世界一周中に薬局を探す時の注意。現地調達に失敗しないために

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

yakkyoku

「世界一周」中でも、持病があれば当然常備薬が必要です。また、健康そのものであっても、どんな病気にかかるか分かりません。

自分で対処できない症状であれば、医師のお世話になるしかありませんが、ちょっとした風邪や腹痛、ケガなどには自己ケアできるものもありますね。

そこで、「世界一周」中に使う可能性のありそうな薬の入手方法についてまとめてみました。

日本から持ち出せる薬

持病があれば、普段から服用している薬を持参するのがベストです。持病とまでいかなくとも、使い慣れていて、さらには体に合っている薬を持っている安心感は、「世界一周」で長く日本を離れるからこそ必要かもしれません。

基本的に、自分自身が服用する薬の持ち出しは認められています。ただし、一部の薬品は制限があるので注意が必要です。

また、箱や瓶から出したバラ薬や、処方された薬の場合、薬の用途がはっきりしないために、持ち出す際に質問を受けたり、場合よっては没収もあり得ます。

それを防ぐためにも、かさばりますが、少なくとも箱、説明書、処方箋は一緒に持つほうが無難でしょう。

日本から持ち出せない薬

原則的に個人使用の薬は持ち出せますが、一部に例外があります。

まず麻薬類。これは許可なく所持すること自体が禁じられているので、持ち出せないのも当然ですね。ただし、持病によっては、「医療麻薬」が強力な鎮痛剤として使われることがあります。

医療麻薬は、地方厚生(支)局長の許可があれば持ち出すことが可能です。

また「向精神薬」の持ち出しにも注意が必要です。「睡眠薬」、「精神安定剤」などは、自分の病気治療を目的としていることを証明する書類を所持していれば、一定量に限って持ち出すことができます。

特定の国に持ち込めない薬

日本から持ち出せたからといって、渡航先の国に持ち込めるとは限りません。薬の所持や持ち込みに関する法律は国ごとに異なるため、各自の渡航先ごとに確認をする必要があります。

市販薬は基本的に自己治療用の一定量であれば、ほぼ問題ありません。ただし、日本で許可されている成分が海外でも許可されているとは限らないため、特別な薬を持参する場合には注意しましょう。

また、処方薬の場合も同じですが、あきらかに個人的な必要量を越えている場合には厳重なチェックを受ける可能性が高くなり、没収や別室での取り調べとなるかもしれません。

海外で薬を所持するために必要な書類

持病薬にしても予備薬にしても、「世界一周」中に所持する予定の薬は、英文リストを作成しておくことをおすすめします。

市販薬に関しては、箱や説明書を持参し、それを口頭で説明する英語力に自信がない場合にはあらかじめ英訳を手に入れておくと安心です。

また処方薬の場合には、処方箋の英訳を持っていれば、無用なトラブルを避けられます。

持病がある場合には、医師の英文診断書を用意しておくと、薬の所持だけでなく、万一旅先で医師の診察を受ける時にも役立ちます。

ただ、これらの英文書類は、医師も薬局も進んで提供してくれる種類のものではありません。快く引き受けてもらえたとしても、文書料がかかるのは当然でしょう。

翻訳ソフトなどを利用して必要書類を自力で英文化し、それに医師や薬剤師のサインをもらうという方法もあります。

現地調達方法

pharmacy

慣れた薬があればそれにこしたことはありませんが、あらゆる薬を持っていけば、「世界一周」の荷物は膨らみ過ぎてしまいます。

一般的な薬は、世界のどこでも、人が暮らしているところなら手に入ります。こだわる必要のない薬は現地調達にして荷物を軽量化しましょう。

ただし、日本と全く同じ薬が手に入る確率はかなり低くなります。そこで、よく使っている薬に関しては、主要成分を調べてメモしておくことで、成分名から似た薬を見つけ出すことができます。

現地薬局での注意事項

街で売られている成分表のない薬を服用するのは、一種の賭けのようなものです。薬を服用するのは、体調の悪い時。だからこそ、信用できる薬品を手に入れるべきでしょう。

さらに、現地薬局で自分の好みでない薬を強力にすすめられることもあります。その場合も、店員の意見をうのみにせず、成分表をよく調べることが大切です。

また、まれにではありますが、薬局内で売られている薬の中身がすり替わっていたり、薬局の奥へと連れ込まれて違法な医療行為を受けるよう強引に誘われることもあるようです。

弱っている時に頼る場所だからこそ、つい信用してしまいがちですが、そこは「世界一周」中の危機管理の一場面です。不安のある薬や治療は避けたほうがいいでしょう。

現地薬の使用上の注意

現地薬といっても、その場で調合されるような民間薬はあまり見かけなくなりました。唯一、中華系の漢方薬局で処方されることがある程度でしょう。

そのため、見るからに怪しい薬というのは少なくなっていますが、普通に薬局で売られている市販薬であっても、日本人の体には合わないものもあることを知っておきましょう。

これは、日常生活が異なることが関係しています。特に、お腹のトラブルの元になる「菌」に対する耐性は、現地の人と日本人ではかなり異なります。当然、薬の強さも違います。

現地薬の効き目はいいかもしれませんが、それだけ、他の部分に負担をかける可能性もあるため、やはり、成分表のチェックは怠るべきではないでしょう。

また、飲み薬の多くは、子供や成人の平均体重に合わせた服用量が記載されています。そのため、ヨーロッパやアメリカなど、日本人と比較して平均体重が多めの国の薬は、量を加減して飲まないと強すぎる場合があります。

薬局で購入する場合には、自分の体重と年齢を自己申告した上で、服用量の相談をすると安心です。

郷に入っては郷に従え?

使用している薬が国ごとに異なっているのは、国ごとに病気やけがも異なっている部分があるためでもあります。

風邪と一言で片づけられる症状も、熱帯地域でひいた場合と寒さに凍える地域でひいた場合では対処方法が異なります。かかりやすい感染症の種類も地域によって大きく異なります。

分かりやすい例では、旅先で多くの人が体験する「下痢」。その原因は多くの場合「菌」にありますが、その「菌」も地域によってまちまちです。

そのため、その地域の「菌」によって引き起こされた下痢には、その地域の薬が非常に効果的な場合があります。

お腹の調子が悪い状態が続き、常備薬が効かない時には、宿泊先や顔見知りとなった現地の住民に相談してみるのも一つの手です。

まとめとして

たとえ十分な保険に入っているとしても、ちょっとした頭痛や腹痛、切り傷などで病院通いをするのは、時間のロスになることもあります。

多くの旅人が、症状が軽い時には精神力と体力と常備薬とで対処しています。

常備薬は、できれば慣れたものが嬉しいのは誰もが同じ。だからといって、バックパックを薬で埋めるのは、荷物量が限られる「世界一周」にとってマイナスになるだけでなく、出入国に際しても余計なトラブルを招く原因となりかねません。

そこで、日本でしか入手できない必須薬を絞り込んで英文の説明書きと一緒に所持し、それ以外の薬は必要に応じて現地調達するスタイルが賢明ではないでしょうか。

また、十分な保険に入っていれば、軽い症状であっても健康診断を兼ねるくらいの気持ちで医師の治療を受けられ、薬も処方されます。手間や時間はかかりますが、もっとも安心で確実な方法です。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP