世界一広いタイ国際航空のロイヤルシルクラウンジってどんな場所?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

1-5

タイ王国のナショナルフラッグキャリアであり、サービスにも定評があるタイ国際航空。そのハブ空港となるスワンナプーム国際空港には、タイ国際航空ロイヤルファーストクラス搭乗者専用の「ロイヤルファーストラウンジ」のほか、ビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)搭乗者が利用できる「ロイヤルシルクラウンジ」が5つもあります。

suvarnabhumi-3

なにしろ、スワンナプーム国際空港の旅客ターミナルビルの総床面積は563,000平方メートルと、世界一の広さです。成田国際空港の約3倍の広さと言ったらイメージしやすいでしょうか。それだけ広いと空港内に複数のラウンジが必要なのも当然と言えるのかもしれません。

bangkok-suvarnabhumi-airport-1

今回紹介するのは、その5つのロイヤルシルクラウンジの中でも最も大きい、スワンナプーム空港ビル3階、コンコースDにあるロイヤルシルクラウンジ。面積は2,410平方メートルもあり、最大314人が利用できます。スターアライアンスなので 時間帯によってはANAビジネスラウンジのように混みますが、それほどの価値があります。

thai-airways-royal-silk-lounge-kuala-lumpur-04-1000x666

とにかく広いとしか言いようがありません。ゆったりとした座り心地のよいソファがほどよく距離を開けて配置されています。充実した軽食やスナック、各種ドリンク。少なくなったら、すぐにスタッフが補充していました。他には、お酒が飲めるロビーラウンジバーまで設けられています。スターアライアンスらしいソリッドなデザインのインテリアがかっこいいです。かなりの席数はあるのでピーク時以外は相席に着く必要はなさそうです。そして、エントランスでWifi(無料)のパスワードの紙がありますネットの速度はまずまずといったところでしょうか。

5655ff9dd4e59_p17302611

日替わりでパッタイ、ガバオ、ちまき、豚まん等が味わえますが、熱々のワンタンスープが特に人気らしいです。

午前5時~午前2時まで営業しているので、早朝便、深夜便を利用する方にも便利でしょう。タイの伝統美とアジアンモダンを融合した空間で、出発までゆったりとくつろぐことができます。ほかに6台のコンピューターが設置されたWi-fiインターネットコーナー、遊具のあるキッズコーナー、セミプライベートルームもあるとのことです。

royalsilkloungebangkok3-1024x683

誰でも入れるの?

タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジを利用できるのは、

・タイ国際航空ロイヤルシルククラスに搭乗する人
・スターアライアンス加盟航空会社運航便のビジネスクラスに搭乗する人
・スターアラアンス加盟航空会社運航便に搭乗するロイヤルオーキッドプラスゴールドメンバーの人
・スターアライアンス加盟航空会社運航便に搭乗するのスターアライアンスゴールドメンバーの人
・タイ国際航空運航の国際線に搭乗するのロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員の人

となっています。

より詳しい利用条件は、タイ国際航空公式サイトのラウンジのご案内をご確認ください。

thairoyalsilkloungechiangmai1

まとめ

また、タイ国際航空を利用すると空港のスパラウンジで無料マッサージを受けることができるので、時間に余裕のある方はラウンジと合わせて体験してみてはいかがでしょうか。マッサージが受けられるロイヤルオーキッドスパは、今回紹介した空港内最大のロイヤルシルクラウンジ(3階、コンコースD)の斜め向かいにあります。タイ国際航空のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)に搭乗する際は、ぜひ利用してみてください。

ラウンジ名:タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ
場所:スワンナプーム空港ビル3階、コンコースD
営業時間:05:00 am. ~ 02:00 am.

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP