世界遺産・ビーチ・紅茶!スリランカのおすすめ観光地9選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

www-emiratesholidays-com_

最近、日本でもぐんぐん知名度が上がっているスリランカ。その理由は多くの世界遺産や世界的に有名な紅茶、インド洋に面したビーチなど、北海道ほどの小さなスリランカの国土にあるたくさんの魅力にあります。

今回はその魅力に触れることのできる、特にオススメの観光スポットを紹介したいと思います。

img_56af968857bb9

聖地アヌラーダプラ

スリランカは国民の7割が仏教を信じる仏教国です。世界遺産・聖地アヌラーダプラは紀元前5世紀ごろからスリランカ最古の都として栄え、仏陀ゆかりの聖遺物があることで有名です。

アヌラーダプラに着いたらみんなが一斉に向かうのが、とある木の下。この木は「スリー・マハー菩提樹」と呼ばれています。何とこの木は、仏教を開いた仏陀が悟りを開いたといわれるブッダガヤの菩提樹の分け木であり、人間の手により植樹された最古の木なんだそうです。

2000年以上が過ぎた今も元気に葉を茂らせている姿には神々しさを感じます。また、アヌラーダプラには他にも多数の仏教遺跡がありますが、その形が特に印象的なのは「ルワンウェリ・サーヤ大塔」です。お椀を伏せたような純白の巨大な塔は高さ50メートル超で、レンガでできています。これだけ大きな塔が紀元前に作られたというのですから驚きです。

ロンボからアヌラーダプラへのアクセスは、タクシーかツーリストカー(プライベートツアーカー)、もしくは鉄道になります。もし空港から直接タクシーで向かう場合は片道約12000ルピー(8500円ほど)で、約5時間のドライブになります。

ツーリストカーをチャーターすれば、行き先にもよりますが、ドライバー付きで契約日数乗り放題にすることができて便利。ツアー会社等を通じ、一日100ドル前後でチャーターできると思います。鉄道を使うなら、コロンボ中央駅から路線「ノーザンライン」に乗りましょう。アヌラーダプラ駅に止まるのは「ジャフナ」行きで、毎日運航されているようです。

31_1

天空の古代宮殿シギリヤロック

シギリヤロックは高さ約二百メートルもの岩山の頂上に作られた古代の宮殿跡です。スリランカの世界遺産としては一番有名ではないでしょうか。

非常に人気の観光地であるため、毎日混雑しています。快適な観光のコツは早朝の入場を心がけることです。午前9時の入場でも私は大渋滞に巻き込まれました。

シギリヤロックへの入場ゲートは午前7時半ごろから開いていますので、開門と同時に入れると良いでしょう。また履き物は少なくともスニーカーがいいでしょう。通路は総じて狭く、石、または鉄骨の階段になるため、滑らない靴底のものだとより安心です。頂上に登るころにはちょっと息が切れますが、その眺めはまさに絶景です。

シギリヤロックへのアクセスは、コロンボ国際空港からやはり車で3~4時間ほど。アヌラーダプラとは異なり、近くに鉄道駅はないのでタクシーかツーリストカーを利用しましょう。価格はアヌラーダプラ方面と大きくは変わりません。

kandy-esala-perahera-51-1125x500

ペラヘラ祭りの聖地キャンディ

スリランカのほぼ中央に位置する聖地キャンディも世界遺産です。貴重な仏教遺産がのこり、シンハラ人による最後の王朝が都を置いたことから1988年に指定されました。

仏教遺産の目玉は、仏陀の犬歯があるとされる「仏歯寺」です。スリランカの王権の象徴として受け継がれ、時には仏歯を巡って戦争まで起こりました。仏歯寺は通常も多くの観光客や仏教徒が参拝に訪れますが、7~8月には象に乗せられた仏歯が街をパレードする「エサラ・ペラヘラ祭」が行われ、キャンディは大変盛り上がります。

聖地キャンディへはコロンボからタクシーなどの車(約3時間)、または毎日出ている列車で行くことができます。

tea-plantation-in-nuwara-eliya

紅茶で有名!ヌワラエリヤ

また、キャンディ郊外のヌワラエリヤはセイロンティーの産地として世界的に有名。緑一面の紅茶畑やのどかな景色はもちろん、紅茶工場の見学やテイスティングも楽しめます。

スリランカは紅茶で有名なだけあり、どこで紅茶を飲んでも美味しいのですが、ヌワラエリヤでいただく紅茶は格別です。

ヌワラエリヤへはキャンディからバスで片道3時間ほどで、日帰りも可能です。紅茶工場は幾つかあり、ヌワラエリヤ市街中心部からいずれもバスがでています。見学は無料で、ガイドさんが案内してくれます。予約は不要です。個人的にこちらの、Markwoods Labookellie Tea Centerがおすすめです。

13515707744_2c7dea17ee_b

世界遺産でジャングルサファリ

ゴールをはじめとする黄金海岸を訪れて、もしゆっくり滞在するのであればおすすめなのが「サファリ」です。「スリランカでできちゃうの?」なんて思われるかも知れませんが、スリランカは国土の10%以上が森林です。

南部には広大なジャングルが広がっていて、有名な国立公園や森林保護区が複数あります。スリランカ南西の黄金海岸から近いものは「シンハラジャ森林保護区」。

1988年に世界遺産に指定されるほど豊かな森です。ツーリストカーを飛ばしていくか、黄金海岸周辺の街にあるツアー会社でツアーに申し込むのが良いでしょう。ガイドさんについてトレッキングスタイルでサファリします。

南部でもほぼ東岸に位置する「ヤーラ国立公園」でも同じようなアトラクションが楽しめます。黄金海岸から行くにはかなり時間がかかりますが、こちらは見られる動物が多いそうです。また、サファリスタイルはアフリカなどと同じ、ジープに乗ってとなります。

pinnawala-elephant-orphanage-6

ピンナワラにある「ゾウの孤児院」

「ゾウの孤児院」があるピンナワラも聖地キャンディの郊外、車で1時間のほど場所に位置します。「孤児院」の名の通り、親とはぐれてしまったり、事故に遭って障害が残ったりして、野生では生きていくのが難しくなったゾウたちが保護されている施設です。

孤児院には100頭近いゾウたちがおり、訪問すれば彼らの水浴びや食事の様子を見学できます。大きな群れでの水浴びは迫力満点です。施設にはレストランや、ゾウたちの糞をリサイクルしたお土産などが買えるショップも併設され、観光も快適です。

入場料:大人1名1000ルピー(約700円)、子ども1名500ルピー(約350円)キャンディからローカルバスを乗り継いで行くことも可能なようです。

dambulla41

黄金の石窟寺院ダンブッラ

ダンブッラはスリランカの中部にあるメイン観光スポットの一つです。シギリヤロックのすぐ近くにあるため、パッケージツアーの行き先として組み込まれていることもあります。

もちろん私もシギリヤロック訪問時に行ってきました。

その派手すぎる外見に度肝を抜かれますよ。ご用心。もちろんこれは最近観光客用のゲートとして作られたもので、寺院そのものはここから15分ほど山を登ったところにあります。寺院は建物ではなく、そのほとんどが岩をくりぬいて作られた洞窟の中にあるのがポイントです。

とてもファインダーに収めきれない巨大な涅槃仏や、天井・壁一面に描かれた曼荼羅など、どれもキラキラと黄金色に輝いています。

コロンボから向かうのであれば、車で3時間強ほどかかります。近くに鉄道駅はないので、ツーリストカーまたはローカルバスで向かうことになります。シギリヤロック最寄りのバスターミナルがここダンブッラにあるので、私もそれを利用しました。乗り継いで片道200ルピー弱(140円ほど)だったと思います。入場チケットは1名1500ルピー(約1000円ほど)。

6x

美しいビーチ「黄金海岸」

仏教遺跡が多く集まるスリランカ北部・中部に対して、南部には緑豊かなジャングルと美しいビーチが広がります。一週間程度のツアーではシギリヤロックを中心とした北部巡りで帰国してしまうプランがほとんどですが、時間がある方にはぜひ足を伸ばしてみてほしいエリアです。

コロンボからスリランカ南端の都市ゴールに至る海岸線は非常に美しく、「黄金海岸」と呼ばれています。途中にあるヒッカドゥワにはサーフィンの聖地として世界中からサーファーが集まってきます。

またゴールはまるごと要塞となった旧市街が見どころです。城門をくぐり、1600年代にここを貿易の拠点として利用したポルトガル人、オランダ人によって作られた町に一歩足を踏み入れると、まるで中世ヨーロッパにやってきたかのような印象を受けることでしょう。

首都コロンボからのアクセスは車もしくは列車になり、南端のゴールの街へは前者で2時間、後者で5時間ほどかかります。時間はかかるものの、たった片道220ルピー(当時約70円)で海岸線に沿って走る列車が個人的にはおすすめです。のんびり走る車窓から眺めるインド洋の風景はもちろん、停車するごとに垣間見える地元の人々の暮らしぶりも見どころです。

gettyimages-546421195_full

古都ポロンナルワ

古都ポロンナルワはスリランカ中部にある、これも世界遺産に指定された町です。やはり仏教都市として栄え、かつてシンハラ王朝の首都があった町でもあります。アヌラーダプラ、ポロンナルワ、キャンディにはそれぞれ重要な遺跡が点在していることから、「文化三角地帯」とも言われ、たくさんの観光客を集めています。

見どころは大きな岩に刻まれた「ガル・ヴィハーラの涅槃仏」。長さは約15mもあります。仏教美術の傑作とも言われ、造形自体も美しい仏像です。

ポロンナルワへはコロンボから車で約3時間半。ポロンナルワには鉄道も通っています。この場合は6時間ほどかかります。

sri-lanka-elective

まとめ

いかがでしたか?一度では回りきれない見どころがあるスリランカ、ぜひ何度も訪れてその魅力に触れて下さい。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

新着記事

  1. あなたも一度は、「海外で生活してみたいな…」「英語を話せるようになりたいな…」と思ったことは…
  2. ワーキングホリデーを考えたときにふと気になるのが帰国後のことです。意気揚々と海外生活に飛び込…
  3. インドネシアでの生活というと、日本では具体的な情報も入ってきづらく、「未だに発展途上国の暮ら…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP