中国での風邪対策!風邪をひく前・ひいた後にできることとは?!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

中国は北部を中心に日本より寒くて乾燥している地域が多く、風邪を引きやすい環境だと言えるでしょう。日本人の中には、中国に来てしばらくの期間、度々ひいてしまう風邪に悩まされる人も少なくありません。

もちろん中国の気候に慣れている現地の人も風邪をひくわけですが、対策には日本と少し違う部分もあります。今回は中国における風邪対策の実情と、日本人である私たちができる風邪対策について、おおまかに紹介していきます。

中国の風邪治療法全般!点滴が好き?

中国では毎年のインフルエンザ予防接種はそれほど一般的ではないのか、私の周りではあまり話題にのぼりません。もちろんインフルエンザになった場合の薬は、少なくとも総合病院に行けばあるので、治療はできます。

普通の風邪の場合は、薬を飲まずに治すべきという人もいれば、すぐ飲んだほうが良いという考え方の人もいて半々位です。

【中国の点滴】

日本とちょっと違うところは、風邪が少しひどくなると近くの診療所や病院に行って「输液(シューイエ)」と呼ばれる点滴を行なう人が多いことです。症状にもよりますが、点滴剤には解熱剤や抗ウイルス薬や栄養剤などが入っています。普通の風邪薬が3-5日分で数百円なのと比べると、かなり値段が高いです(だいたい一度に3000円くらい)。それでも、薬の服用より治りが早いということで点滴を好む人はたくさんいます。

ただし近年では、中国は他の国に比べ風邪で点滴する頻度が高いこと、点滴をしすぎることには危険性があると指摘する人たちも少なからずいるようです。診療所や病院に行くと、薬と点滴のどっちがいいかと聞かれることもありますので、どちらが希望かをはっきり伝えましょう。

お湯を飲んでデトックス

風邪の治療法は人によって考え方の違う中国ですが、風邪を引くとほとんど全ての人から言われるのが、「多喝水(トゥオ・ハーシュイ)」です。直訳すると「水をたくさん飲みなさい」なので、中国に来た当初このアドバイスを聞いた時はペットボトルの水を飲んでいればいいと思っていたのですが、中国人の友人によるとそれはあまりよくないとのことでした。

ペットボトルの水が一般的ではなかった時代に、水は沸かさないと飲めなかったという背景もあったのかもしれません。でもそれ以上に、冷たい水は体を冷やすので体に悪いという中国医学的な考え方が主な理由のようです。

普段元気な時もそうですし、風邪をひいた時はなおさら、沸かしてから少し冷ましたお湯を飲むほうが体にいいということです。中国ではお湯も含めて「水」と言うので、「多喝水」はつまり、「お湯をたくさん飲みなさい」という意味のアドバイスということになります。お湯をたくさん飲んで体内の毒を排出するのが、風邪を治す近道という考え方が浸透しています。風邪の予防にも、普段からよくお湯を飲むことがすすめられています。

乾燥対策をしっかり

中国の北半分は沿岸地域以外はもともと乾燥している地域が多い上、室内も集中暖房が効き過ぎてさらに乾燥しがちです。寝ている間に喉が渇いて、朝起きると喉が痛いこともしばしばです。

【加湿器を使おう】

濡れタオルを干す、床を水ぶきする、それでもだめなら加湿器を利用することも考えたほうがよいでしょう。

ただし、特におうちに子供・お年寄り・肺が弱い方がいる場合は特に、加湿器の衛生状態には十分気をつけましょう。加湿器を定期的に洗っておかないと、加湿器内で発生したカビを空気中にまき散らしてしまうことになりかねません。それが原因で肺炎になった例も報告されています。

【加湿器用の水はミネラルウォーターを】

中国の水道水は一般的に日本よりも硬度が高く、特に北部はかなりの硬水です。水道水をそのまま使うと、白い粉のようなもの(カルシウムやマグネシウムなどの成分が乾いたもの)が、机など部屋の至る所ににうっすら付いてしまいます。

また水道水は、そのままでは飲めないことからも分かるように、衛生面が不十分です。煮沸させた水や浄化した水を使うほうが、身体にも部屋にも良いでしょう。

予防用にマスクを準備

中国では咳をしていてもマスクをつけない人が多いです。中国でもマスクは一般的なのですが、主な用途が違うようです。特に日本と違うのは、屋外に出る時に布製のマスクをつける人がとても多いことです。砂ぼこりや冷たい空気が直接体内に入るのを防ぐためのようで、私も実際試したところ、なかなか効果がありました。

最近ではPM2.5対策をうたった高機能のマスクも人気を集めています。なお、日本にもよくあるような使い捨てのマスクもありますが、フィット感はいまいちです。軽いものですし、好みのタイプのものを、日本から買ってきたほうが無難かもしれません。

そんなわけで、風邪が流行している時期に人が多く集まる場所に行く場合は、予防のためのマスクを準備したほうがよいと思われます。ただし中国では、日本のように予防のためにマスクをつけるのは一般的ではありません。室内でマスクをしていると、まるでひどい風邪を引いている人のように見えます。携帯しておいて、必要な時にだけ取り出して使うくらいのほうが良さそうです。

熱い風邪と冷たい風邪?

中国では風邪を大きく二つに分けて考えます。「热感冒(ラーガンマオ)」(直訳すると熱い風邪)と「冷感冒(レンガンマオ)」(寒い風邪)と言うのですが、特徴を大まかに説明します。

  • 「热感冒」:熱が高く汗が出る。鼻水は黄色く、痰も粘り気のある黄色。のどが腫れて痛い。
  • 「冷感冒」:寒気がするが熱はそれほど高くない。鼻水は透明、痰は透明から白色。

どちらの風邪かによって、飲む薬や、食べたほうがいい食べ物・飲み物も変わってきます。

風邪薬が欲しい場合

病院や診療所に行く場合は、「西医(シーイー)」(西洋医学)と「中医(チョンイー)」(中国医学)の両方の科がある場合と、どちらかだけしかない場合があります。

なお、「中医」だけの場合は、病院や診療所の名前などに「中医」などの言葉が入っているのが普通です。薬局で薬を買う場合は、大抵どの薬局にも「西药(シーヤオ)」(西洋医学の薬)と「中药(チョンヤオ)」(中国医学の薬)の両方があります。

一般的には「中药」のほうが、効き目が穏やかで副作用が少ないと言われています。錠剤もあれば、顆粒をお湯で溶かすタイプのものもあります。日本の漢方薬とも似ていますが、同じではありません。「西药」は日本で服用する一般的な薬と似ています。自分の好みに合わせて、「西药」と「中药」のどちらでも好きなほうを選ぶことができます。さらに症状を細かく言うと、症状に合った薬を推薦してもらえます。

まとめ

中国での風邪対策について理解を深めていただけたでしょうか?日本とは少し違う部分もありますが、良いと思える部分は、自分の体調を見ながら上手に取り入れていけたらいいですね。

重大な病気ではないとは言え、日常生活に直接かかわる問題ですから、普段から気をつけたいものです。気候や環境の違う国でも、自分にできることはやって元気に過ごしましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  3. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP