世界一周人が教える海外の安全対策・治安まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Security world trouble travel

トラブルはつきもの……しかしリスクは減らせる

短いものであっても、旅がすべて計画どおりにいくなんていうことは、なかなかありません。まして、世界一周のような長期間におよぶ旅であればなおさらです。

日本人が海外へ行く際、とくに気をつけたいのは安全対策です。
ずっと日本で暮らしていると感覚が麻痺してしまっているかもしれませんが、世界には日本のように安全な国はめったにないのです。また、「日本人はお金を持っている」というイメージは今でも根強いため、ターゲットになりやすいという面もあります。

ですから日本で生活しているときと同じような感覚でいると、思わぬトラブルに遭遇する可能性があるのです。

言葉も通じなければ土地勘もない異国の地でのトラブルは、非常に心細く、先の見えないものとなりがちです。できればよけいなトラブルには巻き込まれないようにしたいものですね。

旅にトラブルはつきものですが、知識を頭に入れておくことでそのリスクを少しでも減らすことはできます。
こればかりは、どんなに気をつけても気をつけすぎるということはありません。

トラブルの代表格 盗難対策

Pickup man

海外と日本との最大の違いは、盗難の多さでしょう。ほんのわずかな隙を見せただけでも、いつのまにか手荷物がなくなっているということはあります。

あらゆる盗難に共通していえるのは、「貴重品を分散して持つ」、「必要のあるとき以外は荷物は最小限にする」という意識をもつだけでリスクをかなり小さくすることができるという点です。
また、地元の人に聞いたりインターネットで調べるなどして、事前に「近づかないほうがいい地域」を知っておくことも効果的です。

【置き引き・抜き取り】

海外での盗難というと、最も頻繁に耳にするのが、バスや電車などでの移動時の盗難でしょう。旅慣れている人であれば、一度や二度は被害に遭った経験があるのではないでしょうか。
とくに夜行便の場合には、隙ができやすいことと車内の暗さも相まって、被害に遭う確率が高くなります。

まず対策として大切なのは、バッグ類にはすべて鍵をつけることです。そして、ワイヤーなどで座席と固定してしまいましょう。

たかがそれだけで、と思われるかもしれませんが、こんなシンプルなことだけでも効果は抜群です。
なぜなら、犯人の立場からするとターゲット選びの際に重視したいのは、「いかに手間をかけずに荷物を盗めるか」だからです。ナイフや工具があれば鍵やワイヤー程度を壊すことは簡単ですが、時間がかかってしまいますし目立ちやすいでしょう。すると、あらかじめターゲットから除外してくれやすいのです。

バッグも、ファスナーの脇に隙間がないものをなるべく選びましょう。多くの犯行は、バッグそのものを持ち去ることよりも、バッグのなかからカメラや時計といった特定のものだけを抜き取ることのほうが多いためです。

夜行で眠る際には、貴重品はポーチに入れて腰につけ、背中側にまわすとよいでしょう。座席と背中との狭い隙間からわざわざ物を盗みだそうとするのは、犯人にとってはよけいな手間でしかないからです。
同じ理由で、通路側よりも窓側の席に座るようにすると、盗難リスクを減らすことができます。
それからもうひとつ気をつけたいのは、座席の下の空間に荷物をおく場合ですです。下側があいているタイプの座席だと、後ろの席から手を伸ばしてきて盗難をするという人もいるためです。

ただ、なによりも心がけておくべきは、不用意に貴重品を見せないということでしょう。
犯人としても、確実に利益があると確信できる相手だけをターゲットにしたほうが効率がよいわけです。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

【ひったくり・スリ】

Purse-snatching

ひったくりやスリも、海外でのトラブルとしては上位に入る盗難ですね。

プロのひったくりの手口は、まるで芸術のような鮮やかさです。被害にあった側も「いつ取られたのかわからない」と言っているケースが多く、一度ターゲットにされてしまったら完全に回避するというのは困難でしょう。

ですから、なるべくターゲットにならないようにすることと、盗まれても被害を最小限にとどめることが大切です。

第一には、極力人混みを避けることです。日本でも満員電車でのスリが多いように、身動きがとりづらく周囲とも密着しがちな場所は、敵にとっては恰好の猟場となります。
祭りやイベントなどを見にいく場合には、貴重品や高額紙幣などは宿において、最低限の持ち物だけでいくようにしましょう。

それから、気さくに話しかけてくる人にも要注意です。
現地での人とのふれあいは旅の醍醐味ですし、本当に善意で話しかけてくる人だっていますから、全員を疑っていてはキリがありませんが、それでも油断だけはしないようにしましょう。
仲良くなって一緒に写真を撮っているうちに気づいたら荷物が消えていた、なんていう話もよくあります。

【強盗・空き巣】

Hotelsgfdsagfdas

こちらは命にかかわる盗難です。
置き引きやスリは巧妙な知能犯ですので、命まで狙われることはめったにありません。彼らはあくまでも罪を軽微に抑えて、日常生活にとけ込みながら生活をしたい人々がからです。
ところが強盗や空き巣の場合は違います。力ずくで金品を奪う彼らは、端的にいって、「1人殺すも2人殺すも同じ」だと考えています。

まずは、ターゲットにならないようにすることが最善の防御策です。
22時以降の外出は絶対にやめましょう。日本のように深夜で若い女性が一人で歩いていられる国のほうが世界では異端です。
そして、宿のドアにも南京錠などで厳重にロックをしておきましょう。場合によっては、従業員がグルになって強盗や空き巣を呼び込んでいるケースもあるためです。

それでも強盗に襲われてしまった場合には、素直に金品を渡してください。無駄な抵抗は寿命を縮めるだけです。命より大切な持ち物なんてありませんよね?
また、相手の顔を見てはいけません。口封じに殺されてしまうこともあるでしょう。

どこにでもいる 詐欺対策

盗難に劣らず多いのが詐欺です。
詐欺師にとって、異邦の民である旅人は最も騙しやすい相手となります。こちらとしても、その地の文化への馴染みが薄いぶん、詐欺師が強く出てきた場合にはつい弱腰になってしまいがちです。

しっかりと予備知識を蓄えておき、いざというときのために備えておきましょう。

【両替、釣り銭のごまかし】

Currency exchange

日本ではコンビニなどで買い物をしても、ろくに釣り銭を確認せずに財布にしまってしまう人も多いのではないでしょうか。しかし海外ではこれは厳禁です。
直接お金をやりとりする場ほどお金を騙しとりやすい場所はないからです。

お金を受け取ったときは、その場でしっかりと金額の確認をしなければなりません。その場を離れてから騙されたことに気づいても遅いのです。その場その場での確認を怠らないよう癖をつけましょう。

計算が合わないときは、絶対に妥協してはいけません。
もし、相手が純粋にミスをしていただけであれば、素直に正しい金額を返してくれるでしょう。しらを切ったりごねたりするような相手は確信犯の詐欺師です。根比べになりますが、わずかな額でも負けないようにしましょう。

しつこく食い下がってもそれでも駄目な場合は、「警察を呼んでくれ」と友人や周囲の人に言いましょう。
詐欺師も大事にはしたくありませんので、だいたい返してくれるはずです。

【スキミングやカードの不正利用】

Skimming

近年増加しているのは、スキミングやカードの不正利用による被害です。
クレジットカードやキャッシュカードは、荷物の多い長旅においては強い味方となりますが、セキュリティの面には充分な注意が必要です。

対策としては、まず、クレジットカードを使うときは絶対に目のまえで手続きをさせることです。そして、サインは漢字で書くようにしましょう。複雑でバランスもむずかしい漢字は、なかなか書き慣れていない人間には真似ができないものです。
暗証番号を入力する場合には、片方の手で隠すようにすることも大切です。

そして、公共の場では金融機関のサイトにもログインしないことです。どこで誰が盗み見ているかわかったものではありません。

その他

vaccination

ほかに、安全対策として忘れてはならないのが、予防接種です。
海外で重い病気にかかると、医療費は目の飛び出るような金額になってしまうこともあります。事前にしっかりと以下の予防接種を受けておくことは必須です。

・A型肝炎(アジア、中南米、アフリカ)
・B型肝炎(東南アジア)
・日本脳炎(アジア)
・黄熱病(アフリカ、南米)
・狂犬病(アジア、中南米、アフリカ)
・ジフテリア(ロシア、東ヨーロッパ)
・破傷風(不衛生な環境に行く場合)

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 2025km、61日間の思い出写真…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  3. ※写真:World Travelスタートから39日目~43日目…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP