人種差別されていると感じたらどうするべきか?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

stop-racism-please

悩み相談を受けることがありますが、なかにはアジア人として現地の人に差別されていて苦しい…という内容のものもあります。

”日本人は世界の人から評価が高い”と日本のメディアは伝えたがりますが、現実はそう甘いものではありません。お金を持っている旅行客として海外に行くのと、そこで移民として生活するのでは同じ日本人でも現地人の扱い方が違ってきます。

そこで今回は、海外生活をしていて現地の人に冷たい扱いをされ、心が傷ついてしまっている日本人在住者の方に向けて、私が思う「心を軽くする考え方」を紹介したいと思います。差別されていて心が疲れてしまっている方が少しでもポジティブに考えられるようになれば幸いです。

【はじめに。人種差別の実情】

奴隷制度などは撤廃されたものの、世界には依然として人種・国籍差別がはびこっていることはご存知のことでしょう。サッカーの試合などで差別発言で話題になっています。人種差別、レイシストは酷く忌み嫌われるので、公言されることはなかなかないでしょう。法律で禁止している国もあるので、公言すると逮捕される可能性もあります。

ニュースなどで見るだけではあまり実感はないかもしれないですが、一般的な留学や駐在などでも十分起きうることです。

ignoring

相手にしない

差別的な言葉を言われて罵倒された、モノを投げつけられた、客として受け入れてもらえなかった…。海外で差別された経験のある方は様々な被害に遭われて、とても可哀想な経験をしています。

しかし、よく考えてみて下さい。本当にかわいそうな人は誰でしょう?私は差別を受けた人よりも、差別をした人のほうが可哀想で哀れだと思います。世界がグローバル化し、国際結婚も珍しくない時代になった現在でもアジア人・外国人に対して差別をするような価値観しか育たなかった差別主義者。「自分と違うタイプの人間と関わる」という経験が人生の中でできなかった”視野の狭い”差別主義者は何とも可哀想な人間です。

自分の価値観や考え方を押し付け、そのなかでしか生きられない差別主義者は哀れ以外の何物でもありません。なぜなら差別の根底にあるのは、”恐れ”だと思うからです。日本人や外国人のことを知らないから怖いんです。怖いから蔑むことで自分を守ろうとしているのではないかと思います。

そして、そんな差別主義者の考え方をあなたが変えることはできません。したがって、差別主義者に差別されたことをくよくよ悩んでいても時間とエネルギーの無駄です。そんな人のために真面目に考えて、真面目に悩んであげる必要はありません。「この人は他の世界を知らないのね、かわいそう」と逆に同情できるくらいの気持ちになれば、相手にしないで”流す”ということができるかと思います。世の中の様々な人間の差別意識をいちいち相手にしていたらキリがありません。自分の精神安定を保つためにも、「差別をする人は相手にしない」と心に決めましょう。

8813468-happy-girl-wallpaper

無意識を意識する

これはあるラジオのパーソナリティーが言っていたことです。彼は電車の中で化粧する女性が嫌いで嫌いで、なんてみっともない行為かというのをラジオで話しました。するとその放送の翌週に彼はこんなことを言いました。

「先週、電車のなかで化粧する女の話をしたけど、あれから毎日毎日電車の中で化粧する女に出くわすようになったんだよね。前はそんなことなかったのに…。やっぱり人は何かを意識し始めると、とたんにそればかり目にするようになるみたい。最初から気にしなかったら、気が付かないでいられるのかもね。」

これと同じことが差別されていると感じている人にも起きているかもしれません。「差別されるのが嫌だな」と思っているから、無意識に差別をしそうな人を探してしまっているとも考えられます。ですから、差別的な人を無意識に探してしまっている自分に気が付くというのも心を軽くするうえで大切なステップだと思います。

繰り返しになりますが、やはり”気にしない”というのが一番です。意識しないというのは最初は難しいかもしれませんが、差別者を相手にしない方が精神的にずっと楽になると思います。アジア人を差別する人と仲良くなる必要はありません。その場限りの人だと割り切ってしまいましょう。

happy-girl-field

卑屈にならない

差別されたことがショックで、周りの人がみんな自分のことを悪く思っているように感じ、気持ちも表情も暗くなってどんどん卑屈になっていく…そんなスパイラルにはまってしまっている人は要注意です。差別主義者であれ何であれ、人は卑屈になっている暗い人と仲良くなりたいとは思いません。負のオーラのようなものは言葉を介さずして伝染するものだと思います。

ホームシックや差別などで悩んでいる方に無理に元気を出せとは言いませんが、日本でも海外でも、どこで生きていく上でも「自分が仲良くなりたいと思う人になる」という心掛けは大切です。差別されて嫌な思いをしたからと言って、何も悪いことをしていないあなたが卑屈になる必要はありません。堂々と明るく幸せそうにしていればいいんです。

happiness-habits-10-things-happy-people-do-before-bed

自分が差別主義者にならない

海外で差別されたときは、「自分は外国人を差別しない」と心に決めることが大切だと私は思います。差別した人たちを恨み、自らも差別をするのではなく、差別で嫌な思いをしたからこそ、「外国人も日本人も人間はみな同じなのだ」ということを伝える側に回ってほしいです。具体的には、同じように悩んでいる人の力になってあげるとか、外国人の偏見をなくすような行動にでるというエネルギーの使い方をしてみるといいです。自分が差別を受けていることにも何らかの意味を見出せるようになります。

そしてこれが一番大切なことですが、自分自身も外国人や異国の人に偏見をなくす(もたない)ようにしましょう。これが案外とても難しいことかわかると思います。

o-racism-hands-facebook

まとめ

確かに世の中には異人種を差別をする人もいますが、その国・地域の全ての人間が同じように差別するのかといえば、そうではない場合が多いです。暴力や罵倒などがあまりにもひどく、身の危険を感じて日常生活が送れないという場合は別ですが、そうでない場合は周りの環境や人を変えようとするのではなく、自分が変わるようにしましょう。

人のせいにしない。環境のせいにしない。海外生活に立ちはだかる様々な困難も、この心がけひとつで世界が変わると思います。

強くこびりついた汚れは、何回も洗わないと取れないです。そんなときに、少しでもいいから私たちを認めてくれた人々が、少なくとも日本人としては、「日本人は凄いんだよ、だって、昔こういう人がいて~」と次の代に伝えてくれ、次世代が理不尽な対応を受けないように、ひとりひとりが日々開拓していくことも重要なのではないでしょうか。

気をつけたいことは、いくらやられても絶対にやり返さないことです。やり返していては何の進歩もありません。そんな低俗な嫌がらせには、徳の高さ・人格で上回り、こんな人に嫌がらせをしていたなんてなんておろかだったんだ、と感じてもらえるくらいになれれば最高です。

ひとりひとりの小さな積み重ねで、今後差別が無くなっていくと思って日々地道な行動を積み重ねていきましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  2. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. 2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. 日本のスーパーマーケットでも今でこそセルフレジが当たり前になっていますが、数年前はまだほとん…
  2. フランスへ旅行をするなら、とっておきのレストランでおいしいフレンチを食べるというのは外せない…
  3. スペインには安くてかわいいファッションブランドがたくさんあります。日本でも人気があるZARA…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP