろん美味しいものは美味しいのですが、実はこんなものが材料に? 味付けに? という怖さあり、刺激的な食事を楽しめます。

香港飲茶天国

food2
中国の一部ですが、位置的に離れているのとイギリスなど外国の影響を大きく受けたことから、似て非なる食文化を持っているのが香港です。

香港の食事で最初にあげられるのが「飲茶」ですね。香港人は飲茶が大好き。会社のランチタイムにも、友人とのお出かけにも、家族との食事会でも、飲茶を楽しみます。

香港を訪れるバックパッカーもきっと飲茶を食べる機会があるでしょう。日本では高価だったりなかなかお目にかかれない飲茶ですが、香港は街の至るところでそれもかなり安く食べられるからです。ただし、点心は2~4個ずつセットになっているので、一人飲茶は苦しいものがあります。

また、お粥やワンタンメンといった椀料理も香港ならではの食事として地元っ子からバックパッカーら旅行者たちの、胃袋を満たし続けています。

韓国カルビとキムチ

food3
バックパッカーが韓国へ行く目的の5割は「焼肉」にあるのではないでしょうか? 日本人のほとんどが身近なご馳走と考えている焼肉のカルビをがっつりと食べられる本場が韓国ですね。

ツアーで訪れるような焼肉店はもちろん美味しいけれどそれなりに高価です。そこでチャレンジしたいのが、オープン屋台スタイルの焼肉です。路地にブルーシートやベニヤやトタンなどで作った簡易レストランといった様相の店で、しっかりと自家製のタレにつかったお肉を焼き、ナムルやキムチをつまめば、料金は格安なのに味も気分も最高です。

日本で食べる韓国焼肉とは違った味付けや食べ方のルールなどもあり、滞在中にあちこちの焼肉を食べ比べ歩きをしたくなりそうです。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

タイ料理で甘辛酸を味わう

food4
世界でも有名なタイ料理、本場で味わうと一味も二味も違っています。

近年日本にも増えてきたタイ料理店ですが、やはり日本人の口に合うように工夫されていることが多く、辛いといっても火を噴くほどではなく、甘さも控えめで気づかない程度、酸っぱさも上品にアレンジされている気がします。

でも、本場のタイ料理は遠慮がありません。ガツンと辛く、口にするなり唇と舌にあてがうアイスパックが欲しくなるほどだったり、涙が出て止まらなかったりします。その辛さを微妙に中和してくれているのが甘さと酸っぱさです。植物性の糖分と柑橘系の果汁を使った優しい自然な味わいがある程度は助けてくれるでしょう。

有名な「トムヤムクン(スープ)」や「ソムタム(サラダ)」などは、レストランなら最初から辛さを選んでオーダーでき、屋台なら目の前で作ってくれるので、トウガラシの量を指定できます。

ただし、辛さと生ものの組み合わせは要注意。翌日のお腹が心配です。

右手で味わうインド料理

food5
辛さでタイ料理に負けないインド料理もバックパッカーが洗礼を受ける食事の一つでしょう。

インドも広いため、地域ごとにその「カレー」の味は異なりますが、基本は辛さが何よりも勝っています。トウガラシをイメージさせる赤やカレーの黄色ではなく、ココナツミルクの白やクリーム色が勝っているカレーでも、辛さは別物。

また、たっぷりと油を使っているのも特徴なので、お腹を壊す確率はかなり高めです。

でも、食べ続けるとクセになるあのコクと辛さ。インド各地を旅するなら、右手を使って食べるワザを身につけてそれぞれの地域のカレーを是非食べ比べていきたいものです。

にんにくとピーナッツのコラボレーションならインドネシア&マレーシア

food6
文化的によく似た背景を持つインドネシアとマレーシアは、食文化も似ています。そして不思議なくらい、日本食にも近いため、バックパッカーたちにとっては安心して食べられる食事が多い国といえるでしょう。

「焼きそば」、「焼き飯」、「サテー(焼き鳥)」などは、日本と見た目もそっくり。ただ、にんにくの量が多く、焼き鳥にピーナッツソースがかかっているところが違っているのです。

日本と全く同じ食事では、つまらないですね。よく似ているのに、違った食べ方や味付けをしている、それなのに、やっぱりおいしい、それがこの地域の食事の特徴でしょう。

イタリア料理でシーフード三昧

food7
日本でも大人気のイタリア料理。本場イタリアではさらにオリーブやスパイスが豊富に使われた食事を楽しめます。嬉しいことにボリュームもアップ。

イタリアの海に囲まれた半島や海岸部の都市ではシーフードが、内陸部ではハムや肉の煮込み料理などが食べられますが、どれも日本のイタリア料理をもっと濃厚にした感じ。オリーブオイルがたっぷりと使われているために、「パスタ」も「サラダ」も「ピザ」もカロリーが高そうにみえますが、良質なオイルはバックパッカーとして旅をしている間に不足しがちな体の内側の潤いを満たしてくれるかも。

食べることが大好きな人の暮らす国イタリアでは、目に映り、鼻が嗅ぎつけたさまざまな食事を片っ端から試していきたいですね。

背筋を伸ばして本場フレンチ

food8
食の本場と呼ばれるフランスでは、予算を切り詰めたバックパック旅行であっても、一度くらいは正式なフランス料理を食べに出かけてみたいものです。

超高級レストランはドレスコードがあって、入店できない場合もありますが、そこは本場フランスだけあって、カジュアルなフレンチレストランもちゃんとあります。

街角のカフェやクラブでも夕方以降は軽いフレンチを食べられるところがあり、お酒や音楽を楽しみながら見た目も味も素晴らしいフレンチを楽しめます。

ただし、フランス人にとって食事は心から楽しむもの。その店にあったドレスコードや食べ方などのマナーを守るスマートさも持ちたいですね。

街のパン屋で売られる出来立てのナゲットサンドも、ショーウィンドーごしにその小ささと値段を見比べてため息が洩れるおいしそうなスイーツも予算繰りを何とかして食べ歩きたいものです。

大ざっぱにがっつりアメリカ料理

food9
アメリカ料理ってあるの? と思われるかもしれませんが、アメリカにはアメリカの食文化があります。その代表がハンバーガーです。

日本ではハンバーガーはファストフードのイメージですが、アメリカでは有名レストランでもハンバーガーを注文できます。大きなお皿に乗って登場するハンバーガーは、手で持って食べることが難しい巨大なパテと野菜と山盛りのポテトとがセットになっています。ハンバーガーというよりは、パンパテ付きのハンバーグプレートセットといった感じ。

またファストフードのハンバーガーも、巨大で具だくさんなのは共通ですが、チェーン店やダイナーなどによって味が違います。広いアメリカをバックパッカーとして旅していると、毎日3食ハンバーガーが続く日もあります。

大ざっぱだけど、がっつりとお腹に溜るアメリカ料理もその違いを味わうと考えれば楽しめそうです。

まとめとして

ご紹介できない国や地域にも見逃せない料理はたくさんあります。それらは必ずしも美味しいものばかりではないし、誰の口にも合うというわけでもありませんが、そこを訪れた記念か思い出として一度は味わいたいものです。

3食を外食しがちなバックパッカーだからこそ、世界中のさまざまな食事と味を堪能できます。食べず嫌いは棚に隠して、チャレンジしましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. 一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP