事前にチェック!旅先での盗難の手口と対処法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

筆者も体験!旅先での盗難事件

海外へ行くとき、どんなことが心配ですか?出発前は旅行にわくわくしていることでしょう。浮かれてしまったあまりに荷物を盗まれて台無し、そんな風にはなりたくないですよね。筆者も実際に、一度海外でかばんを盗まれたことがあります。

財布、パスポート、携帯電話、等々の貴重品が一気になくなったときの喪失感といったら言葉にできませんでした。その時は友人と一緒にいたので、なんとかなりましたが、一人だったと考えるとなんと恐ろしいことか。普段はそんなことありえないと思っていましたが、自分の立場になると以外とあっさりと起こってしまうのが何とも言えないですね。

今回は、そんな私のようにならないためにも、旅先での盗難が不安な方のためにも、よくある盗難の手口をいくつかご紹介します。どんな方法で狙ってくるのか知ることで事前に対策や心構えができます。ぜひ旅行に行く前にこの記事を一読して、どんな手段で狙ってくるのか、どうやって盗難を防ぐのか事前にチェックしておきましょう。良くある盗難の手段と、それをどう防げばよいのか、対策を順に確認してみましょう!

1.置き引き

旅行中の盗難で、日本人が特にひっかかりやすいのが置き引きではないでしょうか。日本は治安が良いので、普段は自分の荷物にあまり注意を払わない人が多いからでしょう。レストランやカフェなどは要注意です。日本のように場所取りのために荷物を置いていくというのはまず考えないようにしましょう。

少しだけ、と目を離したすきになくなってしまうかもしれないので、要注意です。席を取りたい場合は、友人と交代で席を立つなど、必ず誰かが荷物に目を配っているようにしましょう。席に座っているときにも注意は必要です。荷物を椅子に掛けておいた際に、盗まれてしまうこともあるようです。荷物が常に気にできる位置にあるようにしましょう。

図書館やカフェで勉強しているときなど、長時間滞在していて、トイレなどで席を立つときもあるでしょう。ケータイや財布などの貴重品は必ず持ち歩くようにしてください。本や、持ち運びが大変なものなどは、近くに座っているように見ておいてもらうようにするのもありです。

海外では、トイレに行くから勉強道具を見といておいてほしいとお願いされることもたまにあります。信頼できそうな人がいれば頼んでみても良いかもしれませんね。ただ、基本は自分自身で注意することです。他人に頼んでなくなったとしても責任は自分にあります。

2.人混みでのスリ

人混みでスリに合うというのも、旅先ではよく聞く話です。人気の観光地に行くと、必ず人混みに合うことがあります。また、ニューイヤーやクリスマス、お祭りなどのイベントに合わせて旅行に行く方も多いでしょう。人混みに紛れて、荷物を狙ってくる犯罪は非常に多いです。

誰かに押されたとき、ぶつかったとき、ふとした瞬間に、気づかないうちに貴重品がなくなっていたということもあるようです。まず、一番の対策は貴重品を簡単には盗まれにくいように持ち歩くことです。まずは、バックはしっかりとチャックがしまるものにするようにしましょう。

そしてかばんの奥の方に貴重品をしまうようにしましょう。間違っても手前のポケットや、チャックのすぐ近くに入れないようにしましょう。腹巻タイプの貴重品袋を活用するのも良いです。服の下に隠しておけるので、知らない間になくなっていた、なんてことにはならないでしょうし、いつでも確認できます。首から下げるタイプを使うのも良いでしょう。ただ、首から貴重品が下げているのが見えると狙われることもあるようなので、首元から紐が見えないようにしましょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

3.交通機関内での盗難

交通機関内での盗難も多いです。筆者の友人にも何人も電車内などで被害に会っているひとがいるので要注意です。電車、バスなどの特に混んだ車内では注意が必要です。手口は様々です。自分の荷物で手を隠しながら、相手のかばんをこっそりと開けて貴重品を取る手口が多いです。

その他にも、電車の乗り降りの際にぶつかったふりをして盗まれることもあるようです。筆者は、盗まれなかったものの、かばんを開けられかけました。開けられそうになったのを急いで閉めなおしましたが、少し気づくのが遅かったらと考えると怖いものです。

私の場合は集団で乗り込んできた女性の集団に狙われました。スリというと怖い男性がやってそうなイメージですが、女性の場合も多いので油断は禁物です。友人には、お年寄りの女性に狙われた人もいたので、見かけで判断せず注意するようにしましょう。また、電車内だけではなく、ホームやチケット売り場で狙われる例もあります。リュックに食べ物をかけてしまったから拭かせてくれといわれてそのまま盗まれたりしたという話もあります

。チケット売り場では大きいお金や高級な財布は出さないようにしましょう。必要な分の小銭だけをすぐに取り出せるところに入れておくと、スマートに支払いができて、かつ狙われる心配も減るので良いでしょう。

4.車内

車を使って移動する場合には、車内での盗難にも注意する必要があります。鍵をしっかりとかけたから安全、といわけではありません。特に治安の悪い地域や繁華街で駐車する場合には注意しましょう。中に荷物が置いてあるとわかっただけで、鍵や窓ガラスが壊されて盗まれる場合もあります。

まず、貴重品は決して車の中において行かないこと。そして貴重品が入っていなくとも、荷物を車内の外から見えるところに置かないようにする必要があります。外からはどれに貴重品が入っているのかわからないので、狙われる可能があります。また、旅行客が乗り降りしているとわかると特に狙われやすくなります。降りるときに狙われているかもしれないと感じた時には面倒でも車を移動させる必要があるでしょう。

5.睡眠薬を使った手口

なかには、食事に睡眠薬を混入させて、盗みを行う手口もあります。旅人同士だと近づいてきて一緒に食事をしよう、飲みに行こうを誘ってくるそうです。食事や飲み物の中に睡眠薬を混ぜられると、気づいたら眠ってしまって、荷物はなくなっているという状態になってしまいます。

荷物を盗まれるだけならまだ良い方で、家に連れ込まれてしまう場合もあるようです。起きて気づいたら知らない場所にいる、そんな状態だけは避けたいですよね。まず、旅先で知らない人に話しかけられたときには疑ってかかるようにすること。

旅先での人との出会いは貴重な経験でそれを楽しみにしている人も多いですが、無条件に受け入れ過ぎないようにしましょう。事件に巻き込まれてしまう可能性もあります。とくに、脈略もなく、唐突に話しかけてくる人には注意が必要です。不用意に他人からもらった食べ物や飲み物を口にしないことも重要です。

事前に対策をして、安心な旅を!

今回は、旅先で気を付けたい盗難についてその手法を上げて確認してきました。いかがでしたか。聞いたことがある、知っているといったこともあったかもしれません。ただ、旅行に行く前にはもう一度確認をして、しっかりと対策と心構えをするようにしましょう。ぜひ安全で安心な旅を!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  2. 一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  3. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP