世界一周クルーズの料金やおすすめの船一覧「日本発」

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Round-the-world cruise

Luxury liner2

最上級の贅沢・世界一周クルーズ

世界一周をする方法は、飛行機を使うものばかりだけではありません。
人間には、まだ飛行機もない時代から利用してきた長旅用の交通手段があるはずです。そう、それは船を使う方法です。16世紀に人類初の世界一周を成し遂げたフェルディナンド・マゼランの一行も、もちろん船を利用した世界一周でした。

当初は船による長旅というと、つらく苦しいものというイメージが根強かったかと思いますが、やがて高級ホテル並みの設備をもった豪華客船が登場するようになると、状況は一変します。
1920年代、イギリスの客船「ラコニア」が世界一周を達成すると、富裕層にとって世界一周旅行はポピュラーなバカンスとなりました。まさしく、世界一周を経験することは上流階級の人々からすれば最上のステータスであったわけですね。

現在も、世界一周クルーズは非常に贅沢なバカンスです。いいえ、もしかしたら、以前よりも贅沢度合いは高くなっているかもしれません。
なにせ、現代人は忙しいのです。「お金はあっても時間がない」という人がどれほどいることでしょうか。それをわざわざ、飛行機以上に時間のかかる客船で世界一周をしようというのですから、これ以上の贅沢があるでしょうか?

今でも「世界一周」という言葉に優雅で高級なイメージが強く寄り添っているのは、世界一周クルーズの存在が大きいためでしょう。

世界一周クルーズの特徴、ポイント

【クルージングの期間】

一見すると、世界一周クルーズの期間はまちまちです。
ためしに「世界一周クルーズ」で検索してみるとよいでしょう。最もコンパクトなものでは2週間程度というルートもありますし、50日程度というものも数多くあります。

しかし、くわしく読めばこれらが狭い範囲を周遊するだけの準世界一周にすぎないことがわかるはずです。
もっと安く旅行に出る方法がいくらでもある時代にわざわざクルーズ船による世界一周をしようというのですから、本当の世界一周をしたいものです。

しっかりと太平洋・大西洋をそれぞれ通って一周してくる世界一周クルーズでは、90日から100日以上という場合がほとんどでしょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

【料金の相場はあるか?】

moneyqq

一般的にクルーズ船では、客室のクラス分けが幅広くなっています。そして期間が長くなればなるほど料金の差額も大きくなりますので、世界一周クルーズの料金は客室によってまったく変わってくるといえるでしょう。

たとえば、日本籍で最もポピュラーなクルーズ船である「飛鳥II」の112日間クルーズの場合であれば、最も安い客室で493万円、最も豪華な客室では2,785万円となりますから、その差は5倍以上にもなります。

それに加えて、ツアーによってサービス内容も違いますし、有名人のディナーショーなどがついているツアーだってあります。
ですから、世界一周クルーズには相場というものは実質的にありません。

しかし反対に考えれば、予算によって選択肢も多いということです(もちろん、ある程度経済力のある人に限定されますが)。

【航行ルート】

Round-the-world cruise2

ルートも当然それぞれのツアーによってまちまちです。おおむね、100日を越えるツアーであれば20か国以上に立ち寄ることとなるでしょう。
ただひとつだけ確実にいえるのは、予定外の場所に立ち寄ることはないという点です。

飛行機を利用する世界一周とは異なり、クルージングの場合はあらかじめ決められた経路をたどってあらかじめ決められた場所にだけ寄港することになります。そのため自由度は低くなりますし、興味をもったからといって急に違う場所へ向かうということもできません。

もっとも、よけいなことを一切考えなくてよいというのも気軽でいいものではあるでしょう。

また、各寄港地ごとに豊富なオプショナルツアーが用意されていることも多いので、一切の選択の自由がないというわけではありません。

【その他、気をつけておくべきこと】

世界一周クルーズに参加する場合は、かなり早くから準備をしておく必要があります。

多くの世界一周クルーズでは、出発の1年半ほどまえにツアーの開催が発表されます。この段階から予約は可能となりますし、早期に予約をすると「早割」が適用されるツアーも多いため、絶対に行こうときめた人は早めに客室を確保してしまいましょう。

料金の支払いは、出発半年まえまでには求められることが多いでしょう。予約が早かった人であれば、1年まえの時点で何割かを頭金として先に納めるよう要求される場合もあります。
キャンセル料は、7,8か月ほどまえから必要になることが多いようです。

海外旅行保険やビザの取得手続きなどは、その都度旅行会社から案内があるかと思います。高額なクルーズですから、そのあたりのサポートは万全です。言われるとおりに手続きをひとつずつこなしておけば、出発直前に慌てたり困ったりするということはないでしょう。

世界一周クルーズの持ち物

Belongings travel

世界一周クルーズは、常にホテルに泊まりながら旅をするようなものです。寄港時も必要なものだけを持って船の外に出ればよいわけで、大きな荷物は客室内に置きっぱなしにしておくことができます。

ですから持ち物は、飛行機を利用しての世界一周の場合と比較するとかなり自由度が高くなるでしょう。少しでも必要だと思ったものは迷わず荷物に加えたほうが充実した旅になるかもしれません。

ただし、そうはいっても限度はあります。あまりにかさばるのは考えものでしょう。
そこで、なるべく洋服は重ね着できるものを厳選するようにしておくと、世界各地のさまざまな気候に対応することができます。

世界一周クルーズならではの必需品としては、フォーマルな服装や名刺入れなどの必要性が考えられるでしょう。
船上でのパーティーなどが催されることも多いですし、オプショナルツアーのなかにはドレスコードのある場所へ訪れるケースもあるはずです。

代表的な世界一周クルーズ

Round-the-world cruise3

以下に、有名な世界一周クルーズ船を紹介しておきます。
検討する際の参考にしてください。

【飛鳥II】

asuka

日本郵船の子会社である郵船クルーズによって運航されています。日本船籍としては最大のクルーズ船でもあります。
年によって内容は変わってきますが、毎年110日前後で世界一周をするクルーズが用意されています。

2015年版は、422万円から2,634万円で104日間の旅となっています。

【ぱしふぃっく びいなす】

ghfdagasdfgsdf

日本クルーズ客船によって運航されているクルーズ船です。日本船籍としては2番目に大きいクルーズ船です。

2015年版では数種類のルートが用意されており、それぞれ97日間となっています。料金は最も安いルートで、290万円から1,780万円までです。

【クリスタル・セレニティ】

gsdfagsdfag

アメリカのクリスタル・クルーズによって運航されているクルーズ船ですが、日本郵船の完全子会社でもあるため、日本でも馴染みの深い世界一周クルーズのひとつでしょう。

2015年版では108日間で、35,400ドルからとなっています。

【アムステルダム】

543264523

ホーランド・アメリカによって運航されている、世界でも最大規模の6万トン級のクルーズ船です。全客室のうち8割が海に面していることも特徴です。

2014年版の場合では、113泊で2万ドルから8万ドルまでの料金が設定されています。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  3. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP